大風吹いて…

暴風雨でした…皆さま、ご無事にお過ごしですか?


こちらの畑はいろんなものが倒れました。支柱と一緒に倒れたものは根まで浮き上がって、キュウリもナスもピーマンもすでにしおれています。


ひと夏沢山の実を付けてくれたあと、こんな姿はかわいそう…と思ってしまいますが。人の思い通りにならない風が吹くのが自然。


心地よいそよ風のときには、風を好きになって、畑をなぎ倒す暴風のときには風を嫌いになって…以前はそうでした。


でも心地よいときも、酷なときも常にすべてのものに平等に吹く。。いいわるいなく、ただそこに吹く。。


風の織り成すすべてのものを受け入れて生きていく。。感謝して生きていく。。その思いを込めた、ここホメオパシーセンター「風織*かおり」。


それは、たとえば。。

手がしびれる…この痺れがなかったら本調子なのに、とか、痰が出る…この痰がなかったら元気なのに、とか。ではなくて、この痺れもあって自分の身体。。この痰もあって自分の身体。。そう、自分にとって都合のいいこともわるいことも、そのまま受けとめて、すべて自分。それでいい。。ということ。


こころのなかも。。

つらいことがある…この悩みさえなかったら幸せなのに、とか、あの人にイライラする…それさえなかったらもっと楽なのに、とか。ではなくて、つらいことを抱えている自分もそのまま自分だよ。。イライラしてもいいよ、そういう自分もそのまま自分だよ。。そのまま受けとめて、すべて自分。それでいいよ。。ということ。


身体の症状も、心の症状も、今の自分を作っている構成要素。その存在をゆるして、はじめて自己治癒力が動き出す。。本来の自分をとり戻すために動き出す。。これが本来のバイタルフォース^^すてきでしょ。


あなたが今生きていることって素晴らしいよ。

そのままでいいんだよ。

辛いときも、悲しいときも、恨みのときも、自分を責めるときも…

それでいいんだよ。

それもあなたの一部だよ。


生まれた赤ん坊は、母親に愛されるためにがんばる。。

愛されないと生きていけないから。

母乳をもらって、温かく着せてもらって、おむつを替えてもらって、抱っこして寝かせてもらう…そのために愛されようとすることを知っている。。


辛いときも、悲しいときも、恨みのときも、自分を責めるときも、それは自分を守るために必要があって湧き出てきた感情。だから必要なんだよね。


そうして一生懸命生きてきた自分を、みとめてあげよう。ゆるしてあげよう。そしたらきっと、辛かったときのおさない自分、悲しかったときのおさない自分、相手を憎んだことも、自分を責めたことも、みんな静かに流れだして、今を生きるちからに変わっていくよ。


大丈夫。


私が畑にいるとき、ハーブを摘むとき、いつも思うこと。。

大丈夫だよ、あなたはあなたでいいんだよって、クライアントさんお一人おひとりに、この思いを投げかけています。。


インナーチャイルドが心の扉を叩いて、感情が湧き上がってきたとき、インナーチャイルドがあなたの気付いてくれることを待っています。

おひとりで向き合うことが大変なときには、お気軽にご連絡ください。センター風織の窓口はいつでも開いております。


どうぞどうぞお大切に。

コメント: 0