にかいめ。

夏休みが終わり、2回目の「セルフケア上級編10回講座」をいたしました。盛り沢山で時間の足りない3時間、たのしい学びに感謝。

 

今回のホメオパシー理論は、同種の法則 バイタルフォース 治療とは?について。

 

ハーネマンのキナの木の皮のプルービングの話から、同種の法則を根本原理とする自然療法 ホメオパシ―について 同種療法の歴史 パラケルスス『医師の迷宮』から’内なる自然’のこと 同種療法が日本では身近なところに’おばあちゃんの知恵袋’のように存在していること 超微量の法則から希釈振盪の復習 などなど。。分かっているようでちゃんと向き合うと奥が深いホメオパシーの基礎の基礎、いっしょに『ホメオパシ―in Japan』を読み返しました。

 

では、同種療法をどうやって実践するの?レメディーをとったときに、身体のなかで何が起こって治癒に導かれるのか…「バイタイルフォースくん」の紙しばいを使ってお話ししました^^  生命エネルギーの滞り 希釈振盪されたレメディーの作用 ’流す’ということ ハーネマンのいう’健康’とは などなど。。知らなくてもレメディーは使えるけれど、知って使うとちがうよね☆

 

前回に引き続き、レメディーについて。。

好転反応、治癒の方向性 薬との併用や病院の必要性など、ご参加の方々の体験談もお聞きしながらお話ししました。

 

今回のマテリアメディカは、マヤズムを考慮して急性症状にミネラルレメディーを組み合わせること。急性症状にCalc. をいっしょに使って改善したケースをご紹介しながら、日頃セルフケアの場面ですぐ使えるミネラルレメディーのとり入れ方をお話ししました。Sanic. やMerc. のレメディ―についてもご質問いただきました。 今出ている急性症状をレパトリーで調べて、見つけたレメディをマテリアメディカで部位や基調が当てはまるか調べることができれば、『ホメオパシーin Japan』と36基本キットだけでも、セルフケアの対処の幅が広がることを練習しました☆(それでだめならホメオパスにご相談を^^)

 

この夏、お子さんのセルフケアに明け暮れたり、ご自分のインチャをつきつけられたり、ご参加の方々それぞれに、暮らしの中で思うことあって、参加してくださいました。ホメオパシーを学ぶことが、心と身体の栄養になって、より日々を充実できる一助となればうれしいです^^♪

 

やはり時間切れ…伝えたいことたくさん。。ご質問もたくさん。。

でも10回講座のいいところは、また次回につづきができること☆彡

演習問題をたくさん出してしまった片山…家事育児のあいまに学ぶホメオパシーもまた魅力ですから^^ またひと月後につづきます。

 

今回のハーブティー🌿アップルミント*チェリーセージ*レモンバジルでした

 

写真のハーブは、ミュルフォリューム*コリアンダー*アルファルファ*チェリーセージ*アップルミントでした🌿  

コメント: 0