セージの花。

今年はセージの花が咲きました。3年に一度くらいでしょうか。。セージがむらさき色の花をつけます。きれいな花です。ここから種を採ることで何年も繋いできた、だいじなハーブです。

 

今年の春に畑のひっこしをして、ハーブたちの根付きを待っていたら、もう6月になってしまいました。

 

遅ればせながら、今シーズンも「畑のかおりたいむ」を始めました。

 

ご参加の皆さま、たのしいひとときを*ありがとうございました*

 

今シーズンのテーマも、昨年と同じ。。

 

ホメオパシーセンター風織では、

医食農同源の暮らしを、皆さんとシェアしています。

季節にあった心と身体のケア、

旬のハーブと野菜を使ったごはん作り、

土と繋がった手しごとを通して、

心と身体がよろこぶ暮らしをみつめます。

 

今シーズンは、一歩ふみ込んで、もっとオフグリッドに、もっと土の上に立って、もっと暮らしに寄り添ったワークショップにしていきたいと思っています。

 

この春に移転したセンターは、ごく普通のアパートですが、どなたでも、どんな物件に住んでいても実践できる暮らし方を、皆さんとご一緒に見つけていきたい。。

 

もっとオフグリッドな暮らしかたを、出来ることからしっかりと実践していきたい。。たとえばオフグリッドソーラーでの発電、冷蔵庫なしで食材を使う、出来る範囲で畑を続けていく。。

 

皆さんと畑の土の上にいる時間をたくさん作りたい。。

たくさんのリクエストをいただいて、もっと畑作業をご一緒したいなと思っています。今回の「畑のかおりたいむ」では、葉物の苗やハーブの苗を植える作業を、ひもを張り、酵素液を作り、植穴を作って、水を入れ、植え込み、水やり。。などひと通りの作業をご一緒しました。

 

その分、お昼ごはんを作る時間が短くなので、ひと品持ち寄りをお願いしました^^ ご負担が大きいかなと思いましたが、皆さんのすてきなセンスに感動でした。 何をつくって持って行こうか? どんな人が集まるんだろう? みんなの身体によい食材、味付けはどんなだろう? どのくらいの量を作ったらいいかな? 作りたい食材を出来るだけコストをかけずに用意するにはどうしたらいい? など楽しみと思案を両方かかえて、だいじにひと品を持ち寄りしてくださることに感謝です。これはとても大切だな、と思います。

 

「畑のかおりたいむ」でご一緒した時間が、皆さんにとって、明日からまた元気に生きる、こころと身体の糧になることをねがっています。

 

そして、一緒に植えた苗たちの育ちを、また次にお会いするときまで、しっかりと見守っていくことも、またホメオパスの私のしごとです。

 

身体の調子が悪かったり、こころに抱えているものがあったり、暮らし方に納得いかなものを抱えていたり。。いろんな背景をお持ちの方が、ひとつの空間を共有することで、次を生きるちからを、お持ち帰りいただけたら、うれしいです。

 

 

今シーズンもどうぞよろしくお願いします*^^*

 

6月『ハーブソルト作りと塩のこと』の様子をかおりたいむ2018に載せています。のぞいてみてくださいね☆

 

次回は、7月28日(土)10:30~を予定しています。先着4名さま、まだ若干

ご予約いただけます。畑しごと初めての方、お子さま連れの方、どなたでもお待ちしております☆