ひまわり2016

食用油用のひまわりを植え始めて4年。今年も種を採りました。

 

夏のあいだ、大輪を咲かせて畑の元気印になってくれたひまわりも、秋の寒さとともに、枯れていき、ぎっしり種を蓄えます。ひと粒の種がこんなに増えるなんて。ひまわりのこと、「かあさん」って呼びたい。

 

福島の障害者支援施設シャロームさんが、ひまわりを栽培して種を油にする活動が、震災以来出来なくなって、全国で種を預かって栽培し、収穫した種を送り返して油をつくるプロジェクト~*ひまわりプロジェクト~*

 

ひまわりの種を預かること。。預かった種を蒔くこと。。育つひまわりを見守ること。。開花を見届けること。。花の終わりにネットをかけて種を守ること。。枯れ始めたら刈り取ること。。乾燥したら種を採ること。。種を選って送り返すこと。。このプロジェクトを広めること。。

 

このひとつひとつが、暮らしとともにあります。3.11を忘れない、私なりのアクション。息子たちと開花を楽しみ、一緒に種を選って。。息子たちと一緒に3.11を忘れない小さなアクション。

 

ひまわりが根を張り地面を堅め、種の数だけ平穏を生み出すことを願っています。

 

センター風織の「畑のかおりたいむ」では、ひまわり油を使ったレシピいっぱいです。おいしくたのしく続けていきたいと思っています*^^*

コメント: 0