それでも。

9月に入りました。

9月の通信が届いて、お返事くださった方々、ありがとうございます~*

うれしく拝見しています「^^」*

 

当別は早くも、秋を思わせるひんやりした空気に変わってきました。

すこしずつ身構える、自分と向き合うことがしやすい季節です。

 

相談室のいつもの花瓶には、

開花のピークを過ぎたカレンデュラ、

花芽があがってきたレモンバームとオレガノ、

えんどうと混植していたルッコラの花、

夏の茂りを過ぎたセージ。

 

ちいさな野の香りが、クライアントさんを迎えています。

身体に不調があったり、心が疲れてしまったり…

自分らしく生きていないことに気付いて、

センター風織を訪ねてくださる方々。。

 

一生懸命「いま」を生きているうちに、知らず知らずに、からだに力が入って、本来の機能に歪みが出てしまったり。。

 

一生懸命「愛されたい自分」でい続けるために、本当の感情を押し込めてしまったり。。

 

生き方の積み重ねが、今の身体と心にあわられて、今を生きにくくしてしまっていることがあります。

 

ホメオパシ―のレメディーをとりながら、ご自分で少しずつ、そのことに気付いて、自分の中にたまったいらないものを、ひとつひとつ手放して。。

 

手放しながら、怒りが込み上げてきたり、涙が込み上げてきたり。。

それだけがんばってきたんだね。

 

って、自分を認めてあげられたら、我慢するために使ってきた自分のちからを、自分を愛するためのちからに変えていけるよ*^^*

 

自分の歩幅で、自分のはやさで、少しずつ元気になっていけばいい。

そのことを自分にゆるしてあげてね。

 

ここを訪ねてくださるクライアントさん、おひとりおひとり、模索のなかで、たくさん怒り、たくさん泣いて、それでも生きることをあきらめずに、前を向いておられる姿は、とても素敵だなと思います。

 

心底つらいその歩みは、人生でいちばん、生きていることをかみしめる歩みであるはず。

 

おひとりおひとり、ご自分を取り戻していく道のりを、ホメオパスとして、ともに歩ませていただいていることを、ありがたく思います。

コメント: 0