ホメオパシーで新年*^^*

今日は「ホメオパシー新春トーク」に出かけました。

 

CHhom東京校からの中継で、由井寅子ホメオパスはじめ、各CHhom拠点のホメオパスやスタッフの方々の新年のメッセージを聞くことが出来ました。

 

片山は、毎年、この新春トークに参加して、思いをあらたに、センター風織のホメオパスの席に着きます^^

 

由井寅子ホメオパスの今年の書初めは。。

 

「感情を感じ切る」

 

抑圧した感情を徹底して感じ切ること。。

感じ切るには、自分のインナーチャイルドの叫びに、逃げ出さずに、正面からその苦しみに耐えること。。

そして、自分から切り離されたインナーチャイルドと向き合うこと。。

 

感じ切ることは。。

自分の感情に共感すること。。

それは、他人の感情に共感できること。。

そして、神さまに共感できること。。

 

赤ん坊や花や虫を見て、自然と愛おしいと思う。

そのとき、神さまの眼で見ている。

それは、神さまの気持ちに共感していること。

 

そこから、

存在そのものが愛おしく。。

その命を穢すことをしたくない、害したくない思いが生れる。。

 

そんな、由井ホメオパスの言葉に触れました。

 

*****

 

そうだなと思います。

 

自分の感情を感じ切ろうとしたときに、

インナーチャイルドが騒ぐと、

日常の忙しさを言い訳にしてスルーしたり、、

 

ほんとはとっても苦しいのに、

もっと苦しんでいる人がいるから、

自分なんて大したことないと謙虚な振りしたり、、

 

早く解決しなきゃって、

答えを見つけることに一生懸命になったり、、

 

そうやって、感じ切ることを避けてしまう。

そういうことありませんか?

 

ものすごーく、つらくって、

そこからどうしても抜け出せなくって、いやになって、

まわりが見えなくなって(もちろん自分のことも見えていない)、

 

そんなとき、

「その感情から抜け出せるまで味わえばいいんだよ」って、

教えてくれた人がいました。

 

すーと、心が楽になりました。

自分の中にその感情があることをゆるしてあげる。

早く抜け出そうと焦らなくていい。

ひとと比べなくていい。

「つらいよね」って言ってあげればいい。

 

そして、

思う存分その気持ちのなかで過ごしたら、

味わいきって、自然と、次のページが開けてる。

 

脱出!

自分の足で!

納得して!

そして、次の一歩を歩み出すちからも蓄えてる!

「まぁいいや」って思える自分がいる^^

 

「感情を感じ切る」

それはきっと、自分を愛するための一歩。

それは苦しいけれど、

自分が共感してくれて、自分がそばでいつも助けてくれる、

唯一、自分らしくいられる時間かもしれない。。

 

苦しいことに、程度の差なんてない。

あの人に比べてとか、あの出来事に比べたらとか、関係なくて、

その人が、今つらいと思ったらつらいのです。

 

自己卑下することなく、焦ることなく、どうどうと、自分の感情を感じ切ることが出来たら、きっと、もっともっと自分らしく、つよくなれると思う。

 

由井ホメオパスの言葉に触れて、そう感じました。

 

その道の途中にいる方々と、今年も一緒に歩ませていただくことに、心をあらたに、またセンター風織の窓口をひらきます。

 

どうぞよろしく*^^*

コメント: 0