みどりのじかん。

7月22日(土)に、7月の「畑のかおりたいむ」をいたしました!

ご参加のみなさま、ありがとうございました^^

 

まずは、雨上がりの風織畑をみなさんと散策しました。

この日使うハーブの説明や、旬の野菜の観察🌿

 

みなさん、とてもよく観察してくださって、たくさん、ご質問をいただいて、たくさんお話しながら、みどりのじかんを楽しみました~^^

 

今回取り上げたハーブは、オレガノ セージ タイム チャイブ ジェノベーゼバジル アップルミント ホ-リーバジル エキネシア レモンバーム ゴールデンクィーンタイム でした。

 

暑さに強くて、この時季に茂ってくるハーブもあれば、開花の時期で葉が硬く香りが薄くなっているものもあり、同じハーブでも、時季が変わると様子も変化します。6月に引き続きご参加いただいた方には、そんな変化も実感していただきながら、ランチ作りをいたしました^^

 

オレガノとセージ、タイムを使って、フレッシュハーブピラフ。にんにくの味噌漬けでした味をつけました。

 

摘みたてやさいスープには、みやま小かぶとチャイブを使って。地元当別産のよせ豆腐と豆乳を使って、土鍋でくつくつ、やさしい白いスープができました。

 

みどりまるごと天ぷら。。これはセージの葉と、トマトの脇芽を使いました。

米粉と海水塩で衣をつくって、チタンの鍋でからっと揚げました。これが、今回のいちばん人気かな☆^^☆ ふだん摘んで捨てているトマトの脇芽を使ったシンプルな味のおいしさを、みなさんで楽しみました。

 

摘みたてサラダには、水菜 ルッコラ レッドレタス リーフセロリ マスタードの葉を使いました。インパクトのある葉物たちにあわせて、ドレシングも

玉ねぎや粒マスタード、ひまわり油などはっきりした味付けにしましたよ^^

バジル味とチャイブ味の2種類に仕上げました☆葉物を切るのも、ドレシングをつくるのも、ちいさな参加者さんがいっしょうけんめい担当してくれました。

 

食後は、水出しのハーブティーを飲みながら、海水塩について、暑さ対策に役立つレメディ―のお話、ハイペリカムの使用法について、レクチャーさせていただきました☆

 

ゆっくりと、みなさんとお話しできる時間は、とても貴重なひとときです~

無農薬固定種の野菜を食べれることが貴重だと思う。。

ハーブの使い方をもっと覚えたい。。

自然なものが少ないなかで自然を実感できてうれしい。。

もっとじっくり植物に向き合いたい。。

家に帰って作ってみたい。。

など、皆さんから感想をいただきました。

 

旬の野菜とハーブを使いながら、冬場に仕込んでおいた、味噌糀や、にんにくの味噌漬けなども使いました。

 

目の前に畑があるから冷蔵庫がいらない。。

季節のリズムが暮らしのリズムになるまで、とことん土の上に立ってみる。。

植物の声を受けとる勇気をもつこと。。

 

畑からのメッセージを皆さんとシェアできた「みどりのじかん」でした。

 

合掌🌿

 

*次回の「畑のかおりたいむ」は9月9日(土)に予定しています。まだ少し人数に余裕がありますので、お早めにどうぞ。初めてのかたもWelcome です

*^^* 勉強会のおしらせをご覧ください☆