ゆっくり変わる。。

8月の夏空は元気に広がって、

広がるほど、畑のみどりが生い茂ります。

 

桜豆の丈が、竹棒の先を追い越して、つるが空に伸びていきます。

つるがしっかりからんで、助け合って茂っていきます。

 

やさいたちが生きようとするちからって、すごいなぁといつも思う。

みどりのまわりに、生きている気を宿すから、

さらに、ひとまわり大きく見えて、

 

透明なんだけれど、それが見える。

そこには、音がながれていて、

触るとわかる。。

 

このピークをすぎると、

みどりの空気は、だんだん崩れていって、

宿していたちからは、実になって残っていく。。

 

ゆっくりと変わっていく、いのちの姿が、

とてもたくましい。。

 

ひまわりは種をつけるために花を枯らしてうなだれていき、

玉ねぎは、丸く実って、葉を枯らす。

 

葉物たちはとう立って、種をつけ始め、

ハーブたちは色あせる。

 

実や種や、何かを残して、姿を変えていく。

お盆をすぎると畑はゆっくり、変わっていく。。

 

* * * * *

 

しばらく、別のホームページの更新作業をボランティアしていて、

風織のホームページを更新できなかったけれど、

 

その間、

いつも見てます~、たのしみにしてまーす、通信届きました~、などなど、メールやお便りをいただいたり、差入れをいただいたり。。

 

とってもとっても、はげまされてました^^

ありがとうございます!

 

片山もゆっくり変わりながら、

もっとホメオパシ―、もっと土の上をだいじに、

半ホメ半農な暮らしを発信していきますね☆

 

9月は、季節の変わり目、ちょっとずつ冬の準備で、お休みをいただく日が多くなっておりますが、引きつづき、よろしくお願いいたします♪

コメント: 0