冬の薬学。

写真は、アルニカ。

和名:ウサギギク キク科。

レメディーでいう Arn.(アーニカ)。

 

当別にある、北海道医療大学の薬草園に生えています。

こんな近くで、アーニカに会えるなんて☆

感動でした。

これは昨年9月。

 

薬草園を案内してくれたのは、薬学部6年生の学生さん。

この学生さんにとっては、アーニカはさほど重要な植物ではなさそうで、こんなどこにでも生えてる草…的な。片山の感動ぶりに「?」って感じでした・笑

 

アーニカは、植物をアルコールに漬けた原液は、出血を伴う傷の手当てにNo.1のチンクチャーです。希釈振盪したレメディ―においても、出血、傷に適応します。実は、心の傷にも、そして、本人は自覚していない過去の痛みをも、細胞レベルで癒してくれるはたらきがあります。カバンの中にひとつだけレメディーを持って歩くとしたら、Arn. かなっていうくらい、大きなはたらきをするレメディ―です。

 

そんな、ホメオパシ―的な植物のとらえ方と、薬学生さんの薬学的なとらえ方を、山道を散策しながらシェアすると、とっても面白くて。

冬の間、片山の薬学の家庭教師になってもらえないかと。。お願いしたところOK☆^^☆(やっほー)

 

毎回美味しいごはんを提供することを条件に…笑。

 

自律神経系のアドレナリン作動性のシナプスから始まり、カテコールアミンの生合成、自律神経の拮抗的二重支配。。この辺までは片山も基礎知識あり…

 

ここからは、薬の名前がいっぱい…

アドレナリン作動薬、なかでも子宮平滑筋に存在するβ2受容体に選択的に結合して、平滑筋を弛緩させるリトドリン…これは使用歴のある方が多い薬。

 

一方、アドレナリン遮断薬。なかでも、選択的アドレナリンα1受容体遮断薬は、前立腺肥大に伴う排尿障害や緑内障に適応していて、片山も耳慣れた薬の名前が多い。。

 

選択的アドレナリンβ1受容体遮断薬が適応する狭心症、不整脈等の病態はとても興味深く。。ほかにも、腸肝循環の仕組み、貧血とビタミンの関係、甲状腺刺激ホルモンの作用などなど、なるほど(ピカリ☆面白い!)

 

片山のいちばんのリクエスト、アセチルコリンについて^^

 

コリン作動薬のピロカルピン。瞳孔括約筋の収縮作用があるこの薬物、ホメオパシーのレメディーPiloc. (ピロカーピン)と原物質が同じ。ヤボランジ葉のアルカロイド。この原物質の480倍溶液1滴を目に垂らしたとき、約20分後に瞳孔が収縮することが、Allenのマテリアメディカに記述されています。実際、ピロカルピンの薬物も、レメディーのPiloc. も、ともに緑内障の症状に適応します。

 

同じく、ホメオパシーで緑内障の症状に欠かせない、Phys.(ファイソスティグマ)。。これはカラバルマメから作られたレメディー。このカラバルマメの原物質から作られたフィゾスチグミンという薬物も、眼圧低下の作用があります。

 

ピロカルピンは、ムスカリン性アセチルコリン受容体に直接興奮的に作用する薬物なのに対して、フィゾスチグミンは、コリンエステラーゼを阻害してアセチルコリンの分解を抑制して間接的にシナプス後膜を興奮させる薬物。。どちらも、毛様体筋収縮による眼内圧下降作用があり、緑内障に適応する薬なのですが、アセチルコリンのはたらきが実際は違う。。

 

Piloc. も、Phys. も、緑内障のときに使うレメディーですが、原物質の身体への作用が違うということなのです☆

 

薬物の身体への作用を、ひとつひとつ学んでいくと、レメディーの原物質の作用と、そのレメディーの選択が的確になります。

 

こちらの健康相談にいらっしゃるクライアントさんで、これまでにお薬を使ったことがない方は、まずいらっしゃらないのが現状です。使用したお薬をお聞きして、その薬物を使用した背景がみえると、ホメオパシーでサポートする臓器やミネラル、今いちばん困っている症状にピンポイントで必要なレメディーが見えてきます。

 

ひとつひとつの原物質を忠実にプルービングして、克明に書き残したハーネマンと弟子たちの正確さに、あらためて感動すると同時に、これだけ細部にわたる薬物の研究開発がすすんでいることにも驚きます。

 

命に影響する重篤な病態に、的確に薬物を選択する現代医療と薬剤師の存在は必須だとあらためて思います。そして同時に、自己治癒力をたかめて今ある不調を改善することが出来るホメオパシ―療法とホメオパスの必要性も感じています。

 

ほかにもまだまだ~*脂質についてのコレステロールの構造や代謝*高コレステロール血症治療薬の作用と副作用*糖質コルチコイドの作用*などなど、たくさん教わりました☆

 

片山のホメオパシー的思考回路に、いっしょうけんめい言語を選んで教えてくれた、国家試験目前の薬学生さんに、ほんとに感謝^0^~*

片山も週にいちど、家庭教師の先生への、いつもよりちょっと丁寧な夜ご飯作りに励みました^^

 

まだまだ教わりたいけれど、春が来たぁ~。ここまでで一応終了。とはいえ、終了証をもらえるほどはマスターしていないので、これからは農作業の合間に復習です^^ 冬に蓄えたものを夏場に実践するのが片山のいちねんのリズム。。逆らわずにはげみます*^^*

コメント: 1
  • #1

    かずちゃん (金曜日, 24 3月 2017 17:53)

    アーニカをアルニカというんですね。
    はじめてしりました。