気付けば秋風。

毎週月曜日の午前中は、かたくりの里エコアパートのハーブガーデンを手入れする時間に充てています。

 

写真は、ハーブガーデンのぶどう棚につるして乾燥中のタイム。ぶどうたちが色ついてきてかわいらしい。少しずつ来シーズンに向けて一年草の採種、冬用の乾燥を始めました。

 

7月はハーブたちの開花ピークで、これでもかと言わんばかりに咲き誇っていました。8月の台風時の雨風で、ガーデンの様子は一変…倒れ、折れ、朽ちて…しょんぼりと手入れをしました。

 

でも、そこからがハーブの底ちからです☆

倒れて朽ちたあとに、ちゃんと落ち生えが芽を出します。ボラーゴ、カレンデュラ、カモミール、ブルーマロウ、ファゴファイラムなど、親株の周辺に、新しいいのちが芽吹いています。倒れてしまってやむなく刈り込んだレモンバームやアップルミント、セージ、オレガノなど宿根のものも、新葉が茂りはじめています。

 

すごいなと思います。ハーブが本来の気をまとい始めると、一気に香りが立ち始めます。ハーブティーの香りは、ハーブが生きている香りです。

 

健康相談でクライアントさんに摘みたてハーブのお茶を一杯入れて差し上げます。両手でカップを大切に包んで、香りを楽しんでおられる姿。。私が何も言わなくても、皆さんそうやって、ハーブティーを味わっておられます。

 

ハーブのちから、とどけ~っ^^

いつもおひとりおひとりの顔を思い浮かべて、ハーブを摘んでいます。どうぞお大切にお元気に。。

 

またいつでもお越しください。

コメント: 0