取説・トイレ。

オフグリッドなホメオパシーセンターを気に入ってくださっている方も多くて、ホメオパシーのことだけでなく、暮らし方のこともよく聞かれます。

 

オフグリッドソーラーを設置してから、充電式の乾電池を、太陽光のバッテリーから直接充電して使っています。トイレの照明も^^

 

この照明は人感式なので、トイレに入ると、自動で点灯して、トイレから出ると自動で消えます(かなり最先端では?!)

 

便座の保温もしていません。腰が冷たくないようにカバーをしています。保温することによる、便座からの電磁波の影響をOffにしたいので。骨盤内臓器に電磁波の影響があると、婦人科系疾患や前立腺の疾患の一因ともなります。

 

いちばんハードルが高いのが、水を流すこと。従来のレバーをひねるとタンクの水が流れるタイプではなくて、電池式のパネルのスイッチを押すと、水が流れるタイプなので、水を流すためには電気のコンセントに差し込みます。

 

これをOffにするには。。人力で水を流すしかなくて。。バケツに汲んだ水を洗します。水は使いますが、電気を使わずに流すことが出来ます。

 

水はお風呂の残り湯と、洗濯のすすぎ終わった水で、だいたい一日分のトイレ使用時の水をまかなえます。この方法にしてから、ひと月の水道使用量が1/3減りました。

 

ここのエコアパートは24時間換気システムなので、換気扇の電力は買った電気を使っています。

 

こちらにいらっしゃった方に、オフグリッドトイレを特におすすめはしていません。ふつうに壁のスイッチを押して照明をつけて、水洗のスイッチを押して水を流していただけます。

 

ちょっと実践してみたい方には、ぜひ☆

 

〈風織のトイレ取扱説明書〉デス。

 

*トイレの扉を開けたら、人感ライトがつきます!

 

*人感ライトは10秒間、静止状態で消灯するので、灯りが消え始めたら、ちょっと身体を動かすとまた点きます!

 

*水を流す時には、トイレ内のバケツの水を便器に流します!

 

*バケツの水の補給は、片山にお声がけください!

 

*トイレから出ると、自動で照明が消えます!

 

これだけです^^でも皆さん戸惑うので、遠慮なくお尋ねください^^

コメント: 0