2019年

3月

18日

上級編6回目「^^」

「セルフケア 上級編10回講座」の6回目をいたしました~☆

前回11月の講座のあと、雪深い当別は冬休み。。ひさびさの再開でした^^

 

冬の間にそれぞれ、ご自分とご家族の急性症状にホメオパシーでケアされた体験談をお話しいただきました。

 

指の腫れ、顔のただれ、手のひび割れ、肩の痛み、食べ過ぎ、唇のただれ、失禁の恐怖、歯科治療以来の便秘、などなど。。日常に起きた身近な症状にレメディ―やマザーチンクチャーを使って対応されたケースの数々、おみごと☆ナイスセルフケア^^」 

 

でも、うまく改善にみちびけないケースもあったようで、ポーテンシーの使い方や、マザーチンクチャーと鉱物レメディ―、植物レメディ―、12Xのミネラルレメディ―を組わせて対応することなど、お伝えしました^^

 

『ホメオパシーin Japan』のレパートリーを見て、症状と照らし合わせるのが難しいときの、選択ポイントを復習してみました。。 黒板は、風邪症状のときの、症状の特徴を3つあげてみて…「頭痛 吐き気 咳」について、ひとつずつレパートリーからレメディ―を書き出してみて、3つの特徴すべてに当てはまるレメディ―をピックアップしてみたところ☆☆ Ars.  Bry.  Puls. に絞りました。。つぎに『in Japan』のマテリアメディカを読み直して、どれが一番、本人に当てはまっているかを確認しました~ Ars. を選択してみました^^

 

急性症状にキットの中から的確にレメディ―を選ぶと、症状を改善にみちびきやすいです。でも、うまく症状の特徴をつかんで、検索するのはちと難しくて… これからも少しずつ体験談をシェアしながら慣れていってほしいなと思います☆彡 そして、うまく症状の特徴をしぼれないとき、その急性症状は実は、慢性の症状の一部の場合があります。そのときには、ホメオパスに相談されるのが良いと思います。。

 

そしてそしてぇ~『ホメオパシーかるた』!

すごいっ。すごいすばらしい出来です!

皆さんいっぱいお勉強したのですね^^

レメディ―の特徴をつかんで、読み札と取札を作ってくださいました。

 

さっそくかるた大会!!

読み札を読み上げて、どのレメディ―か連想して、取札を探して。。

取札の絵にも、さりげないレメディ―の特徴がイラストで描かれています。

「あ」…あごが痛いな 顎関節症かも それともかみ合わせ?

このレメディーなんだ?

Ign. です。

これが50音そろいました。

レメディ―の特徴を確認しながらの「かるた大会」は、なかなか先に進まず、

勉強熱心な皆さんでした。

これは風織の「たからもの」です♪

これからは、時々「かるた大会」をひらきたいと思います^^

~かるたはまたゆっくりご紹介しまーす!~

 

ご質問にもお応えしました~

TS-01  サポートChi サポートB-Bの使い分け、フラワーエッセンスの使い方、Pyrog. とSanic. の使い方、200C 30C 6C の使い分け、食いしばりのレメディ―、RX Ichoの使い方、などなど。。いっぱい勉強しました☆

 

かおりたいむもありましたよ^^

とうふパンの車麩バーガー、そばの実と大根のスープ、フライドごぼう、無農薬のみかん、三年番茶 でした~* 満足^^

 

ご参加いただき、ありがとうございました。

次回は4月15日です。元気に春をむかえましょう🌿

 

 

*上級編の講座は、セルフケア7回講座を受講済みの方がご参加くださっています。10回通して同じ顔触れですすめています。次回の上級編10回講座は、今年の7月からスタート予定です。こちらに参加ご希望の方を受付け中です☆ 風織でゆっくりホメオパシーに触れたい、自然な暮らしのあれこれ情報交換したいという方、お気軽にお問い合わせください♪

0 コメント

2019年

3月

16日

雪のなか「はる」です****

 

3月特有の雪が降っています。由井寅子ホメオパスの札幌講演のときには、こんな天候のことが多いです。。

 

今年も、今日、由井寅子ホメオパスの札幌講演が、CHhom札幌校にて、ひらかれました。

 

講演テーマは「信仰心を目覚めさせ幸せに生きる」。。由井先生の沢山の経験から生まれる、厳しくいも温かいことばに、あらためて深くうなずきつつ、参加しました。

 

自分らしく生きることを、どんなことがあってもあきらめない。。

傷つくほど、苦しいほど、

真の自分が、より自分を生きることを求めて、

魂が鼓動を高めて、自分自身を突き動かす。。

 

その声にすなおに従って生きると

いらないものを手放し、

弱い自分と向き合い、

目の前のできごとに心ひらくことができるようになる。。

 

その歩みのなかで、何を信じ、どう感謝するかがみえてくる。。

その道のりは決して平たんではないけれど、とても尊いこと。。

そのことにおそれずに向き合うことの大切さに、気付かされました。

〈由井先生、ありがとう〉

 

* * * * *

春が来たら、

来週から「セルフケア上級編10回講座」が再開します☆

宿題の~『ホメオパシーかるた』!

片山の分担はマ行・ヤ行・ラ行、

こんなかんじ「^^」写真≫

どうかな^^¡

次回6回目は「かるた大会」デス☆

0 コメント

2019年

3月

15日

おくりもの。

春の陽ざしとともに、まだ雪の舞う当別です。

こころのこもった、温かいおくりものを受けとりました。

 

小学生の女の子から手編みのアクリルたわしをプレゼントしてもらいました。

 

中学生の男の子から手作りのクッキーをプレゼンしてもらいました。

 

ほんわか温かくって、やさしいやさしいおくりものです。

 

誰かのために手作りできるって素適だなと思います。

 

だいじにだいじに頂戴しました。 ありがとう~*

ちいさな手作りが積み重なってできあがっている風織です^^

0 コメント

2019年

3月

12日

3.11。

 

あれから8年、

今年の3月11日。

 

今も津波や放射能のことは、恐怖と悲しみの念が褪せることはありません。

 

何かできるだろうと、毎年3月11日は電気と水道とガス、ストーブを使わない日にしているけれど。

 

それは、大震災のことを忘れないようにしたかったからだけど。

今年はすこし気持ちがちがいました。

 

昨年9月に北海道でも大きな地震があったから。被災したとき、どうするか、どういう意識で、どう行動するか、そのために日頃からどう暮らすか。。をそれを機にまた考えています。

 

身体は生きるために、物質的な備えが必要で、でもそれほどは必要ではなくて、最小限に必要なものを上手く用意して、いざというとき上手く使いこなせるように備えが必要だと、つくづく思います。そのことに意識をもつ人たちも、ここ風織には少しずつ集まってくださっていて、いろんな思いに触れることができます。

 

ちいさく構えて、どっしり暮らす。。それがほんとにいざというときに姿に出るんだなぁと実感しています。

 

地面が平穏であることをあらためて願いつつ。。

0 コメント

2019年

2月

22日

ご無事ですか?

昨夜、胆振地方を中心に地震がありました。

 

昨9月の胆振東部地震を思い出す強い揺れでしたが、皆さま、ご無事でしょうか?

 

以前の地震より、被害の規模が小さくとどまっている様子ではありますが、どうぞお大事にケアされてください。

 

災害時のホメオパシーでのケアについて、あらためて載せたいと思います。

     (日本ホメオパシ―医学協会JPHMA「災害対策レメディ―」より)

 

☆キットお持ちの方は、 以下のレメディーは心のショックや緊急時の対応にとっても良いレメディーです。 (過去にこのような経験でPTSDをお持ちの方にもおすすめいたします。)

 

Acon. (アコナイト) ・・・恐怖、後に恐怖が続く

Op.(オピューム)・・・恐怖、恐怖の感覚が麻痺するほどの恐怖

Arg-n. (アージニット)・・・恐怖、パニック

Stram.(ストロモニウム)・・・恐怖

Ars.(アーセニカム)・・・不安、心配、下痢

Arn. (アーニカ)・・・打撲、ケガ

Hyper.(ハイペリカム)・・・打撲、ケガ

Canth.(カンサリス)・・・火傷への対処

Ars.(アーセニカム)・・・火傷への対処

Phos.(フォスフォラス)・・・感電への対処

Nux-v.(ナックスボミカ)・・・有害物質よる空気汚染もしくは、雨

Ars.(アーセニカム) ・・・有害物質よる空気汚染もしくは、雨

Carb-v.(カーボベジ)・・・有害物質よる空気汚染もしくは、雨

 

レパートリー ※『ホメオパシー的災害対策』より抜粋編集

●事故・けが  

・切り傷・刺し傷 Arn. Hyper. Sil. Staph.  

・打撲 Arn. Hyper. Nat-s. Ruta.  

・捻挫 Arn. Ars. Caust. Chin. Cocc. Ign. Led. Nux-v. Ruta.  

・骨折 Arn. Calc-p. Carb-v. Caust. Ruta Sulpph. Symph.

 

●避難生活  

・虫さされ  Ant-c. Apis Berb. Cact. Kali-i. Lach.  

・低体温 Chin. Ars. Arn. Nat-m. Nux-v. Rhus-t. Verat. Staph. Ruta  

     Phos. Merc. Lach. Coff. Caust.

    ※冷え対策では腎臓や脾臓など臓器をサポートすることも大事です 

・壊血病 Ars. Chin. Mer.  

・便秘 Chin. Graph. Op. Cocc. Sl. Staph. Sulph.  

・疲労困憊 Acon. Carb-v. Cocc. Ph-ac. Puls. Rhus-t. Sep.  

・不眠 Arn. Ars. Cham. Coff. Merc. Nux-v. Op. Puls. Sulph.  

・眠気 Nux-m. Op. ※腎臓など臓器をサポートすることも大事です。

 

●心の問題  

・死への不安と恐怖 Croc. Ars. Carb-v. Phos. Sec. Con. Nit-ac. Scill.  

・夜中の死への恐怖 Con.  

・不幸になることへの不安(予期不安) Alum. Merc. Anac. Cycl. Hell. Verat.

  Ars. Dg.  

・死にたくなるほど自分が不幸と感じる人に Carb-v.  

・揺れの恐怖 Bor.  

・水の恐怖 Merc. Stram.

 

●PTSD  

・緊張 Bell. Chin. Ruta.  

・いら立ち Cham. Ip. Nux-v.  

・悪夢 Ars. Bell. Dig. Ign. Merc. Rhus-t. Sulph.

 

●心のケア  

・自責の念 Ars.Cact. Hyos. Magn-arct. Ph-ac.  

・鬱、落ち込み Acon. Ars. Chin. Merc. Rhus-t. Ruta Sulph.  

・自殺願望、自殺衝動 Aur. Bell. Carb-v. Chin. Euphr. Hyos. Merc. Nux-v.

  Puls. Sep. Stram.

 

ご不明な点、ご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。 

0 コメント

2019年

2月

20日

ひさびさホメトーク。

「セルフケア上級編10回講座」の補講をいたしました。3ヶ月ぶりの上級編の講座で、冬眠から目が覚めた片山です(おはようございます^^¡)3時間たっぷりホメオパシートークのたのしいひとときでした。

 

『ホメオパシーin Japan』に載っている36種類のレメディ―をうまく使いこなせると、かなり広く深くセルフケアすることができます。

 

今回は、『ホメオパシーin Japan』のレパートリーの使い方をお話しました。実際にケースを想定して、レパートリーを使って、症状からレメディ―を検索して、マテリアメディカで確認する練習をしました☆

 

これまでの「なんとなくこれかな?」と選んでいたレメディ―選択ではなく、今出ている症状の具体的な特徴を、レパートリーから見つけて、レメディ―を絞り込み、候補のレメディ―をマテリアメディカで確認し、ひとつのレメディ―を選択する。。というセルフケアの練習です^^v

 

たとえば…高熱が出ている、手足が冷たい、顔が赤い。。この3つの特徴から、「高熱」に適応するレメディ―を書き出してみて、「手足が冷たい」レメディ―を書き出してみて、「顔が赤い」レメディ―を書き出してみて、3項目とも当てはまるレメディ―を探すとBell. が選択されます。そして、Bell. のマテリアメディカを読んでみて、今出ている症状に類似していたら、このレメディ―を使う。。というかんじです^^☆

 

急性症状だけではなく、たとえば、今PMSでイライラしている、もともと月経不順があり、実は花粉症の季節はとくにつらい…というケースにも、同じようにレメディ―を探すことができます。慢性の症状が背景にあるときにも、応急的にホームキットのレメディ―で症状を緩和することが可能です。ただ、その症状の根っこをお掃除するときには、ホメオパスの健康相談をおすすめしています。

 

こんなかんじで、ご家族の抱えている最近気になる症状を、一緒にレパートリーで検索してみました。思いつかなかったレメディ―が見つかったり、その背景にインナーチャイルドがあることが見えてきたり、発見でした^^☆

 

後半の時間は「インナーチャイルドこころのたび」の3回目をいたしました。

怒りの感情のこと、ベイリーフラワーエッセンスを使ったケアについて、コンポジット1と2をご紹介しました。

 

サポートDaichoと、サポートBenpiの使い分けや、甘いものをやめられないのはどうしてだろう…?など、ご質問にもお応えしながら、盛りだくさんな講座となりました^^☆

 

お疲れさまでした~* 3月に次回6回目の上級編講座をいたしまーす^0^

 

☆上級編講座は、10回通年でご参加の方対象で昨夏から続けております。次期の講座は7月からの予定です。もっともっとホメオパシーを暮らしに取り入れて健康サポートしたいなという方、お気軽にお問い合わせくださいませ☆彡ホメオパシ― +自然な暮らしのあれこれ、盛りだくさんのお茶の間勉強会です^^

0 コメント

2019年

2月

17日

ハーブのかおり*潮のかおり

すこーし厳しい寒さが和らぎましたが、まだまだインフルエンザの流行る季節です。みなさまお元気にお過ごしですか?

 

冬の疲れが溜まるこの時季を元気に乗り切る「冬のかおりたいむ*ハーブソルト作り」をいたしました。

 

昨シーズン、風織の畑で収穫したハーブを乾燥させて、海水塩と一緒にハーブソルトにします。今回は、「塩」の選び方やミネラルのはたらきなど、レクチャーをはさみながらの手しごとをたのしみました^^

 

乾燥ハーブを刻んだり、もみほぐしたり、すり鉢で細かくしたり。。ハーブの香りが広がります🌿 同時にストーブの上で焼いた塩をすり鉢ですると、潮の香りが広がります**** 土のちからと、海のちからが一緒になって、香りよいハーブソルトが出来上がりました☆

 

お昼ごはんも作りました。たのしいひととき かおりたいむ2018 をご覧ください*^^* ご参加のみなさま、ありがとうございました。

 

次の「畑のかおりたいむ」は新年度1回目となります。

4月27日(土)を予定しています。先着順にお申し込みお受けしております。

春からのシーズンもどうぞ、よろしくお願いいたします☆

0 コメント

2019年

2月

12日

わらび。

真冬日が続いている当別です。

 

春が近づいているようで冬が終わらないこの時期、食材は越冬保存食が大活躍してくれます。

 

昨春いただいた、わらびの塩漬け を塩出しして使っています。野菜といっしょに煮漬けたり、きんぴらにしたり、混ぜご飯にしたり。。

 

昨シーズンの「畑のかおりたいむ」で作った 塩漬けわらびの混ぜご飯 のレシピをおすそ分けです^^

 

☆塩漬けわらびのまぜご飯(4合分)  

塩抜きしたわらび120gを長さ2㎝ほどに切ります。

 

人参50gほどをささがき、ごぼう50gほどをささがきに、干ししいたけを水戻しして細切りにします。

 

厚手の鍋に、わらび、しいたけ、人参、ごぼうの順に重ねて入れます。塩ひとつまみ、みりん(味の母)大さじ2、しょうゆ大さじ3、しいたけの戻し汁50ccを加えて火にかけます。*調味料の分量はお好みで加減してください。

 

全体に火が通ったところで、ひと混ぜして、水気がなくなるまで、落し蓋をして弱火で加熱します。水分がとんだところに、胡麻油をひとふり、白ごまを大さじ1加えて、自然に冷まして味をなじませます。

 

白米4合を炊いて、蒸らしたところに混ぜ込んで、できあがりです「^^」

 

塩漬けわらびの美味しい食べ方を知っている方、ぜひお知らせください☆

0 コメント

2019年

2月

12日

「とらこ先生札幌ライブ講演会」のおしらせ

連日、雪が積もっていますね。Rhus-t.をとりながら雪かきしているかたも多いのでは^^

 

でも、少しずつ春に近付いています。恒例、由井寅子ホメオパスの札幌ライブ講演が、この春も開催されます。

 

「とらこ先生 2019 春 札幌ライブ講演」

 ~信仰心を目覚めさせ幸せに生きる!~

 

 ☆日時 3月16日(土)10:00~12:30 (受付開始 9:30)

 ☆参加費 一般3000円

      豊受モールスペシャル会員2000円

      CHhom学生/JPHMA会員1500円

 

 ☆講演会のあと、映画「真の免役」無料上映会があります

  3月16日(土)12:45~14:40頃

 

 ☆会場 CHhom 札幌校

     札幌市中央区北5条西27丁目2-6 翔栄ビル2階

     Tel 011-633-0577

             ↑こちらに直接お申し込みください☆

 

初めてご参加の方は、片山の紹介で、はじめての方無料ご招待、ご参加2回目以降の方は500円引きとなります。お気軽にお声がけくださいね。

 

いつもの頭と心を、すこし柔軟にして耳を傾けると、響いてくる言葉に出会えると思います^^ 

 

もう10年以上前ですが、片山も、由井先生 春の札幌講演をきっかけにホメオパシーの学校に入学しました。。講演が終わって帰りがけに、由井先生に呼び止められて「あなた学校に入学しなさい!」って。その4月からRAH(CHhom以前の学校)の学生になりました。。由井先生のひと言は、ぜいたくなひと言でした^^ 

 

学校に興味のある方は、右横の「ホメオパシー統合医療専門学校のご案内」から詳しい動画をご覧いただけます ⇒ 7分ほどの動画です♪どうぞっ

0 コメント

2019年

2月

09日

きゅっきゅ****

この冬いちばんの厳しい冷え込みです。札幌は晴れている日も、当別は大荒れ、学校の臨時休校も3度目となりました。冷え込みの影響で列車のブレーキや切換えポイントに故障がでてJRも定刻には動かない日があります。

 

マイナス10℃以下になると、歩く雪が「きゅっきゅっ」と音を立てます。雪って生きてるんだなぁと思います。子どもの頃から耳の奥にしみついたこの音、春になればいやでも消えてしまうから、今は、この厳しさと一緒に暮らさないと。

 

視界の利かない地吹雪、ホワイトアウトになると、自分がどこに立っているのか分からなくなって、真っ白な闇に連れて行かれます…一歩を踏み出すことがとても恐怖です。踏み出した先の地面がどこにあるのか分からないから。その真っ白な渦のなかに取り囲まれてしまいます…これが車の運転となると、心臓に冷や汗をかくほど恐怖です。

 

身に危険が迫ったときに湧いてくるのが、恐怖の感情。すべての感情のいちばん根っこにある感情です。ホワイトアウトみたいに、外側から身に降りかかる恐怖もあれば、実は、自分の内側にある恐怖もあります…

 

過去に怖い思いをしたときに、怖い感情をきちんと味わうことなく封を閉じてしまうと、自分の内側の恐怖として内在してしまう。。

 

この内側の恐怖をひもといて怖かった感情を受け入れてあげられたら、目の前にある恐怖を和らげることができるようになる。。

 

雪にとざされた季節は、自分のなかの忘れた記憶に感情を抱き合わせて、もういちど味わう作業をする季節でもあるなぁ。。とこの時季いつも思います。

 

節分を堺に、あたらしい自分になれますように。。

           

             * * * * *

 

お庭の木から採った、金柑をたくさんいただきました。安心してまるごと食べられる自然な実です。食べると元気になります。金柑の葉は、榊の葉に似ていて、神さまにちかい実なんだなぁと思います*感謝

0 コメント

2019年

1月

27日

雪のエネルギー。

 

大寒の冷え込みに前後して、当別は吹雪模様の時間帯が多くなりました。

 

吹雪きのあとの陽ざしがとてもありがたく感じるこの頃です****

 

まっしろな雪のあとの陽ざしは、照り返しがつよく、オフグリッド太陽光パネルの発電がすすみます。

 

チャージコントローラーの左下の矢印が、白から黒に変わっているときには、太陽光パネルからバッテリーに電気が送られています^^ 

 

冬場の屋根雪対策で、昨秋に太陽光パネルを室内に移動してから、平均1ボルトほど、蓄えが減りました。窓越しではやはり発電量が落ちるのですね…

 

夏場はパネルの角度を約70度に設定していましたが、冬の日射角度が低くなることを想定して、室内設置のときに約90度に立て掛けました。これは、地面の積雪からも雪の反射で発電できるように、という想定で。この想定&設置は息子によるものですが、大寒をはさんで、発電量が上がってきたところをみると、この設定は、当別1月末から2月の日射角度を読んでいたことになるなぁ。。と。

 

やるな^^」 ありがたく、照明や充電などに太陽のエネルギーを電気として使わせてもらっています☆ 息子作のオフグリッド床暖房も順調に稼働しています。照明ひとつにつき5W、ケータイやカメラの充電1W、床暖モーター5Wほど使います。冬は緩やかに電気を使うことにして、夏のように洗濯機を動かしたりはしていません…

 

オフグリッドソーラーが我が家に来て3冬目。。私に出来ることは、床暖房を壊さないことと^^¡ 太陽光パネルをまめに拭いてあげること****くらいですがいっしょに元気に冬を越したいと思います。

0 コメント

2019年

1月

24日

「こうなっていて・・・」

「仰向けに寝て、お腹に手を当てたときに触れているのは子宮ですか?腸ですか?…」と、お問い合わせがありました。

 

横から見たほうが分かりやすいかな、と思いました。絵の左がおへそ側、右がお尻側です。おへそ側から、すごく単純に見ると。。小腸、膀胱、子宮、直腸…ということになります。おへそのすぐ下辺りに手を当てれば腸ですし、それより下部の恥骨辺りだと、膀胱、子宮ですよね。妊婦さんは、手を当てて胎児のうごきを感じられるように、腸より子宮がおへそ側にせり出してきますよね(膀胱より上部に子宮が位置します)。

 

からくり絵本で見ると、身体の正面からみて、まずいちばん手前に小腸があり、ちょっとこれを捲らせてもらうと、膀胱、その奥に子宮(と卵巣)、その奥に直腸があります。。消化器、泌尿器、生殖器が、そして血管、神経、筋肉、靭帯、等…骨盤内に絶妙にうまく納まっていることになります。

 

どの人の身体の中もこの構造になっているって、やはり人体の構造はすごいと思います。せっかくなので、ここに描いた臓器をサポートするホメオパシーのマザーチンクチャーについて。。

 

栄養吸収の不足でだるさや目眩、手足の冷えがあるときに、脾臓と腸をサポートするMT)Quer.(クエカス/ヨーロッパナラ)。

 

体内の重金属を解毒するはたらきをもつ肝臓と腎臓をサポートし、頻尿や残尿感、排尿時の灼熱感、等の症状に適応するMT)Berb-v. (バーバリスブイ/セイヨウメギ)。

 

月経の問題、不妊症、冷え症、血の道症など、婦人科系疾患に適応するMT)Art-i. (アートメジア/ヨモギ)。

 

子宮内膜症や月経不順、卵巣機能の問題など、また予防接種以来の体調不良があるときに老廃物の排泄をうながすはたらきをもつMT)Thuj. (スーヤ/ニオイヒバ)。

 

鼻骨を打って神経を損傷したとき、また足先、手先をはさんだ痛みや腰痛などにMY)Hyper. (ハイペリカム/セイヨウオトギリソウ)。

 

不安や緊張があって、お腹が痛くなる人に、その不安や緊張を和らげるはたらきをもつMT)Valer. (バレリアナ/セイヨウカノコソウ)。

 

それぞれの身体の部位に適応する植物が自然界に存在していることも、人体構造と同じくらいすごいな。。と思います。人間のちからでは及ばないことが沢山。。生かされていきているんだなぁとあらためて思います。

 

^^仰向けに寝て手を当てたとき触れている場所、分かりましたか^^?

0 コメント

2019年

1月

20日

大寒お見舞い申し上げます****

2年前に北海道医療大学の薬草園にて出会った、アルニカの写真を久々にながめました。

 

今日は、「36セルフケア上手になろう☆7回講座」の補講の日でした。リクエストいただき、ありがとうございました^^

 

『無人島にもって行きたいレメディ―』のテーマで、Acon. Apis. Arn. Ars. Calen. のマテリアメディカのご紹介でした。

 

『ホメオパシーin Japan』のなかにも、「基本キットの中でひとつだけもつとすればなんですか?それはなんといってもArn. です…」という一節があるとおりで、やはりArn. (アーニカ)だなぁと思います。。

 

アルニカは、ウサギギクのこと。キク科の植物です。毒性がないので、マザーチンクチャ―としても有効です。ウサギギクの成分には主に、アルニシン

フラボン タンニン トリテルペノイド サポニン カロチノイド を含み、消炎効果や鎮静効果、血行促進効果があることから、傷の万能薬として、古くヨーロッパでも民間薬として馴染み深い植物でした。

 

アルニカエキスとしてシャンプーやシェービングクリームなど化粧品類に含まれているようです。以外にも身近ですね^^

 

ホメオパシーのレメディ―Arn. (アーニカ)も、事故、怪我、出血のときのファーストチョイスレメディ―です。 胆振東部地震のときにJPHMAから無料配布された「サポートAAA」のAのひとつはArn. です。

 

身体の傷に、それが過去の傷だとしても、細胞が傷を記憶している限り、その傷を治癒に導くはたらきをするのが、レメディ―のArn. です。

 

そして、心の傷にもとどきます。「疲れたな…」というとき、ひと粒使ってみてください。

 

いつもそばにいてくれるArn. です。

 

などなどお話しさせていただいた2時間でした🌿

今日のハーブティーは、ヨモギ ホーリーバジル カレンデュラ でした^^*

 

次回の補講は、

 

「36基本キットセルフケア上手になろう7回講座」2回目

『風邪をひいたときにおすすめのレメディ―』

 いつもなら病院に行く風邪症状…こんなときに使えるレメディ― Bell. Bry.  Gels. Hyper. Rhus-t. のご紹介です。

 *1月27日(日)10:30~12:30

 *参加費:1500円(風織畑のハーブティーを飲みながら)

 

 *どなたでも、単発でもご参加いただけます。お気軽にご参加ください*

  お申し込みはお問い合わせフォームからどうぞ

 

お寒い季節、みなさまどうぞご自愛くださいませ。。

0 コメント

2019年

1月

18日

つづける。

ボックスティッシュを使わず、代わりにトイレットペーパーを部屋に置いています。品よく使いやすくなるように「へやにおいて、すっきり見えて、かた手でも切れるトイレットペーパーホルダーを作って!」と息子にたのんだら、作ってくれたのが、写真の奥に写っているトイレットペーパーホルダーです。

 

これは1号機^^ 小学生の高学年のときに作品。とても使いやすくて気にいったので、すぐに2号機を作ってもらいました。その後、食器棚、勉強机、本棚、小屋。。と自分のからだより大きなものを作りだして。。

 

あれから5年経った今、「いま同じものを作ったらどんなトイレットペーパーホルダーになる?」と聞いたら、つくり出したのが、写真の手前^^ 

 

このための試作があるので、実質4号機。 ここまでなると、誰にでもは作れません「^^」 材の使い方や道具の使い方、デザインと実用性のバランス、などこれまでの経験から身につけたことを総動員してできたもの。。

 

好きなことをつづける。

失敗しても、またつづける。

好きだからつづける。

 

続けるから、また次がうまれる。

自分のなかにあるものから形がうまれる。

「いま」の積み重ねから、好きなものがうまれる。

 

すてきなことだな、と思います。

 

 

風織の相談室に実物がありますよ^^

0 コメント

2019年

1月

14日

基本キット勉強会あります☆

2018年シーズンの「36基本キットセルフケア上手になろう☆7回講座」の補講をしまーす。

 

「無人島にもっていきたいレメディー!」ということで、日常起こりうる急な変調に、すぐに手もとにあって欲しい、どなたにでもお使いいただけるレメディー Acon.  Apis  Arn.  Ars.  Calen. についてご紹介いたします。

 

*1月20日(日)10:00~12:00

*参加費 1500円

*『ホメオパシーin Japan』をお持ちの方はご持参ください

*どなたでもご参加いただけます お気軽にどうぞ🌿

 

~お電話またはメールにてお申し込みください~

2019年

1月

13日

そうかっ。

この頃、続けて好きな書籍に出会っています。

 

稲葉敏郎著『ころころするからだ』、とてもうなずづきながら読みました。

 

わたしたちの身体のなかにはバイタルフォースが存在しているのだな。。とあらためて思いました。

(注:この書籍の中にはバイタルフォースという単語は出てきません)

 

感覚系 神経系 運動系の動物性臓器に対して、消化‐呼吸系 血液‐脈管系 泌尿‐生殖系の植物性臓器は、頭の意思で動かすことはできず、すべて無意識のはたらきであり、生命活動の重要な部分を担っている。。という内容がありました。

 

頭で考えて、そのときのテンションに任せて無理をして働いたり、食べすぎたり、夜更かししたりするとき、その間にも、休みなくじっと黙って働いて、わたしたちのいのちを支続けてくれているのが植物性臓器の存在です。

 

でも、頭で立てた予定に身体を連れ回したり… 仕事をこなしたくて夜更かし… ついつい電磁波の多いパソコンワークを長時間… 舌の上で美味しいけど身体に負担な食べ物… それが当たり前の日常になってしまった生き方の癖が、気付いたら植物性臓器をいじめてしまっているなぁ、と気付きました。

 

身体が拒否して、不快に感じるものは身体が求めていないんですね、頭で考えたことを実行して結果を出せたら、仕事できる人 家事できる主婦 子育てできる母 って(社会から)認めてもらえると、そう思い込んで頑張っている人が沢山いるな、と。。でも自分を生かしていくれている植物性臓器は、そんな当人を認めていないんですね、もうこれ以上動けませんってなってしまう。

 

便秘や下痢、消化の問題、咳など呼吸器の症状、貧血、頻尿、月経痛、腎臓の不調… 風織にいらっしゃる方に、こうした症状の方が正直多いなぁと思います。これって植物性臓器の不調ですね… 良かれと思って一生懸命頑張って、(その背景には誰かに認めてもらいたくて…)その結果不調になってしまう植物性臓器。

 

この植物性臓器の声に耳を澄まして生きられたら、きっと、こころも身体も喜ぶんだろうなぁ。。そしてより自分らしく生きられるのだろうな。。 そんなことを思いました。とても大事なことだと思います。

2019年

1月

11日

やっとできた。

畑のかおりたいむにご参加の方から、「おいしい大学芋」の作り方をおしえていただきました。

 

シンプルな作り方が気に入って、さつまいもが手に入ると何度か作っているのですが、なかなかうまく作れない私…

 

味はおいしいのですが、仕上げに糖分をからめるときに水分が多かったり、焦げ色がつきすぎたり… 本来使う調味料を、バターからココナッツオイルに替えたり、甜菜糖を使ったり、かってにアレンジしてしまったからですね…うまくいかないのは、、 

 

油をひまわり油にして、コクがある分ココナッツオイルを使わずに作ってみたら、うまくいきました^^ ふっくらかりっといきました。 

 

なにをやってもうまく出来ない私ですが、あきらめずに繰り返しやってみると、すこしは学習するのですね、、(よかった^^¡)

 

黒胡麻を使わず、お友だちにいただいた金胡麻を使いました。風織の台所は、親しい方からいただいた食糧やレシピ、食器など、心のこもったものが沢山あって、感謝です。

2019年

1月

06日

「ホメオパシー学術大会」

ここ、日本ホメオパシーセンター石狩当別 風織は、JPHMA 日本ホメオパシ―医学協会の認定を受けたホメオパシーセンターのひとつです。

 

全国各地に認定ホメオパシーセンターがあります。そしてセンターの数だけ認定ホメオパスがいます。

 

毎年、JPHMAコングレス ホメオパシ―学術大会が開催されます。今年は、ちょうど、1月5日と6日開催となりました。

 

この学術大会に、片山の症例も採択され、会場に掲示されました。概要のみご紹介したいと思います。

 

「クレチン症が改善したケース」

出生後の血液検査で、甲状腺刺激ホルモン値(TSH値)が基準値よりも高く、クレチン症と診断されて以来、服薬治療を受けてきた3歳男児のケースです。

 

予防接種を受けてきた背景と、服薬を続けてきた経緯に、ワクチンから作られたレメディ―と、服薬している薬をはじめ、ご出産以前にお母さまが服用された薬から作られたレメディ―を選択しました。

 

Spong. やNat-m. などの甲状腺に適応するレメディーを一貫して取入れるとともに、甲状腺がカルシウムの代謝と関わることからCalc-p. をはじめとするカルシウムをサポートするミネラルレメディ―を取り入れました。

 

また、Hypoth.(視床下部)や、Pitu-gl.(脳下垂体)、Thyr-gl.(甲状腺)、Parathyr-gl.(上皮小体)等の内分泌のレメディ―を続けました。

 

38℃以上の発熱、鼻血などの好転反応を繰り返しながら、付随する諸症状が改善を始めたことから、カルシウムの代謝不足が根底にあることが示唆されました。

 

その時々の状態に適応するマヤズムレメディ―を選択しながら、ミネラルのサポートと内分泌のサポートを続けることで、甲状腺機能を自らの力で維持することに治癒力が働いたのではと思います。

 

徐々にTSH値が下がり、服薬量も減り、健康相談3年半後、服薬を止めても甲状腺機能を維持できるまでに改善しました。

 

先の見えない長期治療と向き合うお母さまの心労と、その背景にあるインナーチャイルドが並行して、お子さまの症状に向き合うことの奥深さに躊躇われる時期もありました。ホメオパシ―で対応したいというお母さまの決心と、また熱心にセルフケアを学ばれたことも大きな一助となりました。治癒の道のりをともに歩ませていただいたケースとなりました。

 

* * * * *

慢性症状の場合はとくに、病院での治療と服薬を続けながら、ホメオパシ―の健康相談にかかられるケースが多くみられます。薬を使わずに日頃の健康を維持したいというご本人やご家族のご希望をお聞きして、その方に適応するレメディ―をお選びしています。慢性症状の場合は、今訴えておられる痛みや悩みに対応しながら、その背景にある薬歴や食習慣などもお聞きして、必要に応じて老廃物の排泄を促します。 その方に不足しがちなミネラルのサポート、またしわ寄せを受けている臓器のサポート、内分泌のサポートを同時進行で、レメディ―をお選びしています。 風織ではこのZENメソッドを主軸に健康相談をお受けしています。 治癒のプロセスで急性の反応が現われたり、心に治癒のスイッチが入って、インナーチャイルドが顔を出したり、ご本人の気づきを伴って、症状の改善に向かっていきます。 その治癒の歩みは、その方その方それぞれです。その方の治癒の歩みをご一緒させていただくことに感謝しつつ、健康相談、またインナーチャイルドセラピーをお受けしています。

 

*症例を快く提供して下さったクライアントさんご家族に感謝申し上げます*

0 コメント

2019年

1月

05日

今日からです。

あたらしい歳になり、今日から風織も受付けをしております。

 

皆さまから、温かいお年賀をいただき、うれしく拝見しました。ありがとうございます。

 

北海道神宮の小川は今年もしずかにせせらいでおりました。

 

地面が平穏で、暮らしが平穏でありますように。

 

ゆっくりとしっかりと風織を続けていきたいと思います。

*今年もどうぞよろしくおねがい申し上げます*

1 コメント

2019年

1月

01日

2019年どうぞよろしくお願いいたします

2019年となりました。謹んで新春のお慶びを申し上げます。

 

当別は寒空からゆっくりぼたん雪が舞い、あたらしい空気が漂っています。

たっぷり雪が積もり、ほんとうの春が来るまで、こころつよく、身体つよくもってむかう季節です。

 

昨年も沢山の支えをいただいて、風織を充実できましたこと、ありがとうございました。これを糧に本年も、皆さんとともにあゆむホメオパシーセンターでありたいと思います。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

大地おだやかに、こころ温かく、身体すこやかに在りますように。。

0 コメント

2018年

12月

27日

2018年もありがとうございました。

2018年の風織畑さいごのミュルフォリュームの花。

 

ほんとはもっと小さな花弁が寄り添い合ってひとつの花房になっているのだけど。。とっても寒いこの時季、桜色を大きく載せてみました。

 

この一年、身体に痛みを抱えたかた、こころに傷を抱えたかたが、様々な人生のいちページをもって、ここ風織を訪ねてくださいました。

 

そのいちページいちページは、とても貴重で、いのちそのもの。生きようとするほど痛みが増し、こころの傷は深くなり、それでもご自分を生きようとする方々が、ここ風織を訪ねてくださいます。

 

今ある症状に同種のレメディ―を選択することが、ホメオパスとしてのしごとです。そのために沢山のお話しをお聞きします。ゆっくりゆっくり発することばが、ほんものであるほど、ことばとともに涙があふれます。

 

自分を生きるということが、こんなにも大変だということを突き付けられながらも、ご自分の症状と向き合おうとするとき。。自分らしさが壊れて、だれも助けがないとき。。応えを探して見つからないとき。。一縷にホメオパシーと出会って、レメディ―やチンクチャーに助けを求めておられるとき、こちらとしても、真剣に同種のレメディ―を探します。

 

レメディ―やチンクチャー、ときにはフラワーエッセンスが、その方のバイタルフォースにスイッチをいれ、自己治癒力がふたたび発揮されることを願って。

 

自己治癒力がはたらいて、これまでに身につけてきたいらないものを排泄しようとするとき、痛みや迷いが伴うことがあります。ときにそれは、自分で大事に思い込んで心身の一部にしている場合もあります。それを手放すときには何を信じていいのか分からなくなるときがあります。そんな時、繰り返しご連絡があります。そうしてちょっとずつ、ちょっとずつ本来の自分の身体とこころを取りもどしていかれます。

 

その歩みをご一緒させていただくことを、ホメオパスとして見つめ直す、大事な一年となりました。これからも、沢山の方とともに歩ませていただけるよう、最近のホメオパシ―病理を学びつつ、畑のあるホメオパシーセンターとして、安心してお越しいただける風織でありたいと思います。

 

ミュルフォリューム。。深い傷を癒すハーブ、そしてこころの傷を癒すハーブです。

 

今年一年、ありがとうございました。また新しい年も、どうぞよろしくお願いいたします。皆さま、よい歳を迎えられますように。

 

年内は31日まで通常に受付けしております。

新年は5日(土)10:00~通常にお受けいたします。

 

*2018年風織の様子はトップページの末尾に載せております*

ご覧くださいませ。。

0 コメント

2018年

12月

02日

おまけのれしぴ。

ちいさな*かおりたいむ*豆選り会で作ったハーブクッキーのレシピのおすそ分けです。

 

粉や油の種類を変えたり、ハーブをべつなものを変えたり、紅茶を豆乳にしたり、応用がききます。

 

お家で作ってみたーい!とご好評いただきました。

 

すぐ作れる普段着のレシピです🌿

*ひとつ前のブログものぞいてみてくださいね*

0 コメント

2018年

12月

02日

ちいさな*かおりたいむ*豆選り会

続きを読む 0 コメント

2018年

11月

23日

*雪の当別*

今日はひと月ぶりの勉強会。セルフケア上級編10回講座の5回目の日でした。

 

当別は雪。昨日、今シーズン初めてのきれいなぼたん雪が舞ったあと、今日はあれよあれよと、すっかり積雪*長い冬の到来です*

 

セルフケア上級編10回講座では、毎回盛りだくさんのホメオパシートークで、じっくりと心と身体のケアを学びあい、疑問を投げかけあい、笑ったり涙ぐんだり、本音を語り合ったり、学びを通して、生きたひとときを送っています。

 

今回は、アロパシーとホメオパシーの特徴を把握しながら、自分の中にある不自然さへの気付き。。自己治癒力とは。。ホメオパシ―でとらえる免疫とは。。について、『ホメオパシ―in Japan』を読みながら確認しました。

 

病気の原因は本来、わたしたちの内部にあり、レメディ―をとることで、自己治癒力が触発されて、わたしたちの内部にある不自然さに気づき、手放すプロセスを通ります。同種のレメディ―が鏡のように自己の内部の不自然さを映し出して、気付きを与えてくれます。 

 

そして、目のまえの現実もまた、自分自身の鏡。。目のまえの現実は自分のこころの反映、そうとらえることで、日々のできごとを、だれかの責任にしないで、受け入れることができるようになります。ちょっとその作業は大変で、嫌になってしまうのだけれど… より自分らしく、日々を出来るだけおだやかに、たたかわずに生きる歩みの一歩です。

 

今回はレパートリーの見方と、レメディ―検索の練習もしました☆ 『ホメオパシーin Japan』のレパートリーをみて、今出ている急性症状の特徴をさがして、レメディ―を絞り込み、マテリアメディカでレメディ―の全体像を確認して、急性症状に対応するレメディ―をZENメソッドで組み合わせる練習をしてみました。 日頃からセルフケアをされている参加者さんの体験談もお聞きしつつ、月経の問題や、消化の問題など、また便秘と皮膚湿疹の症状を同時に抱えているときに、どこまでセルフケアで対応できるか、などなど、じっくり練習しました。(黒板の写真)

 

ポイントとして、

*36基本キットのなかのレメディ―では適応しない場合もあること

*慢性症状に対処するには限界もあること

*激しい急性症状の場合には医療機関を受診すること

その間に、手持ちのレメディ―で対応するセルフケアを、より的確にするためのレパートリーの使い方の練習でした。

 

前回に引き続き、インナーチャイルドこころのたび。。「怒り」の感情と向き合うときの、ベイリーフラワーエッセンスのご紹介をしました。自分にあうエッセンスを探っていくと、これかな、これもあてはまる、やっぱりこっちかなって、こころのたびが深まります。インナーチャイルドに気付いたら、そこにレメディーを使ってケアすることも大事。そして感情がたくさん湧き出して来たら、そこにベイリーフラワーエッセンスや、ファーイーストフラワーエッセンスを併せてつかってみるのもおすすめです。 思わぬ自分に出会えることがあります。 Emer.  Rose-q.  Turq.  などのジェムレメディ―の特徴もお伝えしました🌿

 

今流行っている胃腸炎に対応するレメディ―の体験談などもお聞きして、なるほど~っな時間となりました^^

 

上級編の講座はひとまず冬休みに入ります。春まで冬眠でーす!とはいきません・。・ たっぷり宿題出しましたぁ たのしい宿題です「^^」 ご参加の方々よいホメ冬を~* 今日もご参加ありがとうございました*感謝

0 コメント

2018年

10月

14日

4回目。

セルフケア上級編10回講座の4回目でした。

 

これまでにレメディ―のこと、バイタルフォースのこと、マヤズムのことなどご一緒に学んできました。基本キットのレメディ―を中心にマテリアメディカが身近なものになるよう、セルフケアと組み合わせて取り上げてきました。「インナーチャイルドこころのたび」では、恐れの感情について、ベイリーフラワーエッセンスを一緒に使いながらお話してきました。

 

アンケートのご質問がだんだん本格的になってきました。

Phos. って男性にも使えますか? 気圧の変化に対応するレメディ―は? レメディ―を使わずに食事だけで改善できないの? バイタルソルトに含まれるレメディ―をひと粒ずつ取るのは働き方が違うの? 症状に同種のレメディーをさがした後ポーテンシーはどう選ぶ? などなど。。 まだまだ。。

 

RXって? チンクチャ‐の種類って? アルポってなに? Mってなに?

子育てで起きた場面をご参加の方と再現してみて、自分の中のインチャに話しかけてみる練習。。 などなど。。

 

感情が湧きだして、こころの温度が上がったところで、「心が疲れたときのレメディ―」のマテリアメディカ。 子どもがキィキィ…母のイライラ…身体も疲れて…そんなときの Chim. Chin. Ruta. Sep. のご紹介。 インナーチャイルドってなぁに?感情って?子どもの頃の自分と大人になった自分、いつから変わってしまったの? 泣かない涙はどこへ行くの? 

 

母親の中のインナーチャイルドが心の扉をたたくとき、レメディーをとってケアすると、感情が湧き出してきます。 インナーチャイルドに届くレメディ―たちのご紹介。。 頑張り屋さんのレメディーたち、自分が分からないレメディーたち、存在価値がなくなったレメディーたち、ふざけて目立つレメディーたち、親の世話役になる子どものレメディーたち。。

 

「気づいて―!ほんとは泣きたいのぉー!」というインナーチャイルドの声が聞こえてきたら、自分の中にいるインナーチャイルドに話しかけてあげるチャンス。 子どもの頃の未解決な出来事がひとつ癒されることで、今の大人の自分も同じ状況を乗り越えられるようになります。 再現してみた子育ての場面を、こんどはやさしく乗り越えられますように。

 

インナーチャイルドこころのたび、今回は「悲しみ」という感情について。恐れの感情のあとに現われる「悲しみ」。ベイリーフラワーエッセンス「落ち込みと絶望」「悲嘆」「悲しみと孤独」のご紹介をしました。

 

*ご参加のかたの感想から*

感情を溜め込んでいることを再認識した。もっと吐き出してより自分らしくなりたい。インチャ癒しは避けて通れないと再認識した。 などなど。

 

皆さんのこころのこもった、ちいさな学びの場に感謝。雪降る前に次回をひらけることを願いつつ。。

 

*黒板は*

悲しいときに一緒に使うとおすすめのミネラル、組織の傷の治癒を促すBell-p.

悪天候で悪化するレメディ―、などです^^

0 コメント

2018年

10月

14日

最終回でした。

「36基本キットセルフケア上手になろう☆7回講座」の7回目をいたしました。ご参加の皆さま、ありがとうございました。

 

ここまでの7回、基本キットのレメディーをひとつずつ、ご一緒に取り上げてきました。鉱物のレメディーは、元素の周期表をみながら原物質の特徴を探したり、動物や植物のレメディーは、その原物質の写真など見ながら、その特徴をみて、精神をイメージしたり。。レメディーの奥深さを、いかに生活のなかでセルフケアに生かしていけるか、盛りだくさんのホメオパシートークを楽しんできました☆^^☆

 

今回のテーマは「自分の気持ちを大切に」 身近な症状に対して心と身体の両面にはたらきかけるレメディーのご紹介でした^^ 

 

銀と窒素からなる硝酸銀のレメディーArg-n.  電気を通しやすい銀が歯の詰ものに使われたら、いちばん電気を通しやすい脂質からなる脳へのダメージがつよいことことから、歯の重金属の害についてもお話ししました。Arg-n. のレメディ―のイメージをイラストにしてみたら、頭でっかちでおなかぱんぱん、高所恐怖なのに砂糖をもってビルの屋上に立っている絵になって、みんなで爆笑。。パニック、恐怖症、不安症、下痢や放屁に適応するレメディ―です。

 

Nux-v. と同じマチン科のレメディーIgn.  悲しみのレメディーとお話ししたら、空かさず「Nat-m. とどう違うのですか~?」とご質問がありました。 うむ「‐。ー」 とても傷つきやすく拒絶されることへの恐怖がつよくて、自分の殻にこもって「触らないでっ」て自己防衛しているNat-m. その背景には愛されたくても愛されなかったインナーチャイルドが硬く扉をとじている姿が見えてくる、そんな「かなしみ」… Ign. は、失恋や死別など、悲しい出来ごと以来、それが記憶から離れず、秘めた怨念に苛まれている、そんな「かなしみ」。顎関節痛に適応するレメディ―でもあり、ミネラル12Xのレメディ―やフラワーエッセンスを併せて使うこともお話ししました^^

 

毒をもつブッシュマスターのレメディーLach.  出血毒をもつブッシュマスターの特徴から、出血や血液の濁りに適応するレメディー。蛇の精神「おしゃべり」から疑いや嫉妬の精神を含むことなど。月経で悪化するレメディーを比較してセルフケアでのレメディーの使い分けなどお話ししました。

 

ヒカゲノカズラのレメディ―Lyc. 『ホメオパシーin Japan』のLyc. テーマは「強気に弱く、弱気に強い人間では駄目だとわかる」。「?」…「外ではのび太、家ではジャイアンってことです」と言ったら、「!」でした^^ 不安とお腹の弱さが特徴ですが、Arg-n. との違いなど、比較しました。

 

さいごにStaph. 燕の尾のようなヒエンソウの花。はかなげで飛び立てるのに飛び立つことができない背景を見詰めてみました…屈辱を受けたとき、プライドを傷つけられたとき、深く傷ついているときのレメディーです。手術の後や虫歯にも適応しています。

 

「これ自分のことだぁーっ」って笑いながら、内心は真剣。。レメディ―でセルフケアしながら、ご自分のこころと向き合うことが上手になって、身体の不調にレメディーを選ぶことに慣れてきて、皆さんが楽しくたくましく学んでおられることに、いつも心打たれます。 いつも、お話しはホメオパシ―のことにとどまらず、食べることや子育てのこと、予防接種、暮らし方、生き方、すべてに繋がりました。関連する書籍や映画、他の講座で学んだことなど、情報交換の充実したひとときでした。 感謝~*心から^^

 

「あぁ~こんなんじゃだめだぁ~、まだまだだぁ…」という方が、この頃こちらのセンターには多いなと感じます。より自分らしくなりたい道のりで、そんな気持ちが湧いてきます。でも充分に「いいんだよ それで」って思います。今をより自分らしく生きられるように、ホメオパシ―が一助となりましたら、とてもうれしいです*^^*

 

今シーズンの7回講座はおかげさまで最終回となりました。が、これからもセルケアのお問い合わせ、いつでもお受けいたします。お気軽にご連連絡くださいね☆彡

 

写真:カレンデュラ アップルミント ホーリーバジル ミュルフォリュームチェリーセージ@風織畑です🌿

0 コメント

2018年

10月

11日

Off grid.

皆さまお元気におすごしですか🌿

 

名残り咲のカレンデュラ。

「畑のかおりたいむ」のお昼ごはんのドレッシングに使いたくて、いち輪、摘みました。

 

先日10月6日に、今シーズン最終回の「畑のかおりたいむ」をいたしました。 ご参加の皆さま、ありがとうございました^^ ご都合つかず参加できなくてがっくりされた方も多くいらっしゃって、たくさんの方に興味をもっていただいて、ありがとうございました。

 

風織の外壁に立て掛けていたオフグリッドソーラーパネル。 冬場は屋根雪が落ちるので、この時季に冬したくです^^

 

ソーラーパネルを相談室の窓辺に移動して配線、オフグリッドの床暖設置を、ご参加の皆さんと一緒にいたしました。

 

Off grid オフグリッドってなぁに? 普通の太陽光発電とどう違うの? どうやって電気を作るの? 作った電気をどうやって使うの? 本来のオフグリッドの意味はなに? 。。。たくさんやることが詰まった3時間でした(結局5時間コースになりました…)

 

かおりたいむの様子はかおりたいむ2018をご覧ください☆^^☆

 

ご参加の方々からアンケートが届き始めました。ありがとうございます~*

かおりたいむが終わってご自宅に戻られてから、家の電気の使用状況をあらためてリストアップしてみたら、あまりに多くて落ち込んでる… ご様子。

 

あぁ、、うまくお伝えできてなかったなぁ…と反省 ‐‐¡ 

 

現状にため息をつくのは、今の社会を見回してみれば、いたるところにあるのが事実…

 

オフグリッドの良さは、その配線(つながり)を断ち切ったときにみえてくるものを活用すること!

 

自分という ‘とっても自然なエネルギー‘ を使って、自分が生きていくために必要なエネルギーを最大限に生み出すこと。

 

だから、

自分を好きになればなるほど、大きなエネルギーを生み出すことができるはず☆ 土の上に立って自然と繋がればつながるほど、そのエネルギーが愛おしく感じられるはず☆

 

私は以前は電気が嫌いでした…だから使わないようにしていました。でも今、お陽さまのエネルギーをもらって電気を作れるようになって、電気が好きになりました。

 

今に意識をおいて今できることをやってみる。。そのことの繰り返しが、暮らしをつくっていくのだと思います「^^」

 

いつでもお気軽にお問い合わせくださいね。

 

また続きの「畑のかおりたいむ」をやりたいなぁと思います。

ひと冬温めて、また次の春にお会いできることを願っています。

0 コメント

2018年

9月

29日

3回目。

9月28日(金)にセルフケア上級編10回講座の3回目をいたしました☆

 

前回の講座のあと、台風と地震があり、このひと月が、とても長く感じられました。お互いの無事を確認しつつ、地震のときのセルフケアの体験談など、情報交換から始めました。 とっさのときにどう考え、どう行動するかは、人それぞれ違いますよね、物資や電気の滞りをどう受け止めいかに暮らすか。。母親として地震の揺れのときにどう子どもに接するか。。根っこにあるインナーチャイルドも揺すぶられます。。

 

毎回、ご質問をたくさんいただきます^^ 前回のアンケートのご質問から*

サポートChoに含まれる腸内細菌の特徴、エキノコックスに対するホメオパシ―的対応のしかた、急性症状にZENメソッドで植物と動物レメディ―を組み合わせるポイント、各マヤズムに対応する鉱物レメディ―について、髪をサポートするレメディー、根本体質がCalc.の人にどうレメディ―calc.を使うか、TSのレメディ―をどう使うか、 などなど。。などなど。。「^^」

 

受講者さん方、ほんとにホメオパシ―が好きで、日々の生活のなかで真剣にセルフケアをされていることが伝わってくるご質問ばかりで、うれしくなります*^^* 出来る限り「知りたい!」ことにお応えしたくてお話ししていると、予定している本題の時間が足りなくなって、いつも「時間たりないね…^^¡」となってしまいます。 ですがっそれもお茶の間勉強会の良さです☆

 

さて本題☆

今回の理論は、レメディ― ポーテンシー プルービング マテリアメディカについて。由井寅子ホメオパスの『ホメオパシ― in Japan』を一緒に読みながら。ハーネマン『Organon 』の一次作用二次作用のパートをベースにしつつ、前回のバイタルフォースのお話しをさらにほりさげてお話ししました。 

 

バイタルフォースにはたらきかけて自己治癒力にスイッチを入れるレメディーは、希釈振盪することで物質のなかの構造パターンをとりだしたもの。。鉱物、植物、動物、病原菌、不可量物、ジェムレメディーの特徴をお話していたら、ジェムレメディ―の「-E」をお話しすることに^^ 

 

インナーチャイルドにはたらきかける「-E」のつく鉱物のエッセンス。。感情のいちばん根本にある「恐れ」の感情。愛されないことへの「恐怖」をいちばん深い根本にもって生きていることを突き付けられたとき、大きな恐怖と不安が湧いてきます。ハートチャクラのジェムレメディ―をとることで、感情が湧き出して向き会うなかで、自分ひとりでは辛くなることがあります…そのときの助けになるバッチフラワーエッセンスについてもお話ししました。今回は、C-5恐怖とC-21不安定について。 過去に傷ついたインナーチャイルドを抱えていることで今を生きることに恐怖や不安をもっているときにサポートしてくれるエッセンスになると思います。

 

お-お-き-く脱線しながら…^^¡ 本題にもどって。。

症状に最同種のレメディーをとったときの一次作用と、バイタルフォースがはたらく二次作用。。6C 30C 200C のポーテンシーの使い分け、プルービングとマテリアメディカについて。。お話ししました。

 

マテリアメディカは前回取り上げた、calc. carb-v. Ferr-p. Mag-p. Sulph. を急性症状にメインのレメディ―と合わせて使うときの演習をしました。ミネラルのレメディ―を合わせて使うことができたら、セルフケアの幅がとっても広がりますね^^v

 

セルフケアの腕を上げるのに、たくさんレメディ―を覚えればいいような気がするかもしれませんが、今出ている症状に、同種のレメディ―を見つけて、そのレメディーをどのポーテンシーで、どのタイミングでとるかをよく考えると、レメディ―が心身にどうはたらきかけているのか、という理論を知っていると、判断基準がしっかりしてきます。そこからリピートのタイミングや組み合わせ方も、おのずと見えてくると思います☆ 

 

かなりわいわい^^ちょっとうるうる¡¡ いつも真剣に前向きに、上級編をひらいています。 ゆっくりしっかりご一緒に学んでいきたいと思います☆ 雪にとざされて冬休みに入る前に、あと何回できるかな。。次回もお楽しみに!

 

良い学びのひとときに感謝*^^*

0 コメント

2018年

9月

28日

6回目。

地震に遭われた方々、その後、すこしは落ち着いてきているでしょうか?

現況のメールをくださった皆さま、ありがとうございます。ほっとしたり、案じたりしております…

 

引き続き、皆さまのことを思いにとどめて、風織の受付けをいたしております。お気軽にご利用ください。 

 

日本ホメオパシ―医学協会から、被災された地域の方々に無料配布の「サポートAAA」が、まだ若干、在庫があります。ご入用な方にお渡しいたしますので、遠慮なくお声がけください。

 

地震の影響で延期になっておりました、「36基本キットセルフケア上手になろう7回講座」の6回目をいたしました。

 

テーマは「身体の疲れが溜まったときに」

身体に疲れが溜まったときに、家族の体調管理に役立つレメディ―のご紹介でした^^

 

酒石酸アンチモンから作られたAnt-t. 、いま現代と同じように、現代医学と自然療法が二極化していたガレノス主義の医師たちと、パラケルスス主義の医師たちがいた当時から、パラケルスス主義の医師たちに万能薬として多用された酒石酸アンチモン。。食べたものを戻してしまうほどのつよい咳にAnt-t. 

 

火傷と膀胱炎のNo.1レメディ―Canth. 焼けるようなヒリヒリする炎症に適応する。陰茎の腫れから残尿感があるときに、急性のZenメソッドで、Canth. Bar-c. Merc. Sulph. を合わせて使うことで急性症状が改善したケースのご紹介。

 

喰うか食われるかの瀬戸際で生きている肉食植物モウセンゴケから作られたレメディ―Dros. 、その植物の精神を反映しているDors. の精神「深く息ができないことから肺の機能が低下する傾向、言いたいことが言えずに言葉を飲みこんでしまう傾向」から犬吠様の咳に。また足首の弱さに。インナーチャイルドを背景に身体症状をとらえること。

 

Nux-v. と同じマチン科のレメディーIp. 。つよい嘔吐と、吐くほどのつよい咳に。子どもの異物誤飲や嘔吐下痢、つわりの吐き気全般に適応するIp.  Ant-t. の舌の白さに対して、Ip. の舌はきれいなピンク色。咳に適応するレメディーは外気で好転するレメディ―が多い。

 

母の意に添って生きることに慣れてしまって、自分の感情を押し込めてしまうことに慣れてしまうと、自分らしい子ども期を生きれなくてインナーチャイルドをつよく抱えてしまったときのNat-m. 。長年抱えた悲しみが、身体の症状に落とされて、水分代謝の不調、分泌物が多く、むくみがある、甲状腺の問題、ヘルペス、等にNat-m.  傷つきやすく、でも同情を求めず、人前で泣かないNat-m. 他者に世話を焼いて感謝されることで自分の存在を確認することに慣れてしまっている人に。

 

元素の周期表、15族に属するレメディ―は咳に適応するものが多い、Phos. もそのひとつ。前回の7回講座で触れたマヤズム、結核マヤズムを内在するPhos. その場の雰囲気を感じ取るのがうまいのと同時にその雰囲気に疲れやすい傾向をもっている。咳が出やすく、声が枯れたときに適応する。

 

今回は、ふだん起こりやすい症状で、でも病院に行くまでもない症状に対応するレメディー、とくに呼吸器に関するレメディーをとりあげました^^

 

36基本キットのなかのレメディ―で呼吸器にかかわるものをピックアップ。そしてキッズキットの中のレメディ―で呼吸器にかかわるものもピックアップ。咳の特徴を比較して、イメージを具体化してみました☆ 咳や痰は必要があって出ていること、レメディ―を通して、どのように治癒していくのか、お話しいたしました。

 

真剣にご参加くださって、ありがとう^^*ございました。たのしいホメオパシーな ひとときでした🌿

 

次回は10月12日(金)11:00~13:00となっております。7回講座最終回です! ご参加お待ちしています「^^」 

0 コメント

2018年

9月

08日

今日使えるでんき 13.5V。

地震からふた晩たちました。

 

その後、いかがお過ごしですか?お元気ですか?

 

電気が復旧してきましたが、節電の呼びかけがありますね。

ほくでんからやっと作られた電気、待ちに待った人たちが一気に消費してしまうのは、当然ですよね…

 

いつもある電気がないことで不便な時間を体験した方々、これから長引くかもしれない地震後の不自由さに不安を抱えている方々に、お見舞い申し上げます。

 

センター風織が、この10年ほど無理なく実践してきた、電気を極力使わない暮らしを、少しずつ、お伝えしていきたいなと思います。

 

写真は、今日の午前中の、オフグリッドソーラーパネルから取り入れた太陽光の電力をバッテリーに蓄えている電圧 13.5V。天候は晴れ。電気を使っても次々送電されるタイミングをみて、洗濯機を使いました。

 

バッテリーに負担をかけないように、洗いと脱水を同時にしないことがポイント。洗いに使う電力は最大で250Wほど。脱水に使う電力は最大で350Wほど。これだけの電力を使うと、バッテリーの充電は一気に12.3Vほどに下がります。陽が照って、またバッテリーの電圧が高まったら、PCでメール連絡、これに40Wほど使います。

 

お陽さまの照り具合を見て、しごとをすすめます。。お天道さまのごきげんに合わせて、そのとき使えるだけの電気を使わせてもらう。。オフグレッドな暮らしのリズムです。

 

なので、必然的にいつも節電モードな暮らし方になるのですが…

 

☆今回のメディアの情報など聞いていると、電気がないと、トイレの水を流せない…これは、バケツで水を流してもOK. おふろの残り湯や、二層式洗濯機であれば最後のすすぎの水でもOK. 以前住んでいたアパートは電気で水を流すトイレだったので、いつもバケツに水を汲んで流していました。これは電気と水道水の両方を節約できます☆

 

☆電気がなくてもご飯が炊けます^^

土鍋、または厚手の鍋で、ふたの合うもの。電気炊飯器で炊くときと同じ要領で、お米を研いで水を切って、精米1合に対して、水180㏄を加えて30分浸水します。火にかけます。中火で加熱して、ぶくぶく泡立ってふたが動いて来たら、弱火にします。弱火にして加熱を続けて、かすかにぱちぱちして来たら、火を止めます。10分ほど蒸らしてからふたを開け、ざっくりしゃもじで混ぜます。鍋は水加減をしたときに半分以上、上が空いていることが、吹きこぼれないポイントです。2~4合が炊きやすいです。お豆や具材を入れて炊き込むときも同じです。炊き上がった鍋を厚手のバスタオルや小ぶりの毛布で包んでおくと、保温もできます☆ 鍋で炊いたご飯は一段とおいしいですよ。

 

☆冷蔵庫に入れなくても保存のきく食材は、思いのほかあります^^

調味料や野菜、果物、納豆など、常温でも、日持ちするものがけっこうあります。肉類はすぐ食べない分は、味噌漬けにして、食べるときに湯がいて味噌を落とすと食べやすいです(1週間以内に食べきることを目安に)。魚もすぐ食べない分は、加熱してから玉ねぎなど一緒に塩と酢の効いたマリネに。豆腐やキノコ類は購入してから発砲や保冷バックに入れて、なるべく早く使う。。などなど、冷蔵庫の電源を入れない、または、冷蔵庫に入れるものを減らすことで消費電力も電気代も大きくカットできます☆ 

 

注)冷蔵保存の食材を使う習慣のある身体は、常温のものを食べる消化機能に馴染むまでに少々、消化器系のトレーニングが必要な方がいると思います。無理のない範囲で健康管理をしてくださいね。

 

*冷蔵庫なし生活をする身体をつくるホメオパシ―ケア*

 消化に自信がないとき…Ars. Puls. Nux-v.など

 消化吸収を高める…サポートCho MT)Aven. Calc-p.12x など

 お腹が弱いとき…Pet06 Varet. など

 

*日々の暮らしに愛着がでてくると、続けられます^^*

0 コメント

2018年

9月

07日

お見舞い申し上げます。

写真:ホーリーバジル

 

北海道で胆振地方を震源に大きな地震がありました。地震に遭われた方々に、心からお見舞い申し上げます。

 

そして、

地震前日の台風の直撃で被害を受けておられる方々に、あわせてお見舞い申し上げます。

 

いつもの電気、水道、交通網に、地震の影響が出ている地域の方々、ご無事でしょうか?

 

今年の不安定な天候…入れかわり訪れる、冷夏と長雨、高温と湿気、強風、等に疲れが溜まってきているところに、台風21号の打撃は、田畑に大きな爪痕を残して、いまだに修復ができていません… 寝不足のところに翌未明3:08、大きな揺れの地震に見舞われました。 台風の倒木や電柱の損傷で道路の閉鎖があちこちに見られる中、地震で信号が消えて、今も復旧していない道路があります。周辺の人たちの心身の疲れがピークにきています。

 

当別も余震が続いています。電気は6日夕方には復旧しました。さいわい水道とガスに影響がなく、生活面の不具合は最小限にとどまったようです。学校は来週月曜から再開予定、近隣のコンビニは営業しているものの商品棚は空っぽです。当別発のJRはまだ運休しています。【9月7日(金)夕方時点】

 

センター風織も、おそろしい大きな揺れを受けました。ですが、書棚も食器棚も保存瓶棚からも、何ひとつ落ちたものがなく、神棚の榊もまったくずれることなくいつも通り凛と立っていました。被害の状況を知れば知るほど、奇跡的に助かった気がします。 揺れがおさまってすぐ、オフグリッドソーラーで灯りをつけ、ラジオで速報を聞くことができ、陽が出てからは、太陽光で洗濯や携帯電話の充電もできました。 台風の害をまともに受けた風織畑ですが、少しずつ野菜とハーブを摘んできて、食事をすることができます。

 

ご心配いただき、メールくださった方々に心から感謝、あたたかさに、心と身体が涙を流すことを思い出しています。

 

そして、風織のオフグリッドの暮らしを思い出して、停電など不自由な現状をたのしみをもって、向き合っておられるクライアントさん方々からの連絡に、すこしほっとしています。

 

目の前の状況が変わらなくても、とらえ方を変えることで、状況を乗り越えていけるのではと思います。 レメディーでケアしながら、心と身体をつよく持って、今と向き合っていけますように。。

 

どうぞ、みなさまお元気でありますように🌿

こころから願っています。

風織は通常にて受付けしております。お気軽にお問い合わせください。

 

9月の通信が、台風と地震の影響で、ヤマト便が不通のため送信出来ておりません。状況がととのいしだい発送させていただきますので、すこしお待ちくださいね。 9月の風織の予定は、トップページをご覧ください。

 

*今おすすめのセルフケアレメディー*

サポートAAA…心身がうけたショックに

Ars.…これから先の不安に

Phos.…たくさんの情報に疲れてしまったら

Rhus-t.…今は頑張っているけれどほんとは疲れているときに

Chin.…食事や排せつなど、いつもと勝手が違って身体が消耗しているとき

Arn.…身体の疲れと、こころの傷に

Nux-v.…現状を飲みこめなくて胃が病むときに

Cocc.…余震の揺れに酔っているとき、寝不足のとき

Ign.…今を乗り越えるために

Mag-p. Ferr-p. calc. Moly. Sel. など各12X …細胞の基礎力の維持に(バイタルキットに入っています)

Thym-gl.…免疫をたかめるために、心の温度をあげるために

0 コメント

2018年

9月

01日

畑のかおりたいむ。

今シーズンはよく分からない天候のまま夏が過ぎ、秋のはじまりの風が吹いています。「畑のかおりたいむ」をいたしました🌿 

 

ようやく咲いたカレンデュラ。ほどよい陽差しとほどい風に恵まれて、カロチンを含んだ橙色がまぶしくひかります。 

 

今回のテーマは「メディカルハーブとすごすじかん」

いま風織畑に咲いているハーブたちのご紹介、摘み取ってお茶にしたり、ゆっくり楽しみました*^^*

 

活動の様子をかおりたいむ2018に載せていますので、のぞいてみてください🌿

 

    * * * * 

身体が思うように動かないとき、

こころに抱えたことがいつまでの解決しないとき、

目の前の現実を受け入れないといけないとき、

良かれと思った子育てに自信を無くしているとき、

 

疲れていちど立ち止まったり、うずくまったりしてしまいます。

 

そんな時にも、身体の中に在る‘ちいさなしぜん‘は生きることをあきらめずに、‘おおきなしぜん‘と繋がろうとしています。

 

その内なる自然を信じてほしいと思います。ここまで一生懸命生きてきた自分を認めてあげられたら、そのすべての道のりが、今を生きる糧になります。

 

風織の健康相談や勉強会にいらっしゃる方々の、こころの声を聴きながら、おひとりおひとりの、真摯にご自分と向き合う姿に心打たれることが多々あります。模索しながら今と向き合う日々の繰り返しが、より自分らしい今を生きることに繋がりますように。

 

畑に立ちつつ、いつも、おひとりおひとりのことを思い返しています。

0 コメント

2018年

8月

25日

ありがとう。

「36基本キットセルフケア上手になろう☆7回講座」の5回目をいたしました。雨模様のなか、当別まで足を運んでくださって、ありがとうございます🌿

 

今回は、インナーチャイルドのお話しをしながら、「疲れちゃったな…そんなときに」をテーマに、Cham. Chin. Ruta. Sep. のご紹介でした^^♪

 

インナーチャイルド。。

何となくわかるけれど一体その正体は?

生まれたときに持って生まれた自分らしい感じ方。

育つうちに、まわりの大人たちの価値観を与えられて、

ほんとの気持ちより、与えられた価値観で生きることに慣れてしまって…

気付いたら、悲しいときに泣かない、、

怒りたいときに笑ってみる、、

悔しいときに平気な顔をする、、

そんな大人の自分になっていませんか?

 

我慢の分だけイライラして、

自分らしくないことに疲れて、

自分のなかのインナーチャイルドが息苦しくなっていませんか?

 

怒りと痛みに耐えられないときにCham.消耗したときにChin. 自分を責めてしまうことが関節を硬くしているときにRuta  こころも身体も枯渇してしまってイライラが止まらないときにSep. などなど。

 

写真は、Cham.  Ruta 風織畑で咲いたカモミールとルータです。インナーチャイルドと向き合うときに、心つよいアイテム、ベイリーフラワーエッセンスのご紹介もいたしました^^

 

痛みのレメディ―の比較、衰弱しているときに適応するレメディーの比較、骨の症状に適応するレメディーについて、などなどお話ししました。

 

いかに生きるか。。何に価値を置くか。。どうして疲れているのか。。米粉って、小麦粉って、波動って、モバイルハウスって、電気って、、何を自分の導き手として暮らすか。。お話は尽きません^^ 講座を通して、ご参加の方と出会うことができ、ホメオパシ―を共通言語にして、たくさんのお話しを出来ることに、こころから感謝です。 この講座をエネルギーにして、また次を生きる糧をつかんでいただけたら、とてもうれしいです「^^」

 

次回は6回目、9月8日(土)14:30~16:30

「身体の疲れがたまったときに」をテーマにレメディーのご紹介をいたします。お茶の間勉強会に参加したいなというかた、どなたでもお気軽にお申し込みくださいませ☆彡 お待ちしています。

0 コメント

2018年

8月

24日

にかいめ。

夏休みが終わり、2回目の「セルフケア上級編10回講座」をいたしました。盛り沢山で時間の足りない3時間、たのしい学びに感謝。

 

今回のホメオパシー理論は、同種の法則 バイタルフォース 治療とは?について。

 

ハーネマンのキナの木の皮のプルービングの話から、同種の法則を根本原理とする自然療法 ホメオパシ―について 同種療法の歴史 パラケルスス『医師の迷宮』から’内なる自然’のこと 同種療法が日本では身近なところに’おばあちゃんの知恵袋’のように存在していること 超微量の法則から希釈振盪の復習 などなど。。分かっているようでちゃんと向き合うと奥が深いホメオパシーの基礎の基礎、いっしょに『ホメオパシ―in Japan』を読み返しました。

 

では、同種療法をどうやって実践するの?レメディーをとったときに、身体のなかで何が起こって治癒に導かれるのか…「バイタイルフォースくん」の紙しばいを使ってお話ししました^^  生命エネルギーの滞り 希釈振盪されたレメディーの作用 ’流す’ということ ハーネマンのいう’健康’とは などなど。。知らなくてもレメディーは使えるけれど、知って使うとちがうよね☆

 

前回に引き続き、レメディーについて。。

好転反応、治癒の方向性 薬との併用や病院の必要性など、ご参加の方々の体験談もお聞きしながらお話ししました。

 

今回のマテリアメディカは、マヤズムを考慮して急性症状にミネラルレメディーを組み合わせること。急性症状にCalc. をいっしょに使って改善したケースをご紹介しながら、日頃セルフケアの場面ですぐ使えるミネラルレメディーのとり入れ方をお話ししました。Sanic. やMerc. のレメディ―についてもご質問いただきました。 今出ている急性症状をレパトリーで調べて、見つけたレメディをマテリアメディカで部位や基調が当てはまるか調べることができれば、『ホメオパシーin Japan』と36基本キットだけでも、セルフケアの対処の幅が広がることを練習しました☆(それでだめならホメオパスにご相談を^^)

 

この夏、お子さんのセルフケアに明け暮れたり、ご自分のインチャをつきつけられたり、ご参加の方々それぞれに、暮らしの中で思うことあって、参加してくださいました。ホメオパシーを学ぶことが、心と身体の栄養になって、より日々を充実できる一助となればうれしいです^^♪

 

やはり時間切れ…伝えたいことたくさん。。ご質問もたくさん。。

でも10回講座のいいところは、また次回につづきができること☆彡

演習問題をたくさん出してしまった片山…家事育児のあいまに学ぶホメオパシーもまた魅力ですから^^ またひと月後につづきます。

 

今回のハーブティー🌿アップルミント*チェリーセージ*レモンバジルでした

 

写真のハーブは、ミュルフォリューム*コリアンダー*アルファルファ*チェリーセージ*アップルミントでした🌿  

0 コメント

2018年

8月

04日

風が織り成す。

7月は、長雨と、そのあとの異常な湿気と高温…畑には酷な天候でした。その間に、アブラムシが大発生して、キュウリが枯れてしまったり…かぼちゃやなす、ズッキーニも伸び悩んで、大豆の先端にも虫が巣食って伸び悩んで…どうしたらいいかな、、と悩んでいました。

 

「畑のかおりたいむ」も出来ないかな、、と思ったり。

 

でも、アブラムシの着いた葉を牛乳で洗ったり、酵素液を入れた水をやったり、毎日ようすをみていると、ちょっとずつ息を吹き返そうと頑張っている野菜とハーブたちがいることに気付きました。

 

「風織」とセンターの名前を決めたときのことを思い出しました。

 

実りをもたらすさわやかな風は、やさいとハーブたちをはぐくんで、たくさんの食糧を与えてくれる。と同時に、暴風となって、あっという間に、すべてをなぎ倒していくこともあるし、無風でじっとりと畑を枯らしていくこともある… 恵みを与えてくれるときを平等と呼び、残酷を与えるときを無差別と呼ぶ。どちらも同じ風なのに。

 

風が織り成す、すべてのことをありのままに受け入れて、手に入るもに感謝し、手に入らないものに感謝し、反発しないで生きること。。

 

これさえなければ幸せだったのに…の思考回路は、「この痛みさえなければ」「この悩みさえなければ」と自分の一部を排除していく。それでは本来の自分を取り戻すことは出来ないんだよ。。ということをおしえてくれるのがホメオパシー。

 

この痛みも自分の一部、この悩みも自分の一部。。

この風も、この天候も自然の一部。。

そうやって、出来事をそのまま受け入れていくことで、

目の前の現実に感謝することを覚えていけるように。。

 

このホメオパシーセンターを「風織*かおり」と呼ぶことにしました。

 

今そのことをあらためてつきつけられています。

 

うまくいっていない畑でも、暮らしが続いている限り、皆さんとかおりたいむをシェアしたいなと思います。そんな「畑のかおりたいむ」を7月28日(土)にいたしました。様子をかおりたいむ2018に載せております。のぞいてみてくださね🌿

 

身体に不調を抱えた方、こころに悩みを抱えた方の窓口をいつもひらいております。お気軽にお問い合わせくださいませ。少しずつ、元気が増えていきますように^^ 畑とともにお待ちしております*

 

次回の「畑のかおりたいむ」を9月1日(土)に予定しています。先着順ではありますが、皆さまのご参加をお待ちしております。 ホメオパシーの実践の学びは、次回8月25日(土)「36基本キット☆セルフケア上手になろう7回講座」5回目を予定しております。こちらもお気軽にどうぞ^^

 

詳しくは勉強会のおしらせをご覧くださいませ~*

 

写真は、土を元気にしてくれるレメディー、Ph-ac.  Mag-ph.  Cimic.  MT)Cham.  詳しくは「かおりたいむ2018」に載せています🌿

0 コメント

2018年

7月

14日

こんなに。

ようやく雨が上がって、気温のたかい日となりました。

今日は、風織つきいちの「36基本キットセルフケア上手になろう☆7回講座」の4回目をいたしました^^

 

早くも4回目。だんだんキットの中のレメディーをマテリアメディカとしてとらえることに慣れてきて、レメディーをいろいろ試したくなるころ(かな^^?)

 

今回のテーマは「プラスワン!鉱物のレメディーたち」。

さらにレメディーを使い込んでいただけるように、キットの中のレメディーを組み合わせて、ホメオパスのレメディー選択にちかい使い方をお伝えいたしました^^V

 

ここで触れておきたいのが、マヤズムのこと。。

症状の根本にマヤズムがあり、急性症状にレメディ―を使うときにも、このマヤズムが穏やかな状態で、適応するレメディ―を使うことができるように、鉱物のレメディーを組み合わせて使うことができます。今回は、Calc. Carb-v. Sulph. Ferr-p. Mag-p. についてご紹介しました。根本体質を考慮したうえで、今でている急性症状のレメディーに、ミネラルのレメディ―を合わせて使うポイントや、そのときのポーテンシーの選び方、などお話しいたしました。

 

Zenメソッドのことや、ポリクレストレメディ―について、12Xの特徴、ミネラルが細胞に吸収される過程、鉄とマグネシウムの関係、などなど。。

盛だくさんで、時間が足りない感じ。。でも、ご参加の方、熱心に質問をたくさんしてくださって、とっても楽しいひとときでした^^

 

時間がもったいなくて、ご質問にお答えするのに、黒板をなんども上書き…こんなにたくさんな、学びとなりました^^V

 

ちいさな人たちも、お母さんが勉強している横で、しずかに遊びながら待っていてくれました。子育てに手がかかるときが、いちばんレメディ―を使いたいときですものね☆^^☆ それを肌で感じている子どもたちは、ちゃんと待っていられるのですね♪

 

ご参加の方々、お疲れさまでした&ありがとうございました~*

 

次回5回目は、8月25日(土)14:30~16:30を予定しています。

テーマは「疲れちゃったな…そんなときに」です。

継続のかた、単発受講のかた、どなたでもご参加いただけます。お気軽にお申込みくださいませ。

 

今回のがしてしまったぁ~という方には、補講も受けつけておりますので、お声がけくださいね☆

0 コメント

2018年

7月

14日

あたらしい気もちで。

「セルフケア上級編10回講座」を始めました。

 

風織の勉強会にながく通ってくださった方を対象に、さらに本格的にホメオパシーを学ぶ講座です^^

 

1回目、今回のホメオパシー理論。。「症状とは」について、由井寅子ホメオパス著『ホメオパシーin Japan』の講読に『Organon』をまじえて解説をしました。

 

レメディーを使う基礎知識の確認をしながら、ふだんセルフケアしている体験談で情報交換。マテリアメディカは、炎症の中期に適応するレメディーと、炎症末期に適応するレメディーをとりあげました。

 

ナス科の共通点、交感神経優位のときの特徴、Bry. とRhus-t. の比較、インフルエンザに対応できるGels. とインフル症状のときに使えるレメディーたち、Hyper. と浄化作用のあるレメディーの紹介、などいたしましたよ^^ 演習もしましたっ。さすがセルフケア上級者さんたち、すらすらレメディーを見つけてくれました☆^^☆

 

後半のマテリアメディカは。。

ハーネマンが作ったレメディーHep. や、Kali-bi. のクロムの特徴、常温で液体の金属Merc. の特徴、解毒を促すNux-v. 黄色い分泌物をもつ植物レメディーPuls,  Sanic. とPyrog. の比較、など黄色い膿をもったレメディーたちの使い分けをお伝えしました。

 

急性症状にキットの中からレメディ―を使うだけではなく、ハーネマンが書き記したホメオパシーの理論をもとに、MMを把握したうえで、今この症状にこのレメディーを選択することを、ご自分とご家族に、実践していただけるように、一歩ふみこんだ内容をお伝えしていきたいと思います☆彡

 

そして、学びを通して、ご自分と向き合う機会ができて、うれしくなったり、涙がでたり。。少しずつご自分のことを今よりもっと好きになっていただけたら、うれしいなと思います☆

 

片山がホメオパシ―に出会ったのは『ホメオパシーin Japan』を通して。まだ小さかった息子を寝かしつけたあと、読み始めたら止まらなくなって、ひと晩で一冊読んでしまって、翌朝には、由井ホメオパスが来札するセミナーを申し込んでました(笑)セミナー会場の後ろで、息子をおんぶって立ったままいちにち受講したのを思い出します。。

 

それからあっという間の13年。。いま、ホメオパスとして、そのときにたくさん書き込んだ『ホメオパシ―in Japan』を、今いちどじっくり読み返して、あらたな方たちと学ぶことができて、あたらしい気もちです。

 

写真は。。雨続きの札幌方面できれいに咲いたあじさいをいただきました^^今回の黒板の一場面と一緒に♪

 

盛りだくさんに、充実したひととき*^^*感謝

 

次回の上級編10回講座はひと月後の予定です^^ ご参加の方々と一緒に成長していきたいと思います^^V

0 コメント

2018年

7月

05日

すごいびん。

雨が続いていますが、みなさん、お変わりないですか?

 

カレーの味がうまく決まらないので、保存食の棚から、びん詰めを探して使いました。使ったのは、2013年仕込みのグレープフルーツ酵素 2016年作のミニトマトジャム 2016年作のすいか糖。。 

 

こんなに長い時間、びんのなかに詰まっていてくれた食材さん、つくづくすごいなっと思います。そのとき使いきれない食材を、保存のきく状態にしておくと、ほんとに必要なときまでびんのなかで時間をとめて待っていてくれます^^

 

すごいです。

 

と同時に、その日付の自分自身ががんばってくれたことにも、ありがとう^^

こうしてそのときの自分に助けられています。

 

* * * * *

 

先日お送りしました Homoeopathy Mail にお返事のお手紙やメール、Faxを、沢山いただいています。ありがとうございます「^^」

 

皆さんのお返事を拝見して、あたたかい気もちになります。

 

その人がその人らしいって、やっぱり素敵です^^

 

上手い下手とか、出来てる出来ていない、とかではなくて。。

人とくらべてどうとか、どこまで出来ればその人らしい、とかではなくて。。

 

今をたいせつに、出来ることをまっすぐに生きていることが、

とても素適だと、思います^^

 

* * * * *

 

7月の健康相談、インナーチャイルドセラピーの受付け可能な枠をお伝えします

 

20日(金)10:00~12:00 

27日(金)10:00~12:00

と、限られてきております。

恐れ入りますが、お早目のお問い合わせをお願いいたします。

 

*入門紙しばい、講座の補講をご希望の方も上記の時間帯でお受けいたします

 

*月・火・水曜日の19:00~20:00は、お電話でのお問い合わせ、応急相談、健康相談の再相談をお受けしております。お気軽にご利用ください♪

 

*講座、かおりたいむのご参加も受付けています。お気軽にどうぞ^^

0 コメント

2018年

7月

02日

どれっしんぐの季節。

 

サンチュやルッコラを摘み始めました。

 

畑のひっこしをして今シーズンはいろいろ遅いですが、畑の野菜たちはみんな、ちょっとずつ大きくなっています。

 

ちょっとずつ食糧をもらっています^^

 

 

この時季は葉物をいっぱい食べたくて、ドレッシングをいろいろ作ります☆

 

ひまわり油、欠かせません^^v

 

*おすすめ*

 ハーブソルト小さじ1

  コリアンダー タイム オレガノ のブレンドがおすすめ^^

 ひまわり油大さじ3

 粒マスタード小さじ1

 レモン汁小さじ1

 白ごま(ひねって)3つまみほど

 

(もちろん、ひまわり油を、なたね油やオリーブ油に代えてもOKです^^)

 

ひまわり油のご紹介は、かおりたいむ2017「冬のかおりたいむ ③ひまわりクッキーと油のこと」をご覧ください^^

 

F1種使用のことはご説明させていただいておりますので、ご使用を控える方もいらっしゃいます。

 

この種から自家採種を繰り返して、今シーズン3年目。元気に育っています。

自然のちからを内在した種かな。。と実感してます🌿

F1種はできるだけ使いたくないなと思います。

同時に種のもつ本来のちからをあきらめてはいけないな、とも思います。

本来に戻りたい種に、最大限に寄り添いたいなと思うこの頃です。。

 

そのいのちの本来の姿を取り戻すことが、ホメオパシーの原点ですから。

 

「ひまわり油 みんなの手」在庫あります。1本¥1100にて。

うち100円は、福島支援のための募金に充てさせていただきます。

0 コメント

2018年

6月

30日

ようやく。

寒い日が続きましたが、ようやく気温が上がってきました。

 

畑で縮こまっていた野菜たちも、ようやく深呼吸をしてすこし緑を増しています^^

 

一週間前に「畑のかおりたいむ」で皆さんと植えた赤水菜とサンチュ、少しずつ大きくなっています。 写真はサンチュ。まだ小さいけれど、本葉が出てきましたよ^^/ 元気にわしゃわしゃ育ちますように☆

 

7月の予定を「今月のお知らせ」に載せています。7月の通信もお送りいたしました。 陽のながい時季は、勉強会など予定が多く、皆さんとご一緒する機会も多くなります。「基本キットセルフケア上手になろう7回講座」と「畑のかおりたいむ」、お申し込み受付中です♪ そして、7月から新しく、セルフケアの上級編10回講座が始まります*^^* どうぞよろしく。

 

適応レメディーをとっておられる方の、経過のご報告もお待ちしております。次の健康相談、インナーチャイルドセラピーのご予約もお早めにどうぞ^^

 

相談に来られる方々が、少しずつお元気になられることを、畑と一緒に応援しています~*

 

新しいページができました。センター風織のハーブたちに「はいチーズ!」とカメラを向けたときの顔が並んでいます。お立ち寄りくださいね*^^*

風織畑さんぽ道からご覧いただけます🌿

0 コメント

2018年

6月

23日

セージの花。

今年はセージの花が咲きました。3年に一度くらいでしょうか。。セージがむらさき色の花をつけます。きれいな花です。ここから種を採ることで何年も繋いできた、だいじなハーブです。

 

今年の春に畑のひっこしをして、ハーブたちの根付きを待っていたら、もう6月になってしまいました。

 

遅ればせながら、今シーズンも「畑のかおりたいむ」を始めました。

 

ご参加の皆さま、たのしいひとときを*ありがとうございました*

 

今シーズンのテーマも、昨年と同じ。。

 

ホメオパシーセンター風織では、

医食農同源の暮らしを、皆さんとシェアしています。

季節にあった心と身体のケア、

旬のハーブと野菜を使ったごはん作り、

土と繋がった手しごとを通して、

心と身体がよろこぶ暮らしをみつめます。

 

今シーズンは、一歩ふみ込んで、もっとオフグリッドに、もっと土の上に立って、もっと暮らしに寄り添ったワークショップにしていきたいと思っています。

 

この春に移転したセンターは、ごく普通のアパートですが、どなたでも、どんな物件に住んでいても実践できる暮らし方を、皆さんとご一緒に見つけていきたい。。

 

もっとオフグリッドな暮らしかたを、出来ることからしっかりと実践していきたい。。たとえばオフグリッドソーラーでの発電、冷蔵庫なしで食材を使う、出来る範囲で畑を続けていく。。

 

皆さんと畑の土の上にいる時間をたくさん作りたい。。

たくさんのリクエストをいただいて、もっと畑作業をご一緒したいなと思っています。今回の「畑のかおりたいむ」では、葉物の苗やハーブの苗を植える作業を、ひもを張り、酵素液を作り、植穴を作って、水を入れ、植え込み、水やり。。などひと通りの作業をご一緒しました。

 

その分、お昼ごはんを作る時間が短くなので、ひと品持ち寄りをお願いしました^^ ご負担が大きいかなと思いましたが、皆さんのすてきなセンスに感動でした。 何をつくって持って行こうか? どんな人が集まるんだろう? みんなの身体によい食材、味付けはどんなだろう? どのくらいの量を作ったらいいかな? 作りたい食材を出来るだけコストをかけずに用意するにはどうしたらいい? など楽しみと思案を両方かかえて、だいじにひと品を持ち寄りしてくださることに感謝です。これはとても大切だな、と思います。

 

「畑のかおりたいむ」でご一緒した時間が、皆さんにとって、明日からまた元気に生きる、こころと身体の糧になることをねがっています。

 

そして、一緒に植えた苗たちの育ちを、また次にお会いするときまで、しっかりと見守っていくことも、またホメオパスの私のしごとです。

 

身体の調子が悪かったり、こころに抱えているものがあったり、暮らし方に納得いかなものを抱えていたり。。いろんな背景をお持ちの方が、ひとつの空間を共有することで、次を生きるちからを、お持ち帰りいただけたら、うれしいです。

 

 

今シーズンもどうぞよろしくお願いします*^^*

 

6月『ハーブソルト作りと塩のこと』の様子をかおりたいむ2018に載せています。のぞいてみてくださいね☆

 

次回は、7月28日(土)10:30~を予定しています。先着4名さま、まだ若干

ご予約いただけます。畑しごと初めての方、お子さま連れの方、どなたでもお待ちしております☆

0 コメント

2018年

6月

14日

amenoato...

6月初めの暑さのあと、急に寒さが来ました。みなさま体調崩されていませんか?当別はこの2日間で、たっぷり雨が降りました。畑に播いた種たちが芽を出し始めています。

 

写真は、昨秋に収穫した油取用のひまわりの種。今年も蒔きました。例年より遅く種を蒔いたので、発芽するかちょっと心配でしたが、雨をたっぷりもらって、うまく芽が出そろいました。元気に育って夏に大輪の花を咲かせてくれるといいな^^

 

えんどうのつるが伸びてきて、レタスの葉が伸びて、玉ねぎの新葉がつんつん伸びてきました。初めて自家採種したにんじんも、ちいさなちいさな芽を出しています^^

 

昨年16粒もらって蒔いた前川金時、秋に収穫して、もっと増やしたくてひと粒も食べずに今年も蒔きました。前川金時色の新芽が土のなかから出てきました。

 

種って生きているんだなぁ。。

当たり前のことだけれど、こうして目の当たりにすると、いつも感動。

種の中には何があるんだろう。

種の中から種よりもっと大きなものが生れてきて、私たちはそれを食べていきることができるって、なんど考えてもすごい。

 

この春は畑をひっこししたので、メディカルハーブたちもおひっこし。

ちょっとかわいそうだったけれど、ハーブたちのちからを信じるしかなかった。移植後、元気に次の葉を見せてくれるハーブもあるし、新芽が出てこないハーブもあります。

 

いちばん元気なのは、Mill. ミュルフォリューム。なにごともなかったかのように、青々としています。深い傷に効くハーブ。その効能どおりに生きているMill. すごいな。

 

写真はもう少し待っててくださいね。

ハーブたちは今、あたらしい土で生きるための根を伸ばすことにエネルギーをつかっているので、もう少しそっとしてあげることにします^^

 

あたらしい畑で、ハーブたちはどんな匂いで、やさいたちはどんな味で生きていくのだろう。来週の「畑のかおりたいむ」では、今できることをひとつひとつ、シェアしていきたいと思います🌿

0 コメント

2018年

6月

11日

排泄上手な子どもたちへ応援レメディー。

「36基本キットセルフケア上手になろう☆7回講座」の3回目をいたしました^^ 今回のテーマは~排泄上手な子どもたちへ応援レメディー。

 

子どもの熱や咳、鼻水など、本来は、日頃の生活のなかで身体に溜まったいらないものを排泄する、子どもが持っている健康に生きるための治癒力。これをうまく排泄できないときに、自己治癒力にスイッチを入れて排泄を促すのが、ホメオパシ―のレメディーの役目です。

 

今回は、身体のなかで起きる炎症反応の中期から治癒するまでに必要なレメディーのご紹介でした^^

 

痰や鼻水が黄色や黄緑色になっているとき、化膿しているとき、血液が汚れているときに適応するレメディー、Hep. Kali-bi. Merc. Nux-v. Puls. Sanic. など、基本キットの中に入っているレメディ―です。

 

皮膚に化膿があるときのHep.  黄色い分泌物とくに鼻の炎症にKali-bi.  口腔内の炎症にMerc.  体内毒の排泄を促すNux-v.  中耳炎など耳の炎症とくに子どもの症状にPuls.  腐ったような体臭にSnaic.  などひとつひとつのレメディーをゆっくり取り上げてお話しさせていただきました。

 

おなじみ『元素のひみつ』(小学館)を使ってクロムや水銀の原物質の特徴を確認したり、マチンシやオキナグサなど植物の特徴をレメディーの特徴と比較したりもしました。

 

へー。。ほぉ~。。自分にあてはまるぅ…などリアクションいただきました^^

希釈して毒性を無毒化しているのに、原物質の作用が保たれているってどうして??っと、やはりホメオパシ―のレメディーの作用に疑問が湧きます。『ホメオパシ―ってなぁに?』のかみしばいを使って、希釈振盪についても復習しました。 それにしてもやはりレメディーの作用は奥深いものがあります。。

 

お話しながら、いろいろ脱線もしながら、お茶の間勉強会、今回も楽しいひとときとなりました。ありがとうございます~*

 

今回ご参加予定で、いらっしゃれなかった方の補講を予定しています。ご一緒に参加されたい方がいましたら、補講の機会にぜひお越しくださいませ。詳しくは、直接メールかお電話にて、お気軽にお問合せくださいませ☆彡

 

(お問い合わせフォームをご利用の方はお電話番号もお忘れなくお知らせください。たまにメールアドレスで返信が届かない場合がありますので、お電話でお返事させていただくことがありますのでご了承くださいませ。。)

 

畑シーズンとなり、早朝・夕刻も畑にいることが多いため、メール等のお返事をお待たせしてしまうことがあり、申し訳ありません、できるだけ最短で順番にお返事させていただいておりますので、よろしくお願いいたします。

 

次回の「36基本キットセルフケア上手になろう☆7回講座」4回目は。。

7月14日(土)14:30~16:30 「プラスワン!鉱物のレメディーたち」

いよいよホメオパシ―のお話も本格的になっていきます。たのしい時間にしたいと思います♪ 通年ご参加の方、単発でお申し込みの方もWelcomeです☆

 

どうぞよろしくお願いいたします*^^*

 

その前に。。

6月23日(土)10:30~13:30 *畑のかおりたいむ*です。

お申込みいただきありがとうございます。定員となりました。ご希望の方には次回以降に入っていただけるようにと思います。こちらのお問い合わせもお気軽にどうぞ☆

0 コメント

2018年

5月

12日

ご参加ありがとうございます*^^*

「36基本キットセルフケア上手になろう☆7回講座」の2回目をいたしました

*^^*

今回のテーマは「風邪をひいたときにおすすめのレメディー」

ご参加いただき、ありがとうございました。

 

前回のAcon. やArs. に引き続き、風邪の症状に対応する、植物のレメディーを5つ、ご紹介~ Bell. Bry. Gels. Hyper. Rhus-t. 。

 

風邪の症状が悪化するとき…と言って共通の基調として、冷えること、天候の変化、動くこと。。など、それに対応するレメディ―の特徴をひとつひとつ、お話しいたしました。

 

交感神経優位の状態にする植物の成分、Bell. とナス科のレメディーの共通点、熱中症の対応するレメディーの比較、Bry. の原物質の特徴とレメディーの性質、便秘のときのレメディーのご紹介、インフルエンザの予防と罹ったときのレメディー、Hyper. と怪我のときのレメディーの比較、Rhus-t. と怪我のときのレメディーの比較。。などなど、お話しいたしました^^

 

黒板は、今日の講座の一場面* * *

Acon. Bell. Canth. Hyper. His. Subumeb. など蜂に刺されたときにすぐ使いたいレメディー

 

Belll. の病理が進行したときのナス科のレメディー、Hyos. とStram. 。それでも下がらない子どもの熱に、Verat.

 

Apis の慢性としてのNat-m. 、そして急性症状に植物、動物のレメディーを、慢性の症状に鉱物のレメディーを使い分けたり、組み合わせて使うこと。。などお伝えいたしました。

 

ここでの講座を通して、ご自宅でセルフケアに使えるレメディーやマザーチンクチャーの幅が広がった体験談をお聞きすると、とてもうれしいです^^V

 

自分と家族の健康サポートとして、ホームキットを活用していただけるように、少しでも実践につながるお話をお伝えできたら☆と思います。

 

多すぎるほどの情報のなかで、自分の身体に軸をもち、自分のこころをより自分らしく、そして、より生きていることを実感できる暮らしができますように。。元気なバイタルフォースを身に着けていただけたら^^と願っています。

 

少人数のお茶の間勉強会☆次回は6月9日(土)14:30~16:30を予定しています。単発のご参加もWelcomeです。そして、1回目、2回目を逃してしまった~っという方には、補講をお受けしています。お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

今のところ補講をお受けできる日程~*

6月1日(金)10:00~ 6月2日(土)13:00~ 2時間を予定しております。受講料は同じ:1500円でお受けしております。継続して講座にお越しいただける方を優先させていただいておりますので、よろしくお願いいたします♪

 

今回も盛りだくさんの内容でした。楽しいひとときに感謝です。

明日からの生きる糧となりますように *^^* 

0 コメント

2018年

5月

11日

今日は補講^^

「36基本キットセルフケア上手になろう☆7回講座」1回目の補講をいたしました。リピーターさん向けの上級編でした@_@V 

 

ご質問も沢山いただきましたよ☆

30Cと200Cの使い分け 粒レメディ―と水ポの作用の違い 家庭ホメオパスになるにはどのくらい勉強が必要? 12Xのミネラルレメディーの使い方 鉱物レメディーと植物レメディーのコンビネーションのしかた 同じレメディーのリピート回数のめやす 月経4日目にNux-v. をとるのはなぜ? などなど。。

沢山のご質問、ありがとうございました^^

 

黒板は今日の勉強のいち場面。。

痒いときのレメディーの比較からUrt-u.  

傷の手当ての説明にBell-p.

Ars. より冷えているレメディーDulc.  

脊髄の損傷にHyper. の説明からSycam-s. とRuta のご紹介 

キンポウゲ科のレメディーAcon. と同じキンポウゲ科のレメディーをあげてみたら、Puls. Hell. Ran-b. など(今時季の山菜ヤチブキは毒性のないキンポウゲ科です) 

ポリクレストレメディーの説明…Acon. のル―ブリックを数えてみました 

呼吸器系のクループ症状に適応するAcon. Hep. Spong. について 

Apis. のマテリアメディアから水分調整のレメディーNat-m. とMoonst-E のご紹介。。 などなど^^

 

盛だくさんあっという間の2時間でした 

 

*おつかれさまでした*

 

明日は7回講座の2回目をいたします☆どうぞよろしく☆

 

【ごあんない】

先日5月7日に「お問い合わせフォーム」から健康相談のご予約をくださった方に、何度か返信差しあげておりますが、届いていないようです。恐れ入りますが、お電話にてご一報いただけますよう、よろしくお願いいたします。

0 コメント

2018年

5月

08日

ちょっとずつ。

センター風織の移転後も、日々たくさんのお問い合わせをいただき、ありがとうございます。立て込んでおりまして、充分に皆さまのサポートができず、返信を待って下さっている方、申し訳ありません。

順番に対応させていただいております。すこしお待ちくださいませ。

 

今週、11日(金)10:00~「36基本キットセルフケア上手になろう☆7回講座 1回目」の補講をいたします。

 

12日(土)14:30~「36基本キットセルフケア上手になろう☆7回講座 2回目」をいたします。

 

すでにお申込みくださっている方々、たのしい時間にしたいと思います^^お気をつけてお越しくださいませ☆彡 これからお申込みご希望の方も若干名さま、お受けいたします。駐車スペースのごあんないをさせていただきますので、お早めにご連絡くださいませ☆

 

今週末、それ以外の時間帯は健康相談のご予約が入っております。

 

そのあと5月後半は、田植え等、農作業のため、ご予約は要相談でお受けいたしております。よろしくお願いいたします。

 

こころの安全な置き所を見つけられないとき、ひとはとても不安定になります。自分で自分を守り切れないとき、生きる一助をくれるハーブたち。センターを移転しても、根付く場所を確保して、ハーブたちの息吹を絶やすことなく守っていきたいと思います。

 

準備ができたときには、畑のかおりたいむも、また新しいかたちで再開したいと思います。また皆さんとシェアしていきたいと思います^^のでどうぞよろしくお願いいたします☆

 

写真はミュルフォリューム。

深い傷を癒してくれる、温かいハーブのひとつ。

こころの奥深くに、

いつもは意識から外れているくらい、深いところに、

インナーチャイルドがしゃがみこんで、

あなたが気付くのを待っています。

 

どう光をあてようか。。

どう近づいていこうか。。

なんと声をかけようか。。

 

迷ってまたうずくまってしまったときに、

安全な場所にこころを連れていってくれるミュルフォリューム。

 

ちょっとずつでいい、楽になっていこう。

痛みを伴って、いらないものを手放したら、

それからがほんとの人生。

 

不安を包み込んで傷を癒してくれるミュルフォリューム。

また今年も咲くといいな。

 

つらいとき、痛いとき、センター風織の窓口を開けてお待ちしております。

0 コメント

2018年

4月

22日

始まりました^^今年度7回講座★

みなさま、こんにちは。

センター移転にともない、年度末は皆さまに連絡無精になっておりまして、申し訳ありませんでした。

 

移転後も変わらず、皆さまにご利用いただき感謝です。おかげさまで、今年度の7回講座がスタートいたしました^^

 

「36基本キット☆セルフケア上手になろう7回講座」の1回目を4月21日(土)にいたしました。

 

3年前に「基本キット7回講座」を、一昨年に「キッズキット7回講座」を、昨年度に「バイタルキット7回講座」をしてきました。皆さまとご一緒に学んだ時間はホメオパスとしてとても貴重な経験です。

 

今年度は、一巡しまして、ふたたび「36基本キット☆セルフケア上手になろう7回講座」をこの4月~10月にかけて月いちのペースで、より深くたのしく、皆さまとご一緒に学んでいきたいと思います。

 

マテリアメディカってなに? 30Cってどういうこと? 同じレメディーでもポーテンシーを変えて使うセルフケアのコツ 原物質の植物・動物・鉱物の特徴とレメディーの特徴 『ホメオパシーin Japan』の使い方 キットのレメディーの組み合わせ方でよりZenメソッドにちかいセルフケアのコツ などなど盛りだくさんにお伝えしていきたいと思います。

 

お茶の間勉強会のよさは、ご参加の顔ぶれによって、一期一会の空間が生れること。。体験談や質問など、皆さまとお話しながら、そのときそのとき唯一のレメディーをお伝えしていきます。テキストからの学びプラスアルファの楽しい時間をシェアさせていただきたいと思います☆彡

 

今回1回目は「無人島に持って行きたいレメディー」がテーマでした^^

はじめてホメオパシーを使う方から「いきなりキットを買うのは勇気がいるので、まずひと瓶用意するならどれがおすすめですか?」というご質問や、「キットをいつもカバンに入れて歩くのはたいへんなので、どれか一つ持って歩くとしたらどれがいいですか?」などご質問いただくことがあります。そんな時のおすすめレメディーをご紹介しました~ Acon.  Arn.  Apis  Ars.  Calen.  について。

当別医療大の薬草園に生えているウサギギク(アーニカ)のお話など、またおなじみの『元素のひみつ』の中からヒ素についてもお話しました☆

 

虫刺されNo.1 レメディーのApis ですが、スズメバチに刺されたときには、マイクロキットのなかのApis+S+C もおすすめ。またホメオパスの適用書が必要になりますが、Apis+His. も有効な場面があることなど、お伝えしました。黒板の写真はそのひとこま^-^

 

Calen. のマザーチンクチャーが知覚過敏に適応している話から、知覚過敏に適応するMT)Plan. Calc-f. などのご紹介もいたしました^^V

 

ご参加の方から、いつも持ち歩いているレメディーをご紹介いただくものとても参考になります☆^^☆

 

勉強会の前後の時間はこころの中をことばにする自由なひとときです。。

インナーチャイルドのこと、この頃思うこと、子育てのなかで感じていること。。などなど^^

 

今回の風織畑のワンドリンク*レモンバーム アップルミント セージのブレンドでドライハーブティーでした♪

 

今回の補講を5月11日(金)10:00~2時間のお時間で予定しております。今回のがしてしまったーっ、という方はぜひ☆

 

そして。。

2回目「風邪をひいたときにおすすめのレメディー」

5月12日(土)14:30~16:30

を予定しています。お申し込みは随時前日まで、3名さまほどで予定しております。お早目のお申込みをお待ちしております。お子さま連れOKです。お気軽にお問い合わせくださいませ♪^^♪

詳細は勉強会のおしらせをご覧くださいませ。

 

恒例になりました「畑のかおりたいむ」もただいま準備中です。ごあんないさせていただきますので、すこしお待ちくださいね。こちらもどうぞよろしく^^お願いいたします☆

0 コメント

2018年

1月

13日

お大事に。。

ほんとにインフルエンザ、大流行ですね。

こちらのセンターにも、連日のように、インフルエンザのお問い合わせがあります。

 

丸2日間ほど、38℃以上の発熱があって、そのあと、だるさや食欲不振など体力が回復しない日が続くケースが多いようです。

 

1月の風織通信に載せた、インフルエンザの予防と罹ったときの対処のレメディーをセルフケアで使ってみて、それでも調子が悪くて、お問い合わせくださる方が多いです。

 

TS-34 Influ.200C  Oscill.200C  などはすでに使ってみて、熱は下がったけれど、そのあとの調子の悪さにどのレメディー? …となると、その方によって適応するレメディーが少しずつ違ってきます。

 

罹ったかな?というときに、まずAcon. ですが、サポートAAAやFerr-p.12Xも同時に使うといいです。

 

罹りきるまで、サポートHai  サポートChoを水ポーテンシーで続けてみるのも大事です。そこにMag-p.12X  MT)Echi なども一緒に入れてみるのも。

 

高い熱にはBell.ですが、子どもにはとくにPuls. 下がらない熱にVerat.  発熱時の夜驚にStram.  上がったり下がったりする熱にEup-per. やBry. など。

 

身体の痛みが強いときには、Rhus-t.  とあわせて、Hyper. や Arn. を使うのも手です。

 

悪寒とヒリヒリ感にはArs.   胃の不調にはNux-v. やPhos.  Ip.  体力の消耗にはChin. やGels. など。

 

回復してきたら、MT)Echi.  Ars.  Pyrog.  そしてTS-34 など、ウイルスの侵入で汚れた血液を掃除してくれるレメディーが予後におすすめです。

 

ほかにも色々ありますが、どなたにも使っていただけそうなものをあげてみました^^

 

レメディーの簡単なご説明ですと、お電話10分ほど、またはメールにて、お受けしています。その方の症状の特徴に合わせてレメディーを検索する場合は、細かくお話を聞き取させていただいて、ご自分で購入可能なレメディーを出来るだけホメオパスの適応レメディーに近いかたちでお伝えしています。30分ほどお時間をいただいています。こちらは応急相談30分2000円にてお受けしております。

 

罹ってしまったら、身体のお掃除だと思って、うまく罹りきれるようにホメオパシーでケアされるのも、選択肢のひとつです。お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

まずは皆さま、ご自愛くださいませ*^^*

 

1月の風織通信を読んでくださった方から、たくさんお返事をいただいております。ありがとうございます~*

0 コメント

2018年

1月

01日

新年。

新しい年を迎えました。

 

皆さま、いかがお過ごしですか♪

 

昨年中は、たくさんの皆さまに支えられて、ホメオパシーセンターを風織らしく歩ませていただいたことに、心より感謝申し上げます。

 

当別にてセンターを開設して、この春で3年が経ちます。

 

地元とうべつの方、江別・岩見沢方面の方、当別寄りの札幌の方、学園都市線沿線の方を中心に、ご利用いただけるセンターとして、微力ながら定着してまいりました。

 

畑のあるホメオパシーセンターとして、お越しの方が、ほっと安心して、ゆっくりお話できる、ちいさなスペースを大切にしています。かかえている症状が少しずつ楽になって、こころに詰まったものが少しずつ軽くなって、生きるちからがもどってくるように、その方の「元気ないのち」のお手伝いをさせていただいています。

 

これまでも足を運んでくださった方々、これから訪ねてみたいなという方々、2018年も、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

元旦の当別神社は、穏やかな冬晴れで、凛とした空気が漂っていました。

身体すこやかに。。心おだやかに。。大地やすらかでありますように。。

皆さまのご多幸をお祈り申し上げます。

 

♪たくさんお年賀状をいただきました~

とっても嬉しく拝見しております^^ありがとうございます♪

0 コメント

2017年

12月

31日

2017ありがとう。

 

~センター風織の軒下 ずっしり雪が積もっています~

 

2017年もいろんなことがありました*感謝を込めて* 

 

〈冬*冬のかおりたいむ〉

畑の保存食を活用したレクチャー「冬のかおりたいむ」をしました☆

 1月 「ハーブソルト作りと塩のこと」

 2月 「心にとどくハーブティー」

 3月 「ひまわりクッキーと油のこと」

*活動の様子はかおりたいむ2017からどうぞ^^ 

 

〈春*2017年度勉強会とワークショップ スタート〉

「36バイタルキット☆セルフケア上手になろう7回講座」4~10月/月1回

「畑のかおりたいむ」4~10月/月1回

バイタルキットのミネラルレメディーの勉強会は、少々上級編…むずかしかったかもしれませんが、熱心にご参加くださり、ホメオパシ―理論と実践をお伝えできた貴重な時間となりました。

「畑のかおりたいむ」には各回とも、たくさんの方のご参加をいただきました。「耕すところからごはん作り」に徹することで、たくさんの元気な笑顔に出会えました♪^^♪ ご参加、心より感謝申し上げます。

 

〈夏*畑とともに〉

大雨の多かったこの夏はハーブの育ちがなかなかうまくいきませんでしたが、みどりいっぱいの畑をたくさんの方とシェアさせていただきました。健康相談にお越しの方には、その方に合わせた摘みたてハーブのお茶をご用意して、ゆっくり過ごしていただくことに^^

 

〈秋*収穫物の保存に忙しく〉

ハーブ、トマト、玉ねぎ、豆、ゴールデンバンダム。。びん詰めや乾物にして冬場の食糧を保存しました。この時季は初めての方のお問い合わせも多く、たくさんの出会いに感謝です^^ 各勉強会も寒さを迎えるとともに終了しました。

 

〈また冬*相談室を温かくしてお待ちしています〉

雪深い当別の冬場は電話相談の方が多くなりますが、直接お越しの方には、温かい野草茶と足元の湯たんぽをご用意して、健康相談をお待ちしております。

 

 * * * * *

 

センター風織にお越しくださる方は、ほとんどの方が、ホームページを見て訪ねてくださる方です。ご自分にあった場所を見つけて訪ねてくださる皆さんのアンテナの感度を、いつも素晴らしいなと思います。

 

身体に抱える症状や、こころの中のうまくいかないこと、暮らしのなかの見つめたいこと。。そのヒントがどこにあるのか探りあてるちからは、バイタルフォースが生きようとするちからそのものだなと思います。

 

お問い合わせくださる方が、納得して安心して過ごしていただけるホメオパシーセンターを目指して、これからも、皆さんとご一緒に歩んでいきたいと思います。。 来る2018年もどうぞよろしくお願いいたします☆

 

皆さま、どうぞお元気に良いお年をお迎えください☆

0 コメント

2017年

12月

16日

コングレスチケットあります☆

トップページにお知らせしています、コングレスのご案内です。

 

←こちら←をクリックしていただくと、1月開催のコングレスの情報を詳しくご覧いただけます!

 

こちらの相談室にも、ポスターを掲示していますので、お越しの際には、ご覧くださいね^^

 

コングレスのご優待チケットも取り扱っています。ご興味ある方は、お気軽にお問い合わせくださいませ☆彡

0 コメント

2017年

12月

11日

豆選り。

冬の間は、畑のかおりたいむはお休みです。でも、やっぱり手仕事をご一緒したくて、先日、当別の方々をお誘いして、風織畑の豆たちを選りました。

 

黒千石大豆と桜豆を選りました。

風織畑で何年も自家採種、自然栽培で育った豆たちです。

 

秋の終わりに、畑でからからに乾燥したさやを枝から収穫して。。

軒下でしっかり乾燥させて。。

さやを叩いて豆を落とします。。

おとした豆と豆殻を分けて。。

 

ここまでは片山ひとりの作業です^^

今回はここからの作業をご一緒しました。

 

豆の中には、虫食いや変形など、食用にならないものが混ざっているので、

ひと粒ひと粒、手でより分けます。。

 

ひとりで豆を選るよりも、とっても楽しいのです。

手仕事しながら、いろんなことをお話ししました。

 

最近こんなことがあったよ、

こんなこと考えているよ、

レメディーの体験談、

ラジオで聴いたこと、

当別の町のこと、

食事のこと、

 

いろいろ話しているうちに、

生きることについて。。

 

土の上に在るものを手しごとしていると、

不思議と自然に、

ほんとに思っている心の中のことが、口をついて出てきます。

 

それがとても楽しいのです^^

あっという間の2時間。

お腹もすいて、持ち寄りお昼ごはん☆

 

ヤーコンのお好み焼き

ホウレンソウたっぷりのナムル

鶏だんごと大根の煮漬け

桜豆のサラダ

黒千石大豆のごはん

車麩と野菜たっぷりのお味噌汁

 

食後には^^

天然酵母のパン

いちご

豆乳クリームのパフェ

黒千石大豆のお茶

 

と、何ともゆっくりおいしい昼食となりました。

 

お腹いっぱいで、さらにさらに。。

桜豆を選りました。

 

ご自分で寄ったお豆さんたちは、そのままお持ち帰りいただきました。

自分で一粒一粒選った豆は、いつもとちがって見えてきます。

ちいさなひと粒がとても貴重に感じます。

 

すぐ食べても良し、

保存しても良し、

種として蒔いても良し、

 

ちいさな豆のもつ偉大なちからを共感したひとときでした。

 

ご参加の方々、ありがとうございました~*

またこんなたのしい時間を企画したいと思います^^

 

黒千石大豆、桜豆をお分けしています。

 200g/250円 *レシピ付きです^^

 

0 コメント

2017年

12月

03日

かんだこぎく。

神田小菊*かんだこぎく。

 

こんなかぼちゃがあるんですね。

きれいでしょ。

食べるより見ていたいかぼちゃ^^

 

息子が自分の自家採種したキュウリの種と交換してもらった、かぼちゃの種を蒔いて育てたのが、このかぼちゃです。

いったい、どんなかぼちゃがなるのか、興味津々でした。

 

上から見ると、ほんとに小菊のようなきれいなかたち。

北海道のかぼちゃになれている片山には、この品の良いかぼちゃさんは、ほんとに異文化の風を感じます。

 

関西出身のクライアントさんから教わったところでは、当地では小菊南瓜(こぎくなんきん)というそうです。

 

種のもつちからはすごいなぁと思います。

同じかぼちゃの種なのに、形や大きさや色や、そしてもちろん味も違って、

その遺伝子を、きちんと次の種子に受け継いでいるんですね。

 

土の上には神さまがいるんだなぁ。。って感動しちゃいます。

人間の力で手を加えてはいけない、尊いものなんだと思います。

 

畑はすっかり雪の下。

当別は局地的に早い積雪です。

ほんとにまっしろ雪景色です~*

 

寒さに向うこの時季、みなさま、どうぞご自愛くださいませ^^

0 コメント

2017年

12月

02日

まめ。

写真は、前川金時。

今年の春に知人から譲り受けた固定種。

ずっと欲しかった豆なので、

とっても嬉しくて、ひとシーズンだいじに生育を見届けていました。

 

ゆずり受けたのは16粒で、写真にあるのは、この秋に採れたぶん。

増えました^^

 

でもまだ食べるほどの量ではないので、来シーズンの種豆にします。

ちょっとずつでもいい。。増やしていきたいです。

 

自分で何年も採種を繰り返している種もあれば、だいじに繋いできた種を自分の種と交換してもらったものもあります。

 

種の持ち主から譲り受けた責任があります。

自分の代で絶やしたくない、と思うと、自然と畑にいる時間が増えます。

 

自分がどなたかに渡した種も、

どこか風織ではない土と風のもとで命を繋いでいたら、それはうれしい。

自分がもし種を絶やしてしまったときに、

別の畑で子孫が元気でいてくれたら、うれしい。

 

前川金時、青大豆、鞍かけ豆、つるなしいんげん、小豆、紅大豆、黒千石大豆、桜豆、いんげん。。今年の豆たち。

 

貴重な冬場の食糧。

そして来シーズンの種。

保存がきいて、栄養価がたかい豆たち。

 

感謝。

 

0 コメント

2017年

11月

29日

とうがらし。

すっかり冬になりました~みなさん、お元気ですか♪

 

36バイタルキット☆セルフケア講座になろう7回講座も終了し、畑のかおりたいむもシーズンオフで、ちょっとゆったりなセンター風織のこの頃です^^

 

風織畑はすっかり雪の下です。たくさんたくさーん、わたしたちの食糧を作ってくれた畑の土も、しばし冬眠です。。毎日畑に入れなくなるのがさびしい片山です…

 

唐辛子好き。

左はタイ唐辛子^^ 知人がタイのお土産にくれた貴重な1本。食べて終わりにしたくなかったので、種を蒔いてみました。。日本初上陸の唐辛子^^ 沢山さやがついたのに、何ものかがいっぱい食べちゃって、収穫できたのは少しだけ…でもここからまた種を採って、少しずつ増やしたいな☆

これ、とにかく激辛デス… 畑でかってにこれを食べていった人はどこかで真っ赤になってむせてたはず…?! 急に雪が降ったので、青いまま収穫したのに、ちゃんと赤くなってきました。遺伝子のプログラムどおりに自分を生きている、タイ唐辛子の底ちからをみているようです^^

 

右は~

大きいでしょ?きれいな赤でしょ?

韓国南蛮。

自家採種2年目。今年も採れました。量は少ないので、今年はコチュジャンを作るほどはないかな…乾燥ハーブと一緒に、冬場のあったか調味料を作るのがたのしみです☆

 

冬の食糧を残してくれた畑に、感謝🌿

 

インフルエンザが流行ってきました。みなさま、どうぞご自愛ください~*

インフルエンザ予防には、TS-34 Ferr-p.12X サポートHai MT)Echi. などおすすめです。セルフケアのご質問も、お受けしています。お気軽にどうぞ^^

0 コメント

2017年

10月

14日

風織畑ありがとうのひととき*^^*

今シーズン最後の畑のかおりたいむでした~*ご参加の皆さま、楽しいひとときご一緒させていただき感謝です^^

 

畑にある最後の収穫物をあつめて、あたたかな時間を満喫しました^0^

今回は、皆さまからのリクエストにお応えして、かぼちゃケーキ、にんにくの味噌漬けを作りました。そしてお昼ごはんはお弁当にいたしました♪

 

かぼちゃケーキ~江別製粉の小麦粉と当別産の米粉、有機かぼちゃ、豆乳、甜菜糖シロップ、白胡麻油を使って、シンプルな甘さのかぼちゃ色ケーキが焼けました♪蒸かしたかぼちゃを生地に練り込んだあと、多かった分を味見^0^

おいしい~って、みなさんほっこり~*旬の味は格別ですね。

 

瀬棚産の有機にんにくと、風織の3年味噌を使って、にんにくの味噌漬けのビン詰めを作りました。いちど湯がくとニンニクの酵素が抜けて発酵を止めることなど、みなさん情報が沢山☆にぎやかに仕込んで、オリジナルのラベルを貼ってお持ち帰り☆カレーやトマトソースのかくし味や、ピラフ、豚汁、マーボー豆腐などなど、これからの季節のあったかレシピにとり入れてくださいね^^

 

さてさて、みなさんお楽しみの〈今日のお昼ごはん〉。。

 

*えんどう豆の玄米ごはん

 風織畑の乾物えんどう豆を入れて、土鍋で新米を炊きました。

 

*人参えびフライ

 みんなびっくり、これエビフライでしょ?人参がんばりました(笑)

 好評でしたよ☆知っているとちょっとうれしくなるレシピです「^^」

 

*グルテンミート唐揚げの玉ねぎ酵素和え

 今までおいしくグルテンミートを食べたことがなかった方もいましたが、

 にんにくの味噌漬けと、しょうが酵素のしょうゆ漬け、海水塩、胡麻油を使

 って下味をつけて、米粉をはたいて白ゴマ油で揚げました^^仕上げに玉ねぎ

 酵素と醤油をからめて、刻みチャイブを和えて出来上がり☆人気の一品!

 

*桜豆のサラダ

 ショッキングピンクの生桜豆、さやから豆をとるところから始めました^^

 今回は茹でとうきびとセロリと一緒に玉ねぎドレシングで和えました。玉ね

 ぎのまわし切りのお話もしました~桜豆には、ふのりがとても合います☆

 

*なごり野菜のつけ合わせ

 水菜 ターツァイ 赤水菜 パプリカ 黒ピーマン ラディッシュ~お弁当

 箱のすきまに彩りに使いました。

 

*よもぎと玉ねぎの皮三年番茶

 春に摘んだヨモギの新芽の乾燥葉と、玉ねぎの皮を、三年番茶と一緒に煮出

 しました。温まるお茶です。

 

みなさん、手しごとしながら、わいわい。。にぎやかに。。ほっとできる時間です。。おしゃべりも弾んで、お腹もすいて、出来上がりましたよ^^V

おいしいごはん。いつもの風織の「無農薬のもの、旬のもの、目の前の畑で採れたもの」でお昼ごはんです☆

 

お弁当箱持参!^^! 持ち寄ったお弁当箱に、自分のためにお弁当を詰めて、いただっきまーす^0^♪ ぜひ↓の写真をご覧ください☆ 同じ食材なのに、どれもちがった雰囲気!お弁当のもつちからはすごい☆ みんな素適に仕上がりました~もっと眺めていたいくらい、美味しそうなお弁当のかずかずでした^^V

 

(笑)やはり今回も、みなさん食べ始めると、もくもく、何も言わずに食べてました^^大事に大事に真剣に食べるのです。。心と身体の栄養ですものね。

 

食後は、かぼちゃケーキ~☆ 表面はさっくり、中はふかふか。。きれいなかぼちゃ色のやさしいケーキ。おいしかった^^* まだまだ改良の余地がありそう。。かぼちゃをもっと入れよう~粉の割合を変えてみたい、おからを入れてみたい、かぼちゃ以外にも応用が利きそう~などなど、ぜひ作ってみてください!リアクション、おまちしてまーす^0^

 

食後にえんどう豆の種採りをしました。

絹さやからグリンピースになって、乾物豆に変身した、えんどう豆。赤い花をつけて、大振りのさやをつける固定種。茶色く乾いたさやをほぐして、だいじに種を持ち帰りました☆食べてもいいし、来春蒔いてもok☆ 

 

蒔くときは、ひと穴に4粒ずつ、25センチ間隔で、親指の第1関節くらいの深さに蒔いてね^^ 畝間は60cmほど。蔓が伸びてきたら竹棒を立ててひもを張ります。風織では、セージやルッコラと混植しています^^

 

今シーズンの畑のスライドをご一緒に見ながら、季節の移ろいとともに、畑の姿と食卓の変化を振り返りました。

 

ご参加の方々のひと言。。

体にいいものはおいしくないイメージがあったけれど、身体によくておいしいごはんが食べられてうれしい

 

来るたびに暮らしに変化をもたらす出会いがあってうれしい

 

文明から離れて自然に暮らすことをもっと実践したい

 

ていねいに生きることが大切だということを実感している

 

暮らしの何気ない所作を意識して暮らしてみている

 

健康、自然、ハーブに興味がある

 

自然な組み合わせで、料理ができるんだということ

 

ていねいな暮らしから離れてしまったけれど、月にいちどだけでもゆっくり丁寧な時間をもちたい

 

家でも手しごとをするようになった

 

*****などなど。。

話題は、トイレの便座の電磁波の影響や便座の電気をやめてみた方々の実践例。。ひまわり油のこと、鍋は何を使ったらいい? 酵素の仕込み方、甜菜糖シロップの作り方、玉ねぎ酵素の仕込み方、自然なたまごのこと、ひまわり油のこと、F1種のこと、などなど。。話題と情報交換がつきません^^

 

今回で、畑のかおりたいむは、最終回。みなさんとシェアさせていただいた時間は、とても貴重です。

 

手に入るものを感謝していただくこと。。

それをこころと身体の糧に出来たら。。

バイタルフォースがどんどん元気になって。。

もっと自分らしくなれる。。

 

今を大事に生きること。。

自分をもっと好きになること。。

「暮らすこと」をもっと好きになれたら。。

 

ほっとできるひとときを風織で過ごしていただけたなら、うれしいです。

 

こころ穏やかに 身体すこやかに みなさまどうぞお元気に☆

感謝を込めて*^^* 

続きを読む 0 コメント

2017年

9月

19日

疲れたときのミネラルサポート^^*

9月の「36バイタルキット☆セルフケア上手になろう 7回講座」をいたしました^^。 今回で6回目(早いですね。。)テーマは「疲れたときのミネラルサポート☆」でした。

 

ふだん、意識して使わないと使う機会の少ない、ちいさなレメディーたちのご紹介でした^^

 

Kali-ar. Kali-br. Kali-i. Lith-m. Chr. germ. Nicc. の7種類。どれも、身体の疲労と、精神の疲労の両面を同時にサポートしてくれる、すぐれたレメディーさんたちなのです^^V

 

バイタルティッシュソルト、細胞活性ティッシュソルト、必須微量元素の復習をして。。これらのレメディーを使うことで身体にどんな作用があるのか。。そして、身体のなかでのミネラルのはたらき、どんな時にミネラルバランスが崩れてしまうのか。。お話しいたしました~*

 

今回はカリウムのレメディーが多かったので、カリウムのはたらきについてもお話したしました^^老化現象や、神経の疲労にかかわるレメディーが多くて、30Cや200Cのレメディ―と組み合わせて使うとよいレメディーのご紹介もしました。

 

6回目となり、ちと。。上級編ですが、熱心に学んでくださるご参加の方々に感謝です。次回は最終回です^^/ 詳しくは、勉強会のおしらせに載せておりますので、ご覧ください。皆さまのお越しをお待ちしています。

0 コメント

2017年

9月

11日

げんきに*畑のかおりたいむ^^*

*新玉ねぎを沢山つかって、ごはんを作りました*

 

9月9日(土)に今月の「畑のかおりたいむ」をいたしました^^!

ご参加のみなさま、ありがとうございました。

参加できなくてもご希望のお問い合わせをくださった方々、ありがとうございました^^

 

この時季は、畑シーズンのなかでいちばん、いろんな野菜が採れる時季です。

トマトやいんげん、ナスやバジルなど、夏のやさいも沢山、そして玉ねぎ、じゃがいも、かぼちゃなど、夏の終わりに実り始めるやさいも沢山。

 

この時期だからできる、保存食を、みなさんと一緒に手作りしましたよ^^

今回のテーマは「旬の野菜とメディカルハーブで保存食作り」でした☆

 

みなさんと畑でトマトを摘みました(つまみ食いしながら^^V)

摘みたてトマトを洗って切って土鍋でくつくつ。。

ミキサーにかけて、漉して、またくつくつ。。

すこしのてんさい糖を入れて、またくつくつ。。

レモン汁少々。。

シンプルオーガニック*トマトジャム~できました!

小びんに詰めて、自分だけのラベルを貼ってお持ち帰りいただきました☆^^☆

 

保存食をもう一品~*

なす、バジル、トマト、玉ねぎ、にんにく、天然塩とこしょう少々。。

ひまわり油をまわし入れて。。

天板に並べて、オーブンでじっくり焼いて。。

あつあつをフードプロセッサーにかけて。。

夏野菜のうまみが詰まった*なすディップ~できあがり♪

これもあつあつをビンに密封して、お持ち帰り☆^^☆

 

今回は、とうふパンを焼いて、トマトジャムと、なすディップをトッピングしていただきました~ 地元とうべつ産の豆腐と米粉を使った「とうふパン」もまたおいしいのです^^V

 

わいわい楽しく、でもちょっといそがしく、しっかり手しごとしましたよ☆

 

お昼ごはんは~風織畑の野菜とハーブ盛りだくさんです^^🌿

*トマトライス

*セロリの豆乳スープ

*新玉ねぎのマリネ

*摘みたてやさいスティック☆人参、セロリ、パプリカ、黒ピーマン☆

*色とりどりミニトマトの付け合わせ

*ホーリーバジルのハーブティ

 

みなさん、手分けしてごはん作り♪

情報交換。。おしゃべり。。

こころとからだが元気になるひととき*^^*

 

いつも思うのですが…

わいわい作って、出来上がって「いただきます」をすると、

急に静かになるんですよね(笑)

ほとんどだれもしゃべらずに、もくもく食べているのです。。

話題を振ろうと「おいしいですか♪」と聞くと、「おいしいです~!」と。

ひとこと返ってくるのですが…

やっぱり、みなさん、もくもくとしゃべらずに食べてます(笑)

 

何となく。。

これは、食材と対話しているのかな。。

さっきまで畑の土の上に在ったいのちを、

今、自分の身体の中に入れているのですから。。

 

だまってもくもくと食べる。。

だいじだな、と思います。

 

それぞれに身体やこころに辛さを抱えていて、

だから、今より元気になりたいと思うし、

今より自分らしくなりたいと思う。。

生きることの根っこに、そんな真剣さがあるから、

野菜のいのちが分かるんだなぁ。。きっと^^

 

今回ご参加の方々、小学生から30代、40代、60代~80代まで^^!

年齢は関係ない、

生きていることを共有している、

ただそのことが尊い空間。

 

土と食卓がつながり、

こころと身体がつながり、

人と人がつながり。。

そのことを、とてもありがたく感じます。

あたたかなひとときでした。。

 

* * * * *

新玉ねぎのマリネに使った「てんさい糖シロップ」のレシピです。

 

♪てんさい糖シロップ

てんさい糖2カップを鍋に入れて、水100mlを加え、中火にかけます。くつくつして来たら弱火にして1分ほど木べらで混ぜます。ざらつきがなくなりべっ甲色になったら火からおろします。ビンに詰めて保存します。

 

作り方をご質問いただいたレシピです~黒板に書きそびれてしまってごめんなさい…玉ねぎのマリネ、ぜひ作ってみてくださいね☆彡てんさい糖シロップの代わりにはちみつやメープルシロップを使ってもできます。バジルとふのりを入れなくてもOK。ひまわり油を胡麻油に変えて、木綿豆腐と和えると和風サラダになりますよ☆~いつもの台所にあるものを活用しながら、自分の身体がよろこぶレシピを見つけてくださいね☆彡

 

次回10月の「畑のかおりたいむ」は10月14日(土)「風織畑ありがとうのひととき」です。みなさまのご参加をお待ちしております☆

 

今回の「畑のかおりたいむ」はこんなかんじでした^^

ご覧ください↓^^↓ませませ

続きを読む 0 コメント

2017年

9月

01日

それでも。

9月に入りました。

9月の通信が届いて、お返事くださった方々、ありがとうございます~*

うれしく拝見しています「^^」*

 

当別は早くも、秋を思わせるひんやりした空気に変わってきました。

すこしずつ身構える、自分と向き合うことがしやすい季節です。

 

相談室のいつもの花瓶には、

開花のピークを過ぎたカレンデュラ、

花芽があがってきたレモンバームとオレガノ、

えんどうと混植していたルッコラの花、

夏の茂りを過ぎたセージ。

 

ちいさな野の香りが、クライアントさんを迎えています。

身体に不調があったり、心が疲れてしまったり…

自分らしく生きていないことに気付いて、

センター風織を訪ねてくださる方々。。

 

一生懸命「いま」を生きているうちに、知らず知らずに、からだに力が入って、本来の機能に歪みが出てしまったり。。

 

一生懸命「愛されたい自分」でい続けるために、本当の感情を押し込めてしまったり。。

 

生き方の積み重ねが、今の身体と心にあわられて、今を生きにくくしてしまっていることがあります。

 

ホメオパシ―のレメディーをとりながら、ご自分で少しずつ、そのことに気付いて、自分の中にたまったいらないものを、ひとつひとつ手放して。。

 

手放しながら、怒りが込み上げてきたり、涙が込み上げてきたり。。

それだけがんばってきたんだね。

 

って、自分を認めてあげられたら、我慢するために使ってきた自分のちからを、自分を愛するためのちからに変えていけるよ*^^*

 

自分の歩幅で、自分のはやさで、少しずつ元気になっていけばいい。

そのことを自分にゆるしてあげてね。

 

ここを訪ねてくださるクライアントさん、おひとりおひとり、模索のなかで、たくさん怒り、たくさん泣いて、それでも生きることをあきらめずに、前を向いておられる姿は、とても素敵だなと思います。

 

心底つらいその歩みは、人生でいちばん、生きていることをかみしめる歩みであるはず。

 

おひとりおひとり、ご自分を取り戻していく道のりを、ホメオパスとして、ともに歩ませていただいていることを、ありがたく思います。

0 コメント

2017年

8月

31日

げんきになぁれ。

風織畑のEchi. エキネシア。

今シーズンも、大きく咲きました^^

空に向かって咲いているよう。

 

花の芯は、熟するほど、盛り上がって空に向かっていきます。

この花粉に高い免疫力があることが分かっています。

アメリカ先住民の時代から、治療薬として大事にされてきた植物です。

 

エキネシアに含まれる多糖類が、体内の防衛機構、マクロファージのはたらきを活発にしてインターフェロンの産生を促すことが分かっています。

 

風織のハーブの中でも、エキネシアが好きという方が多いです。確かに、その作用は偉大ですから。。見た目だけでなく、MT)Echi. を使ってみて気に入っている方も多いのではと思います。

 

免疫調整作用があるため、自己免疫疾患や免疫抑制状態に対して禁忌とされていることがあります。が、エキネシアの主要成分であるアルキルアミド類は、免疫反応を抑制して自己免疫疾患に好影響を与えるという研究報告もあり、メディカルハーブとして欠かせないハーブのひとつになっています。

 

身体が異物に負けないちからをつけることは重要で、同じように、心にも、異物に負けないちからをもつことが大事だなと思うこの頃です。

 

身体も心も、本来は丈夫なのに、自分らしく生きられない出来事が続いて、本来のはたらきができなくなってしまっている方々が、ここのセンターを訪ねてて下さっているように思います。

 

エキネシアは、あなたはあなたでいいんだよって、

メッセージを放ちながら咲いているのかもしれません。。

 

血液の中で身体を守っている白血球にも核があって、核があるということは、自我をもっているということであって、やはり、血液をきれいにすることが、自分らしく生きる大元なのかもしれませんね。

 

血液のサポートに、MT)Echi. はおすすめです^^

ミネラルのレメディーでは、Ferr-p.12X  Mag-p.12X  Cob.12X    Zinc-m.12C などおすすめです☆

 

夏の終わり、元気にいきましょう*^^*

0 コメント

2017年

8月

26日

ゆっくり変わる。。

8月の夏空は元気に広がって、

広がるほど、畑のみどりが生い茂ります。

 

桜豆の丈が、竹棒の先を追い越して、つるが空に伸びていきます。

つるがしっかりからんで、助け合って茂っていきます。

 

やさいたちが生きようとするちからって、すごいなぁといつも思う。

みどりのまわりに、生きている気を宿すから、

さらに、ひとまわり大きく見えて、

 

透明なんだけれど、それが見える。

そこには、音がながれていて、

触るとわかる。。

 

このピークをすぎると、

みどりの空気は、だんだん崩れていって、

宿していたちからは、実になって残っていく。。

 

ゆっくりと変わっていく、いのちの姿が、

とてもたくましい。。

 

ひまわりは種をつけるために花を枯らしてうなだれていき、

玉ねぎは、丸く実って、葉を枯らす。

 

葉物たちはとう立って、種をつけ始め、

ハーブたちは色あせる。

 

実や種や、何かを残して、姿を変えていく。

お盆をすぎると畑はゆっくり、変わっていく。。

 

* * * * *

 

しばらく、別のホームページの更新作業をボランティアしていて、

風織のホームページを更新できなかったけれど、

 

その間、

いつも見てます~、たのしみにしてまーす、通信届きました~、などなど、メールやお便りをいただいたり、差入れをいただいたり。。

 

とってもとっても、はげまされてました^^

ありがとうございます!

 

片山もゆっくり変わりながら、

もっとホメオパシ―、もっと土の上をだいじに、

半ホメ半農な暮らしを発信していきますね☆

 

9月は、季節の変わり目、ちょっとずつ冬の準備で、お休みをいただく日が多くなっておりますが、引きつづき、よろしくお願いいたします♪

0 コメント

2017年

8月

25日

レメディーと畑のあるじかん。

*今日の黒板と今日のハーブ~ホーリーバジルとオレガノです*

 

ひと月にいちどの、片山の好きな時間がやってまいりました~ ^^V

今日は「36バイタルキット☆セルフケア上手になろう 7回講座」の5回目をいたしました♪

 

マテリアメディカ好きの片山は、レメディーのことをいっぱいお話しできて幸せです^0^* ご参加くださった方々、ありがとうございます。

 

今回のテーマは「夏☆代謝をたかめて元気に!」

お盆を過ぎて、早々に涼しげな風が吹き始めたこの頃ですが、まだ残暑もあり、季節の変わり目、しっかり夏の疲れをとって、秋を迎えたいところです。

 

今回は、ナトリウムとカリウムのはたらきについてお話しながら、Nat-bic. Osm. Kali-al-s. の3つの12Xレメディーについて、ご紹介いたしました。

 

まずは、バイタルティッシュソルトと、細胞活性ティッシュソルト、必須微量元素の分類を復習。。細胞外液と細胞内液のお話から、ナトリウムのはたらき、カリウムのはたらきについて。。肉類から知らず知らずに摂っているナトリウムのことや、畑のカリウムと海のナトリウムのバランスが良い日本食のことなど。。いろいろ脱線しつつ^^ご参加の方々と、情報交換しながらお話しすすめました♪

 

黒板は。。

にんじん…です。

 

土壌のミネラルをしっかり吸い上げて自分のちからで育った人参と、化学肥料をもらって太った人参のちがいを説明したつもり^?^ 同じ人参でも、ミネラルの含有量がちがえば、それを食べて摂取できるミネラルの量もちがうわけで。 自家採取の種は、自分で土壌のミネラルを吸収した経験を遺伝子に持ち合わせている分、生命力のつよい野菜になっていくと思います。。と話していたら、畑のことをしゃべり続ける片山…笑。

 

そんな体内での栄養吸収をたかめる働きをするのが、ミネラルのレメディーで、やはり12Xのレメディーは日ごろの健康ケアに大事だなと思います☆

 

Nat-bic.  Osm.  Kali-al-s.  のレメディーの特徴を、ひとつひとつ見ながら、血液を浄化するレメディ―とMT)の紹介、膵臓のはたらき、第3チャクラのはたらき、緑内障気質のこと、アルミニウムの害について。。など、お話させていただきました。

 

みなさん、興味津々に参加してくださって、ありがとうございます~*時間の終わりには、予防接種のことについて、ご参加の方の体験談をいただきながら、情報をシェアさせていただきました。

 

今日のハーブティーは、レモンバーム*アップルミント*ホーリーバジルの水出しハーブティーでした🌿

 

勉強会後の情報交換会 かおりたいむ もいたしましたよ ↓^^*

続きを読む 0 コメント

2017年

8月

03日

みどりのじかん。

7月22日(土)に、7月の「畑のかおりたいむ」をいたしました!

ご参加のみなさま、ありがとうございました^^

 

まずは、雨上がりの風織畑をみなさんと散策しました。

この日使うハーブの説明や、旬の野菜の観察🌿

 

みなさん、とてもよく観察してくださって、たくさん、ご質問をいただいて、たくさんお話しながら、みどりのじかんを楽しみました~^^

 

今回取り上げたハーブは、オレガノ セージ タイム チャイブ ジェノベーゼバジル アップルミント ホ-リーバジル エキネシア レモンバーム ゴールデンクィーンタイム でした。

 

暑さに強くて、この時季に茂ってくるハーブもあれば、開花の時期で葉が硬く香りが薄くなっているものもあり、同じハーブでも、時季が変わると様子も変化します。6月に引き続きご参加いただいた方には、そんな変化も実感していただきながら、ランチ作りをいたしました^^

 

オレガノとセージ、タイムを使って、フレッシュハーブピラフ。にんにくの味噌漬けでした味をつけました。

 

摘みたてやさいスープには、みやま小かぶとチャイブを使って。地元当別産のよせ豆腐と豆乳を使って、土鍋でくつくつ、やさしい白いスープができました。

 

みどりまるごと天ぷら。。これはセージの葉と、トマトの脇芽を使いました。

米粉と海水塩で衣をつくって、チタンの鍋でからっと揚げました。これが、今回のいちばん人気かな☆^^☆ ふだん摘んで捨てているトマトの脇芽を使ったシンプルな味のおいしさを、みなさんで楽しみました。

 

摘みたてサラダには、水菜 ルッコラ レッドレタス リーフセロリ マスタードの葉を使いました。インパクトのある葉物たちにあわせて、ドレシングも

玉ねぎや粒マスタード、ひまわり油などはっきりした味付けにしましたよ^^

バジル味とチャイブ味の2種類に仕上げました☆葉物を切るのも、ドレシングをつくるのも、ちいさな参加者さんがいっしょうけんめい担当してくれました。

 

食後は、水出しのハーブティーを飲みながら、海水塩について、暑さ対策に役立つレメディ―のお話、ハイペリカムの使用法について、レクチャーさせていただきました☆

 

ゆっくりと、みなさんとお話しできる時間は、とても貴重なひとときです~

無農薬固定種の野菜を食べれることが貴重だと思う。。

ハーブの使い方をもっと覚えたい。。

自然なものが少ないなかで自然を実感できてうれしい。。

もっとじっくり植物に向き合いたい。。

家に帰って作ってみたい。。

など、皆さんから感想をいただきました。

 

旬の野菜とハーブを使いながら、冬場に仕込んでおいた、味噌糀や、にんにくの味噌漬けなども使いました。

 

目の前に畑があるから冷蔵庫がいらない。。

季節のリズムが暮らしのリズムになるまで、とことん土の上に立ってみる。。

植物の声を受けとる勇気をもつこと。。

 

畑からのメッセージを皆さんとシェアできた「みどりのじかん」でした。

 

合掌🌿

 

*次回の「畑のかおりたいむ」は9月9日(土)に予定しています。まだ少し人数に余裕がありますので、お早めにどうぞ。初めてのかたもWelcome です

*^^* 勉強会のおしらせをご覧ください☆

 

0 コメント

2017年

7月

14日

暑さに向かって身体をととのえる☆

今日は「36バイタルキット☆セルフケア上手になろう 7回講座」の4回目をいたしました^^

 

テーマは「暑さに向かって身体をととのえる☆」でした。

ご参加の皆さま、参加できなったけれどご希望して下さった方々、ありがとうございました♪

 

ほんとに暑いこの頃、ホメオパシーのレメディーを使ってセルフケアで乗り切ってほしいな☆と思います。

 

熱には熱の、痛みには痛みの同種のレメディーを見つけてケアしていただくことはもちろん、そこからもっとほりさげて、ミネラルのレメディーを組み合わせて使っていただけたらな^^と思ます。

 

熱中症の特徴を取り上げて、同種のレメディーを探すと同時に、Moly.12X  Sel.12X  Vanad.12X  Nat-m.12Xのご紹介をしました^^V

 

黒板は。。

すべての初期症状におすすめのAcon. を熱中症の初期にも。

 

マイナスの感情もミネラルバランスの崩れからくるお話から、Staph. のお話、そして、怒りの感情を溜めてしまう肝臓のサポートとして、MT)Tarax.  MT)Card-m. のご紹介。。

 

Vanad.の中性脂肪を正常に保つお話から、痩せたいときのレメディー、Vanad.12X  Sil12X と、Ol-an. を使うお話に脱線。。

 

Vanad. が「酸素が体内に入りにくい」という話から、酸欠のNo.1選択のレメディーとして、Carb-v. のご紹介。

 

ご質問にお答えして、

目の疲れに、Nux-v. Ruta. などお話ししました^^

 

お勉強のあとは、かおりごはん

ハーブピラフ 夏野菜と車麩の煮込み 小芋の素揚げあんかけ キュウリとキャベツのピクルス よもぎのお茶 でした^^

 

また次回もたのしくホメオパシーの魅力をお伝えしていきたいと思います☆

0 コメント

2017年

7月

08日

ことしもこの季節。

夏至を過ぎると咲き始める、カレンデュラ。

お陽さまのちからを一心に集めて、エネルギーを放ち続ける、カレンデュラ。

 

昨シーズンの落ち生えから苗立てしたものがいちばんつよい。

7月に入って、いっきに気温が上がり、次々咲き始めました*^^*

 

先日、6月24日の「畑のかおりたいむ」のアンケートに皆さん、楽しかった~おいしかった~と言葉をそれぞれに、同じ思いを綴ってくださっています。

 

地に足つけて、手しごとしたい方たちが集まると、

自然とたのしい。。

 

頭よりハートから生れてくる空気は、

しずかなエネルギーになって、

シンプルなものたちをひきたてて、

それだけでおいしくなる。。

 

皆さん、そのことを感じていらっしゃるな^^と思います。

ありがたいことです。。

 

そこから生まれるエネルギーは、

からだを元気にし、

こころを元気にするちからをもっている。

 

そんなことを思います。

 

クライアントさんお一人おひとり、ご参加の方お一人おひとりを思い浮かべながら、日々畑に立っています。。

0 コメント

2017年

6月

24日

メディカルハーブの新芽のお茶*^^*

写真は、今日の摘みたてやさいたち*

 

雨降りで皆さんと収穫できなくて残念~でも、午後からは、雨上がりの畑を皆さんと探索しましたよ^^

 

今日は6月の「畑のかおりたいむ」の日でした^^ ご参加の皆さま、ありがとうございました~参加されたくていらっしゃれなかった方にもお問い合わせに感謝です。。

 

*メディカルハーブの新芽のお茶*をテーマに、今香りのよいハーブ7種類をご紹介いたしました。ご自分に合ったハーブを選んでブレンドして、土瓶で沸かしたお湯をそそいで、ゆっくりなひととき、皆さんでたのしみました🌿

 

ランチは、摘みたてのレタス、サンチュ、小松菜、ラディッシュ、オレガノ、セージ、マジョラム、そばスプラウトを使って~^^

ハーブとひまわり油のパスタ、小松菜のスープ、レタスのサラダ、ラディッシュ甘酢漬けを作りました☆^^☆

 

皆さんの穏やかな笑顔が印象的です^^

心と身体が本来求めている「健やかな心地よさ」を妥協せずに求めている方は、ほんとにすてきだな。。と気付かされます~*

 

皆さんと沢山のことをお話ししました。

心と身体が健康であるってどういうことか。。

畑のサイクルとともに暮らすということ。。

どこで心を表現するか。。

 

今シーズン、畑と手しごと、皆さんとシェアする時間の中から、この応えをさぐっていきたいなと思います^^

 

さて、

ご質問いただきました~

☆「Hyper.」こと、セントジョーンズワートの使用で注意すること

 

お茶として飲んだ後、日光に当たると皮膚炎をおこすことがある(『ハーブの図鑑』萩尾エリ子/池田書店 より)

 

大量を長期にわたって使用しない(『おいしく飲んで美しく健康に ハーブティー』佐々木薫監修/池田書房 より)

 

薬物代謝酵素を誘導するため2000年厚生省から医薬品との併用を関する注意を促す発表がされています。セントジョーンズワートに含まれる成分ヒペリシン

に光感作作用があるため、過度に日光を浴びない、妊婦、授乳中の摂取は避ける、人によって不眠、不安、口の渇き、めまいなどの副作用がみられることがある(『メディカルハーブ検定対策問題集』メディカルハーブ検定研究会/BAB JAPAN より)

 

ホメオパシ―では、Hyper.ハイペリカムについて、レメディーもマザーチンクチャ―においても、とくに禁忌はなく、どなたでも使用していただいておりますが、どのハーブにおいても、その方の心身への作用の仕方、濃さや使う頻度によって、ハーブのはたらき方が違います。ご自分に合った適量を使われることをおすすめします。

 

6月24日は、キリスト圏では「セントジョーンズディ(聖ヨハネの日)で、ハイペリカムがもっとも治癒力を高める花の咲く時季とされています。

今日のかおりたいむ、まさに旬のハーブでしたね。。

 

7月の「畑のかおりたいむ」でも、ひきつづき、旬のハーブのご紹介をしていきたいと思います~*皆さまのご参加、お待ちしております^^今日の皆さんと、畑のやさいとハーブたちに感謝🌿

0 コメント

2017年

6月

17日

とことん。

今日の相談室の花かご^^

カモミール 菜の花 チャイブ マロウ

 

昼間に摘むと、今の気温では、ぐったりしてしまうけれど、

今日はしゃきっとしているのは、雨がたくさん降ったあとだからかな。

 

とことん、正直。

とことん、はーぶ🌿

 

お陽さまの下で葉を広げ、

根を伸ばし、

生かされれば生きて、

摘みとられれば消えていく。

 

小さな種から芽を出して、

すこしずつ、すこしずつ伸びて、

自分のいのちを生きている。

 

ものすごく、偉大な力を秘めて、

その効能はたくさんのいのちを癒す。

 

ただそこに茂っているけれど、

何も言わないから静かだけど、

ほんとはいっぱいメッセージを放っていて、

 

そのメッセージが届く瞬間があって、

わたしがそれを受けとる瞬間もあって、

なげ返すと受け取ってくれる瞬間もあって、

 

それができるのは、

土の呼吸と自分の呼吸が合っているときなんだろうな。

 

受け入れることをおしえてくれる、ハーブたち🌿

0 コメント

2017年

6月

16日

バイタルキット7回講座の日でした^^V

今日は、「36バイタルキット☆セルフケア上手になろう7回講座」の3回目をいたしました^^ ご参加の方々、ありがとうございます~!

 

 

「ホームキットのレメディーを組み合わせて」のテーマで、基本キットやキッズキットのレメディーを使うときに、あわせて使うとよい12Xのレメディーのご紹介でした。風邪や炎症、消化の問題など。

 

ご紹介レメディーは。。Kali-m. Kali-s. Calc-s. Kali-p. Nat-p. Nat-s.  の6種類☆ いっぱいホメトークいたしました*^^*

 

この頃、レメディ―のことお話する場がなくて、話したいことたくさんあったので、しゃべり尽した片山です…笑^^

 

黒板は~、

風邪の症状を、炎症の3段階に分けて、症状に対応したレメディーと、それをサポートする、ティッシュソルトレメディーのご紹介をしたときに、喉の腫れに適応するレメディーは?のご質問にお答えしたときのレメディー。。

Apis. と、溶連菌のレメディーStrept. について。

 

Nat-s. を30Cで使うときと、12Xで使うときのちがいは?のご質問に、お答えして、頭をぶつけた時のレメディ―として。。

Arn. Hell. Nat-s. のお話しました^^

 

今日のハーブティーは、アップルミント ハイペリカム エキネシア の3種類のブレンドでした~ハーブの生葉が、この時期、香りよくて、飲みやすいです♪

 

ハーブの花かごは、チャイブ、カモミラ、水菜の花、ブルーマロウです~^^

 

今日は、滝川の乳製品を使わない無添加焼き菓子専門店「TORIMIGI」さんの、抹茶とくるみのビスコッティをいただきました*^^*うれしい。とてもおいしいのです。このお菓子。ビスコッティも一緒に黒板の写真撮りました☆

 

次回の「36バイタルキット7回講座」は。。

7月14日(金)と15日(土)

「暑さに向かって身体をととのえる☆」

疲れにくい身体をつくっていくときに必要なミネラルのお話をいたします。

お気軽にご参加ください~単発のご参加もWelcomeです☆^^☆

 

少しずつ、風織畑の野菜たちもお分けしています~ホメオパシーの学びとあわせて、風織スペースを楽しんでくださいませ~*

0 コメント

2017年

6月

11日

くるまぶのおにぎらず^^V

今年の運動会は札幌も江別も当別も、雨天延期が多いですね…

子どもたちも予定が落ち着かなくてたいへんです。

そして、お弁当を作るのも、たいへん…

 

すぐ作れて、いつもよりちょっとわくわくする^^運動会の自然食レシピ☆彡

*車麩のおにぎらず*

 

車麩を水に戻して、水気を絞り、米粉をはたいて、菜種油で揚げ焼きします。

 

玉ねぎの回し切りを菜種油で炒めて、味噌糀で味付けします。

 

畑からサンチュを摘んできて、洗って水切り。

 

ご飯を炊いて、塩と海苔を用意します。

 

焼きのり1枚の中央に、ごはんを敷いて、塩を少々まぶします。

そこにサンチュ(レタスでもOK)を敷いて、炒めた玉ねぎをのせます。

揚げ焼きした車麩をのせます。

その上にごはんを敷いて、塩少々をまぶします。

焼きのりの四隅を中央に折りたたんで、巻きすで押さえてなじませます。

 

これを4等分に切り分けたのが、写真デス^^

焼きのり5枚分に、お米4合ほど使います~

 

お弁当持ってちょっとお出かけのときに、いいかもしれません☆彡

 

息子がちいさいときに、あるコンビニで「ハムカツサンドおにぎり」を売っていて、「食べたーい!」となったのですが、ちいさな子にはちょっとジャンキーな内容だったので、じーっと観察…家に帰って作ったのが、車麩カツサンドおにぎりでした^^今回は、そのアレンジレシピです☆^^☆

0 コメント

2017年

6月

10日

咲いてます*^^*ちゃいぶ。

6月に入ると、ほかのハーブよりも一足先に花をつける、チャイブ。

ねぎぼうず、みたいな花。

チャイブはアサツキのようなハーブで、ネギのように薬味にも使えます^^

 

スープに入れたり、和風パスタや、たまご料理によく合います☆

たくさん採れる時季に、しょうゆ漬けにして瓶詰め保存します。

 

花も食べられるけれど、

かわいいので、花かごに入れることが多いです*^^*

今時季は、カモミールやオレガノ、アップルミント、ルータといっしょに。

 

冬のように、いつもブログ更新できなくて、ごめんなさい…

今は、だいじに育った苗たちを畑に定植しています。

雨間をみて、草取りや種蒔き、移植。。

時間のある限り、びっしり畑にいます^^

 

「冬のかおりたいむ」でおなじみの、とうきび、桜豆も蒔きましたよ~

葉物も発芽しました^^

ひまわりも育っています♪

 

いつもの季節に。。

いつもの種たちと、苗たちと。。

土の上で一緒にいます。

しあわせな時間です。

…とはいえ、やっていることは地味に酷ですが(笑)

 

これからの時期、ハーブティもおいしくなるし、

みどりの食材が増えていきます。

「畑のかおりたいむ」でお待ちしています~*

 

6月は、24日(土)10:30~です。

くわしくは「勉強会のおしらせ」をご覧ください☆

ご参加お待ちしています~*

0 コメント

2017年

5月

27日

また香る。

風織畑のハーブたち、かおりを漂わせ始めました^^

今日の相談室の花かご~*

 

早朝の雨で、初めて咲いたカモミール、

ほんのりりんごのかおりです。

 

オレガノ、

昨年よりひとまわり株が大きくなって、あおあおと茂りはじめました。

 

アップルミント、

あまずっぱい香り。今日のハーブティーに。

 

菜の花は、ターツァイ、

玉ねぎを植えるのに、昨シーズンの落ち生えから咲いた菜の花、

みんな摘みました。

 

また今シーズンも、

摘みたてハーブの生葉が香る、センター風織の相談室です*^^*

0 コメント

2017年

4月

23日

始まりました*畑のかおりたいむ*

4月22日(土)、「畑のかおりたいむ」の新年度、始まりました!

 

風織畑には、ネギやにら、ハーブたち、落ち生えの葉物たちが顔を見せていますが、まだまだ食糧にはできません。

 

今回、畑から摘んだものは、みつばだけ。写真はプランター栽培のベビーリーフ。ご参加のみなさんと、ミクロハイク☆ ランチの彩りを摘みました^^

 

今回の手作りは。。

えんどう豆のごはん そばの実そぼろ 桜豆のスープ 大豆ともちきびのサラダ 黒千石大豆のスイーツ*豆腐クリームとみかん酵素シロップ ハーブティー

 

にぎやかに手しごと。。

子どもたちもいっしょに。。

ふだんの暮らしを情報交換。。

 

楽しいひととき、ありがとうございました。

 

食後のレクチャーは、「春の肝臓をサポートするマザーチンクチャーと、新学期の心のケアにおすすめのレメディー」について、ご紹介をいたしました。

 

~畑のかおりたいむの様子はかおりたいむ2017に載せています~

ぜひご覧ください☆^^☆

 

 

 * * * * *

ホメオパシーセンター風織では、医食農同源の暮らしを、皆さんとシェアしています。季節にあった心と身体のケア、旬のハーブと野菜を使ったごはん作り土と繋がった手しごとを通して、心と身体がよろこぶ暮らしをみつめます。

 

次回の「畑のかおりたいむ」は。。

5月13日(土)10:30~14:30

*小さなみどりをたのしむ

 

を予定しています。詳しくは、勉強会のおしらせに載せていきますので、お楽しみに*^^*

0 コメント

2017年

4月

18日

こんなチャリティーバザー☆

JR当別駅前のふれあい倉庫で、医療大学の学生さんが中古教科書のチャリティーバザーをひらいてました☆売り上げの全額が福島の復興支援に寄付されるとのこと。

 

チャリティーももちろん大事だけど、、純粋に専門書を安価で入手したかった片山…行ってきました^^

 

書店では探しきれないような、薬学、歯学等の教科書や参考書、辞書がいっぱい。片山は、ホメオパシ―健康相談でクライアントさんの薬歴に対応できる内容の、参考書を探してまして。。

 

ずらり。。医療大学生さんたちは、こんなに勉強しているのね…頭が下がります、といっても、ホメオパシ―の参考書も同じくらい分厚いのだけど…^^

 

治療薬の辞書、年盤は過去のもので、きっと現場の学生さんには使えない内容なのでしょうけれど、片山には充分。図解のページもあって、冬の間に薬学の家庭教師の先生に、教わったことが、いっぱい載ってます☆

 

定価の半額以下で購入させてもらいました。。

といっても安くはないのだけれど…

 

医療の勉強って、ほんとにお金が必要なのだと痛感します。

医療大の学生さんたち、がんばってね☆

 

ホメオパスもがんばるよ^0^

 

そして、購入代金が、被災地支援の一滴になりますように。

 

新しく片山の相談室に加わった治療薬の辞書、これから活用していきます☆

0 コメント

2017年

4月

17日

春もおふぐりっど。

ひと冬越した、センター風織のオフグリッドソーラーさん☆

 

写真はペレットストーブ。冬の間に選った豆殻で焚きつけています^^

 

3月には、取りつけのときからお世話なっている、銀河電力のイオさんが様子を見に来てくれました~^^

 

床暖の師匠、パーマカルチャー研究所の三栗さんも経過を見に来てくれましたよ^^

 

息子たちが、ソーラーパネルを水拭きして、スキーのワックスをかけてくれました。

 

春の陽ざしもWelcome♪ 太陽さんにお願いをして^^

 

苗立てのための苗箱の土をあたため始めました。

太陽光の電力で、ペレットストーブを動かして、その熱でお湯を沸かして、太陽からの電力でモーターを動かして、お湯を床暖チューブに循環させています。

 

元気に発芽することを願っています☆^^☆

 

先日、イオさんが来て、床暖モーターの電源を使いやすいように、かっこいいスイッチをつけてくれました^^V

 

これで、1階の直流照明のスイッチもすっきり、片手でOn Off できるようになりました~

 

暮らして、使って、慣れて、また改良。。

日々の暮らしのペースで、太陽さんと一緒です*^^*

0 コメント

2017年

4月

16日

直流照明ランプシェード*^^*

オフグリッドソーラー設置のときから、お世話になっている、銀河電力のイオさんが、風織の照明の具合を見に立ち寄ってくれました^^

 

すてきなランプシェードをいただきました~☆彡

相談室の照明にぴったり^^

 

太陽さんからいただいた電力で、12Vで灯りをつけることが出来ます。

直流専用のソケットを使って、5Wの電球を使います。

 

配線は自分で~っと。

イスでは天井に届かない片山…机の上にのぼってぇ…と。

 

エコアパートは、釘やテープの貼付けはNGなので、つっぱりポールとS字フックだけで天井に配線。。

 

となりの部屋に配線している、つっぱりポールをつたって、直流専用の差し込みボックスにつなぎました☆

 

ソケットについているスイッチは届かないので、プラグの差し込み口に、On Off のスイッチをつけました^^

 

すっきり!

 

つっぱりポールをレールにして、S字フックをスライドさせると照明の位置を移動できるんです^^V

 

相談室のデスクワークが快適になりました。

 

視覚的労作で眼の疲れを訴える方が、この頃、多いなと思います。

照明って大事ですね。。

 

記念撮影したら、宇宙みたいになっちゃった☆彡

すごいな。。

 

太陽さんのちからは偉大です。

オフグリッドソーラーのアイテムがまたひとつ増えて、大事に楽しみます~*

 

太陽さん、イオさん、ありがとうございます☆^^☆

0 コメント

2017年

4月

15日

とらこ先生とともに春~*

4月9日に、由井寅子ホメオパスの札幌講演がありました。

 

「もう一度、人生を生き直したい」をテーマに、ずっしりと詰まった、とらこ先生のお話しでした。

 

*****

 

自分のうちにある、悲しみをみつめること。。

そこにある価値観をはずすこと。。

どんなつらい過去も描きかえることが出来る。。

 

そして自分をゆるしていくことが出来る。。

本当の自分を取り戻して。。

それが、ほんとうの自立。

 

怒ったり、泣いたりしていい。。

安心して、怒ったり、泣いたりすること。。

絶望するたびに孤独のなかでひとりたたずんでいる自分のインナーチャイルドがみえたら。。

 

どうやって救ってあげられる?

それは、感情を感じ切ること。。

 

解決してないから苦しい。。

正面からその苦しみを受け入れること。。

どこまでも自分の感情に寄り添うこと。。

 

絶望を味わうとき。。

自分の内のインナーチャイルドが味わった絶望を分かってあげられる。。

 

*****という、とらこ先生のメッセージ。

 

それが、苦しみに耐えた先にある、しあわせなんだなぁ。。

耐えて、味わって、乗り越えたとき、

自分をゆるせるようになって、

自分を愛せるようになるんだなぁ。。

自分の内のインナーチャイルドと一緒に、

今を生きれるようになったら。。

 

人生をもう一度歩きはじめることが出来るよね^^

0 コメント

2017年

4月

14日

4月のゆき。

春の農作業が始まると、例年やってくるのが4月の積雪。。

今年は温かくなるのが早かったからもう来ないかな…と思っていたら、やっぱり来ました。

 

畑で、みつばの新芽に雪が積もって、あれれ…

でもこの時期のみどりはつよい!

霜焼けになることもなく、雪をかぶってじっとしてます。

 

ねぎやにらも、新芽が伸びてきました。

山鳩も鳴いて、

白鳥が渡っていきました。

 

ハーブたちも新芽を見せてくれていますよ^^

 

いつもどおり、春が来ています♪

忙しくなります^^

 

4月から風織は、木~土/10:00~16:00の受付けとなっております。

お急ぎの方は、メール、ファックス、または留守番電話にご連絡先をお願いします。急ぎ対応が必要なご用件には、最短でお返事させていただいております。

 

元気に雪のない地面、踏んでいきましょう*^^*

0 コメント

2017年

3月

29日

ふきのとう。

写真は、『医術のオルガノン』。

大好きな書籍のひとつ。

ホメオパシ―の父、サミュエル ハーネマンが書き記した、ホメオパシ―医学書。レメディーの投与方法や、ポーテンシー、各臓器に対するとらえ方など、振り返るときの、必須の書籍です。この頃、何度も読み返しています。

 

息子たちが、ふきのとうを沢山摘んできてくれました☆

ふき味噌、かき揚げ、パスタにして、いただきました。

 

例年、ゴールデンウイークの前半に探しに行くのですが、今年は早いですね。

息子の触覚はそのことを感知したようで^^、ふきのとう採りに行く!と言って、たくさん見つけたようです。

 

ふきのとうのほろ苦さ、身体が冬モードから目を覚まします^^

この「ほろ苦さ」、やはりキク科なのですね。

キク科フキ属の多年草。

 

おなじみのカレンデュラもキク科。

カレンデュラの苦味は、脂肪の分解に必要な胆汁の分泌を促進する働きがありますが、ふきのとうの苦味も、同じ働きがあるのかな。。

 

冬の疲れを排泄して、春の活動に向けて身体をととのえていくこの時季は、肝臓サポートが大事ですが、そんな季節に、肝臓をサポートしてくれる、自然の幸が生えてくるなんて、素敵なギフトです*^^*

 

寒い厳しい冬を乗り越えたごほうびだなって思います^^

そして「また元気にはたらきなさい☆」と支給される食糧かな。。

 

ふきのとうのパスタは、塩糀だけの味付けでいただきました^^

ほんとにおいしい♪

小麦や油は、身近な食材だけど、かといって常用することに慣れ過ぎないように、特別なごはんのときに大事に使う食材だという意識をもっていたいと思います。身体のなかでエネルギーになる小麦や油は、少量摂って、充分働けるようなリズムをもっていたいなと思います。

0 コメント

2017年

3月

28日

ポーテンシーのえらびかた。

春の陽ざし*^^*

畑の土が顔を見せ始めました。

三つ葉が早くも新芽を見せています。

 

この時季、片山は忙しすぎて、ばたばた…ばたばた。

そんななか、日に日に大きくなるプランターの葉物たち。

先日ご紹介したオフグリッドこたつで仕込んだ塩糀さんと味噌糀さんが、

音をたてて発酵しています^^

やっぱり春なんだな。。みんな元気だ☆

 

最近、セルフケアのレメディ―のポーテンシーのお問い合わせが多いです。

片山が、よく勉強会で、鉱物は低いポーテンシーで、動植物はそれより高めのポーテンシーで、って話しているせいもあるかな。。

 

でも実際、調子が悪いときに手持ちのレメディーの中から、必要なレメディーを選んで、そこにポーテンシーも考えて使うことはむずかしいかな。。

 

「この症状に、このレメディーとこのレメディーを取ってみたんですけど、あまり変化がなくて、他にどのレメディーとったらいいですかぁ?」って、メールいただくことがよくあります。

 

今いちばん辛い症状に、動物か植物のレメディーを200Cのポーテンシーで選ぶとします。そこに鉱物のレメディーを30Cのポーテンシーで一緒に使ったり、ときには12Xのミネラルのレメディーも組み合わせたりします。

 

たとえば、風邪の引き始め、植物から作られたAcon. 200Cをまず使うとして、ここにミネラルのレメディーFerr-p.30Cも一緒に使います。排泄を促すNux-v.30Cと、疲労の回復をサポートするミネラルレメディーMag-p.12Xを一緒に。500mlほどの水にこれらのレメディ―を一粒ずつ入れて、マザーチンクチャーのEchi. など5滴ほど加えて、水ポーテンシーのボトルをつくって、一日かけてとる使い方があります。

 

今出ている急性の症状に対応しながら、その回復を促す鉱物のレメディー、ミネラルのサポート、臓器のサポートを一緒にしていきます。健康相談のときに、慢性症状に対してホメオパスがレメディーを選ぶ方法を、こんなかんじで、急性症状のときに手持ちのレメディーでセルフケアに応用することが出来ます。

 

セルフケアでご不明な点は、お気軽にお問い合わせ下さい。

また、こちらの勉強会でも、お伝えしておりますので、ぜひどうぞ*^^*

0 コメント

2017年

3月

26日

Ign.

自然ってやさしいだろうか。

すべてのものに平等に恩恵を与えてくれる。。

だからやさしい。

 

容赦なくすべてを奪ってもいく。。

だから残酷。

 

わたしたち、人にとって、

受け入れ易いことも、

受け入れがたいことも、

どちらも自然から与わるもの。。

 

息子が、修了式、大好きな先生の異動を知って、お別れ…

泣きはらしてしょんぼり帰ってきました。

心から悲しい。。

 

大きい息子が、親友が転校することが別れがたくて、

悲しみをぶつけるところをさがしてうつむいていました。

泣ける場所を探して。。

 

小さなこどもが、母親が天国にいくのを見送らないといけないとき、

悲しみが大きすぎて、

笑ってすごしてしまう。。

 

お胎の赤ちゃんが育たないとき、

希望を手放して、

自然を受け入れるしかない母親は、

身体も心も、自然の酷な姿を知らなくてはいけない。。

 

ホメオパスとして、

天に召されるクライアントさんと向き合わなくてはいけないとき、

自分を責めたり、その方のいのちをみつめたり。。

悲しみの奥にある尊さを知らされる。。

 

そうやって、

自然は悲しすぎる。

 

それ以上傷つきたくなくて、現実をおそれて、

理解されないことをさらに悲しみ、

容赦ない現実に怒る…

 

どうやってやり過ごせばいいか、

どうやって乗り越えればいいか、

 

途方に暮れるとき、

Ign.

 

いいんだよ。

かなしい気もち、かなしいんだから。

涙が出ていいんだよ。

 

そのままの自分をゆるせるように、

Ign.

 

いいんだよ。

ゆるせない気もち、ゆるせないんだから。

おこっていいんだよ。

 

そのままの自分を恐れないように、

Ign.

 

いんだよ。

おそれる気もち、こわいんだから。

自分にやさしくしよう。

 

いっぱい泣いて、

自分をゆるして、

 

そしたら、ちょっと晴れてきて、

それからまた歩き出せばいい^^

 

Ign. イグネシア。

ホメオパシーのレメディー。

かなしいときのレメディー。

 

かなしくて、気付いたら、喉がつかえるとき、

咳が止まらないとき、

顎が開かなくなったり、

だんだん便秘になったり、

忙しくしているうちに甲状腺がうまくはたらかなくなったり、

 

心と身体がそんなときに必要なレメディーです。

0 コメント

2017年

3月

25日

取説・トイレ。

オフグリッドなホメオパシーセンターを気に入ってくださっている方も多くて、ホメオパシーのことだけでなく、暮らし方のこともよく聞かれます。

 

オフグリッドソーラーを設置してから、充電式の乾電池を、太陽光のバッテリーから直接充電して使っています。トイレの照明も^^

 

この照明は人感式なので、トイレに入ると、自動で点灯して、トイレから出ると自動で消えます(かなり最先端では?!)

 

便座の保温もしていません。腰が冷たくないようにカバーをしています。保温することによる、便座からの電磁波の影響をOffにしたいので。骨盤内臓器に電磁波の影響があると、婦人科系疾患や前立腺の疾患の一因ともなります。

 

いちばんハードルが高いのが、水を流すこと。従来のレバーをひねるとタンクの水が流れるタイプではなくて、電池式のパネルのスイッチを押すと、水が流れるタイプなので、水を流すためには電気のコンセントに差し込みます。

 

これをOffにするには。。人力で水を流すしかなくて。。バケツに汲んだ水を洗します。水は使いますが、電気を使わずに流すことが出来ます。

 

水はお風呂の残り湯と、洗濯のすすぎ終わった水で、だいたい一日分のトイレ使用時の水をまかなえます。この方法にしてから、ひと月の水道使用量が1/3減りました。

 

ここのエコアパートは24時間換気システムなので、換気扇の電力は買った電気を使っています。

 

こちらにいらっしゃった方に、オフグリッドトイレを特におすすめはしていません。ふつうに壁のスイッチを押して照明をつけて、水洗のスイッチを押して水を流していただけます。

 

ちょっと実践してみたい方には、ぜひ☆

 

〈風織のトイレ取扱説明書〉デス。

 

*トイレの扉を開けたら、人感ライトがつきます!

 

*人感ライトは10秒間、静止状態で消灯するので、灯りが消え始めたら、ちょっと身体を動かすとまた点きます!

 

*水を流す時には、トイレ内のバケツの水を便器に流します!

 

*バケツの水の補給は、片山にお声がけください!

 

*トイレから出ると、自動で照明が消えます!

 

これだけです^^でも皆さん戸惑うので、遠慮なくお尋ねください^^

0 コメント

2017年

3月

24日

冬の薬学。

写真は、アルニカ。

和名:ウサギギク キク科。

レメディーでいう Arn.(アーニカ)。

 

当別にある、北海道医療大学の薬草園に生えています。

こんな近くで、アーニカに会えるなんて☆

感動でした。

これは昨年9月。

 

薬草園を案内してくれたのは、薬学部6年生の学生さん。

この学生さんにとっては、アーニカはさほど重要な植物ではなさそうで、こんなどこにでも生えてる草…的な。片山の感動ぶりに「?」って感じでした・笑

 

アーニカは、植物をアルコールに漬けた原液は、出血を伴う傷の手当てにNo.1のチンクチャーです。希釈振盪したレメディ―においても、出血、傷に適応します。実は、心の傷にも、そして、本人は自覚していない過去の痛みをも、細胞レベルで癒してくれるはたらきがあります。カバンの中にひとつだけレメディーを持って歩くとしたら、Arn. かなっていうくらい、大きなはたらきをするレメディ―です。

 

そんな、ホメオパシ―的な植物のとらえ方と、薬学生さんの薬学的なとらえ方を、山道を散策しながらシェアすると、とっても面白くて。

冬の間、片山の薬学の家庭教師になってもらえないかと。。お願いしたところOK☆^^☆(やっほー)

 

毎回美味しいごはんを提供することを条件に…笑。

 

自律神経系のアドレナリン作動性のシナプスから始まり、カテコールアミンの生合成、自律神経の拮抗的二重支配。。この辺までは片山も基礎知識あり…

 

ここからは、薬の名前がいっぱい…

アドレナリン作動薬、なかでも子宮平滑筋に存在するβ2受容体に選択的に結合して、平滑筋を弛緩させるリトドリン…これは使用歴のある方が多い薬。

 

一方、アドレナリン遮断薬。なかでも、選択的アドレナリンα1受容体遮断薬は、前立腺肥大に伴う排尿障害や緑内障に適応していて、片山も耳慣れた薬の名前が多い。。

 

選択的アドレナリンβ1受容体遮断薬が適応する狭心症、不整脈等の病態はとても興味深く。。ほかにも、腸肝循環の仕組み、貧血とビタミンの関係、甲状腺刺激ホルモンの作用などなど、なるほど(ピカリ☆面白い!)

 

片山のいちばんのリクエスト、アセチルコリンについて^^

 

コリン作動薬のピロカルピン。瞳孔括約筋の収縮作用があるこの薬物、ホメオパシーのレメディーPiloc. (ピロカーピン)と原物質が同じ。ヤボランジ葉のアルカロイド。この原物質の480倍溶液1滴を目に垂らしたとき、約20分後に瞳孔が収縮することが、Allenのマテリアメディカに記述されています。実際、ピロカルピンの薬物も、レメディーのPiloc. も、ともに緑内障の症状に適応します。

 

同じく、ホメオパシーで緑内障の症状に欠かせない、Phys.(ファイソスティグマ)。。これはカラバルマメから作られたレメディー。このカラバルマメの原物質から作られたフィゾスチグミンという薬物も、眼圧低下の作用があります。

 

ピロカルピンは、ムスカリン性アセチルコリン受容体に直接興奮的に作用する薬物なのに対して、フィゾスチグミンは、コリンエステラーゼを阻害してアセチルコリンの分解を抑制して間接的にシナプス後膜を興奮させる薬物。。どちらも、毛様体筋収縮による眼内圧下降作用があり、緑内障に適応する薬なのですが、アセチルコリンのはたらきが実際は違う。。

 

Piloc. も、Phys. も、緑内障のときに使うレメディーですが、原物質の身体への作用が違うということなのです☆

 

薬物の身体への作用を、ひとつひとつ学んでいくと、レメディーの原物質の作用と、そのレメディーの選択が的確になります。

 

こちらの健康相談にいらっしゃるクライアントさんで、これまでにお薬を使ったことがない方は、まずいらっしゃらないのが現状です。使用したお薬をお聞きして、その薬物を使用した背景がみえると、ホメオパシーでサポートする臓器やミネラル、今いちばん困っている症状にピンポイントで必要なレメディーが見えてきます。

 

ひとつひとつの原物質を忠実にプルービングして、克明に書き残したハーネマンと弟子たちの正確さに、あらためて感動すると同時に、これだけ細部にわたる薬物の研究開発がすすんでいることにも驚きます。

 

命に影響する重篤な病態に、的確に薬物を選択する現代医療と薬剤師の存在は必須だとあらためて思います。そして同時に、自己治癒力をたかめて今ある不調を改善することが出来るホメオパシ―療法とホメオパスの必要性も感じています。

 

ほかにもまだまだ~*脂質についてのコレステロールの構造や代謝*高コレステロール血症治療薬の作用と副作用*糖質コルチコイドの作用*などなど、たくさん教わりました☆

 

片山のホメオパシー的思考回路に、いっしょうけんめい言語を選んで教えてくれた、国家試験目前の薬学生さんに、ほんとに感謝^0^~*

片山も週にいちど、家庭教師の先生への、いつもよりちょっと丁寧な夜ご飯作りに励みました^^

 

まだまだ教わりたいけれど、春が来たぁ~。ここまでで一応終了。とはいえ、終了証をもらえるほどはマスターしていないので、これからは農作業の合間に復習です^^ 冬に蓄えたものを夏場に実践するのが片山のいちねんのリズム。。逆らわずにはげみます*^^*

1 コメント

2017年

3月

22日

自然療法大学*らいたー。

2016年開校した「自然療法大学」。

オンラインで学べる学校です。

 

片山は、ご縁あって、ホメオパシ―入門とマテリアメディカを担当させていただいています。

 

学校長の先生も、各講座担当の治療家の先生方も、皆さん、関東・関西方面の方々で、片山だけ離島…な感じです。

 

ちょっと季節の時差を感じながらですが、がんばってます。

 

この冬はひと月にいちどのペースで「ホメオパシーってなぁに」をテーマに、入門の理論をお伝えしてきました。

 

ホメオパシーの父 サミュエル・ハーネマンについて

同種の法則

希釈振盪の法則

ポーテンシー

バイタルフォースのはたらき

好転反応

マヤズム

 

ホメオパシーでケアされている方にとっては、耳慣れたワードですね^^

でも、はじめは「なんじゃこれは?!」ですね…

 

その「?」を少しずつほぐして、セルフケアでよく使うレメディーのマテリアメディカのお話を始めようと思っています。

 

ネット上で、文字と画像だけで伝えるって、むずかしいですね^^…

 

お茶の間勉強会で、皆さんのリアクションを楽しみながらお話するのが、大好きなもので☆

 

風織のHPホメオパシ―ってなぁにでも、お伝えしている内容と重なりますが、ご興味のある方は、「自然療法大学」の扉を叩いてみてはいかがでしょうか?

(受講料を納めて入ることが出来るサイトになっています)

オンラインスクールは、お仕事や子育てで、勉強に通う時間をつくれない方、学校に入るには学費がかかり過ぎる方に、自宅で自分の時間帯で学べて、受講料がお手ごろなメリットがあります☆

 

こじんまりと少人数でお話ししながら楽しく学びたい方は、ぜひ風織の勉強会にお越しくださいませ^^

4月から「36バイタルキット☆セルフケア上手になろう7回講座」を始めます♪勉強会のおしらせをご覧くださいませ~*

 

ライターの仕事も励みます^^です。

 

追*PCワークに「サポートAI」おすすめ^^です。

 このチンクチャー、LEDのレメディーがコンビネーションされてます。

0 コメント

2017年

3月

20日

つぎの「豆しごと」。

かおりたいむのアンケートに、皆さん、たくさんコメントやリクエストを寄せてくださいます~いつもうれしく拝見しています。

 

以前に、桜豆で作った味噌をご紹介したのを覚えていてくれた、ちいさな参加者さんから「桜豆の味噌作りをしたい!」とリクエストをいただきました☆

 

一緒には作れませんでしたが、今年も大豆以外のお豆さんで、味噌(と呼んでいいのか分かりませんが・笑)を仕込みましたよ☆^^☆

 

いつもこの時期は、今シーズン蒔く種豆の準備をします。

時には天候が悪かったり、野生動物に食べられたり…次の年の種を残せないときもあるので、種は全部蒔かずに、すこし取置いています。

次の年、順調に種を残せたら、その取っておいた豆を食用にします。

 

昨年作った「桜豆味噌」がおいしかったので、今年も仕込みたかったけれど、コクゾウムシさんに食べられてしまって、種豆をとる分しか在庫がないことが判明…

 

みどり豆は、食べる用のほかに種にする分もあって、今年はみどり豆で味噌を仕込むことにしました^^

 

先日、床暖の上で糀を仕込んだので、余分に取置けた糀を使います。

春先、気温が上がり始めると、外の物置で低温保管が効かなくなるので、糀も使い切ることに。

 

みどり豆を一晩、浸水してから、土鍋で炊いて、ざるにあげて冷まして。

ゆで汁を冷まして、糀にまぶしておいて。

冷ました豆を加えて、つぶしながら混ぜます。

(大豆とちがって、餡になる品種のお豆さんは、手でつぶせるかららくちん)

塩をまぜて(今年お気に入りの海水塩^^)、水分量を加減して。

お団子を作って、保存瓶に投げ込みます。

表面に塩を振って、焼酎で消毒。

瓶を新聞紙でくるんで冷暗所に保管☆

 

写真は、茹でたみどり豆と糀をあわせたところ^^

 

お豆さんの粒が小さいほど、豆の表面積が多くなるので、繊維っぽいお味噌になるでしょうか。。どんなことになるか楽しみ♪

 

古豆を使い切る☆季節に応じて糀を活用する☆次の食糧を仕込む☆

すこしの量でも、常温で長期保存できる食糧をつないでいくことも、暮らしを楽しく、安心させてくれるものになります。

 

一年後のかおりたいむで、みどり豆のお味噌を、皆さんと楽しめたらいいな☆

と願いつつ。。

 

来月4月の「畑のかおりたいむ」は豆と雑穀を使った手作りを予定しています。肝臓デトックスのホメオパシーでのケアと、新学期のこころのケアについてもお話いたします*^^*

4月22日(土)10:30~13:30です♪

詳しくは勉強会のお知らせをご覧くださいませ^^

 

0 コメント

2017年

3月

18日

いのちつながって。

 

風織畑で咲くチコリの花。

朝いちばんに朝露をたずさえて清々しく花。

蜂が蜜を吸うと、花粉がこぼれて、花びらに散ります。

 

天から降りてきたような、美しい姿です。

ひとシーズン満開に花をつけて、

秋の終わり、霜が降りる頃に根が朽ちて逝きました。

 

どうしてこうやって、いのちが終わっていくのか、

自分のなかで、喪に服す時間から抜け出せなくて、

しばらく、ことばを失っていました。

 

チコリがおしえてくれたこと。。

 

* * * * *

 

誰の中にもいる小さなチャイルド。

この子を抱えて皆いきている。

そのことに気付いていてもいなくても…

 

自分の中にいるそのチャイルドは、

暗がりで膝を抱えて小さくうつむいていて、

ひかりが届かない。

 

そのことに慣れてしまって、ひかりが届かないことにも気づいていない。

 

でも、お陽さまは、誰の上にも同じように降り注いでいて、

暗がりのチャイルドを包み込もうとして、

光を注ぎ続けている。

 

誰でも、風邪をひいたり、転んで怪我したり、他者のことばに傷ついたり。

身体や心が平穏じゃなくなったそのとき、

身体は病気になっていく…

 

そのとき、

自分のなかのチャイルドが「生きよう!」って目を覚ます。

 

「生きようっ」って目を覚ましたとき、

すうーっと光が差し込んで、そのチャイルドを包み込む。

 

チャイルドのハートの温度がみるみるあがって、

かかえていた膝を伸ばし、両手を光に向けて、ばんざーい。

 

そうして、「いきること」に気付いて、今というときと真剣にむきあう。

陽をあびたハートが大きくなって、

そのハートに乗って、ひかりのほうへのぼっていって…

 

お陽さまに出会う。

もう肉体もなにもなくて、あたたかなかたまりになって。

 

それは、お陽さまの分身。

だからいのちを生み出すこともできる。

 

光は大地を照らし、あたらしい、ちいさな芽がでて、

風に乗って広がって、

つぎつぎ大地に芽が吹いて、

 

そこに咲く花は、ひかりと混ざって、

そこに吹く風は、そよそよ波紋をつくっていく。

 

 * * *

 

内に在る、チャイルドがおしえてくれた「いきること」

生きるちからがハートをあたためて、

ひかりに向かって伸びていって、

 

お陽さまとともに、ひかりの塊のひとつになって、

愛をつくって降りおとす。

 

そこからまた愛の芽がのびて、

お陽さまと一緒になって、

 

そこにはもうなにもないんだけれど、

たしかに存在して、「ここに在る」ただ存在になる。

 

とことん今に意識をおいて。

明日がないくらい集中する。。

 

自分のなかのチャイルドと一緒に。

いのちに感謝して、

生きる。

 

* * * * *

 

風織を訪れる方たちが、そうやって、

自分を越えて、

自分のなかのほんらいの自分と繋がっていくのを、

ホメオパスとして、

みつめています。

 

どこからか「もういいよ」って声がして、

私は、チコリの花を手放しました。

 

ぜんぶ手放して、

ぜんぶゆるして、

いのちはつながっていく。

0 コメント

2017年

3月

17日

さくらまめ。

2016年に収穫した桜豆、この冬の間、たくさんの方に食べていただきました。

そういえば、ご紹介してなかったですね。。

 

金時豆によく似た色をしています。

でも水戻しすると淡い桜色になります。煮たり、炊いたりしても、うすい桜色です。

 

もとは北海道南部の厚沢部町で作られてきた在来種。大豆のように球状をしているのですが、いんげんの仲間です。

 

風織畑に来て7代目になります。

夏は竹の手いっぱいに蔓を伸ばして、みどりの壁ができます。その分、風を受けるので、丈夫に手をたてるのに時間がかかりますが、あとは勝手に伸びて沢山さやをつけてくれます。

 

夏場はみどりのさやを煮物や天ぷらにするとおいしいですが、乾物豆を沢山とりたいので、ほとんど手を付けずに、秋の終わりまで畑に置いています。

 

霜降りる頃に、からからに乾いたさやを収穫。2016年はコンテナ3つ分くらい収穫しました。

 

冬の間にせっせこ、豆選り。欲しいという方にお分けしたり、かおりたいむの食材に使ったり*^^*

 

片山家に食卓に使うのは、小粒や変形、色の悪い豆たちばかり。

この人たちの敗者復活戦のがんばりようは半端なくて^^

豆サラダや、豆ごはんにすると、ほんとに甘くてほっくりとおいしい。

 

この人たちをお客さんには渡せないし、次の種に選ぶことも出来ないので、片山がちょうだいしてます。

色もかたちも大きさも、不揃いな豆たち、なかなかかわいいのです。小瓶に詰めて飾っておくと、「かわいいですねぇ」て眺めてくださる方もいます^^

 

風織の桜豆を気に入って下さっている方たちに感謝~*

種用を残して、お分けする分は終了です。ありがとうございました*

 

今年もまた蒔きます☆^^☆

0 コメント

2017年

3月

16日

冬眠中の手しごと その5。

オフグリッドソーラーを使って、ストーブを焚いて、そのお湯で床暖を温めて、苗立てする。。自分がやってみたいこと。

 

その前に、床暖を使ってやってみたいと思っていたこと~糀を仕込むこと☆

 

写真は、糀菌が蒸かしたお米について広がってきたところ。糀の赤ちゃん。かわいいなぁ、ほんのり、糀の甘い匂いがしています。

 

お米を洗って浸水いちにち。

ひと晩水切り。ここまで前準備。

 

1日目、お米を蒸して、生糀とまぜて。

お陽さまが高くなってきた10時頃にペレットストーブを太陽光で稼働。

ストーブの上の鍋のお湯が50℃を越えたら、床暖モーターをまわして。

これも太陽さんの動力で。

床暖の上のこたつの中に、発砲を入れて、発砲の中の空気を温めて置いて。

床暖のいちばん温度が高い位置に、仕込んだ糀菌付きのお米を入れます。

湿度を保つのに、金皿にお湯を入れて、発砲をかぶせて蓋をします。

午後と夕方、消灯に温度湿度を確認して、ストーブは日没後は、買った電気に繋ぎ換えて、そのまま床暖を温めて…

 

2日目、お米に菌がまわって、白くカビのようになって。

時間とともに塊が出来て来て。

糀の匂いがし始めます。

 

ストーブを夜間も炊き続けると、温かすぎ…

おいしい糀になるためにって、家族みんな、温かすぎに耐えてます…

(こんな贅沢したことないな…糀は「えらい」人^^)

おいしい糀になるために、どうしたらいいのだろう??

かなり手さぐり。。

でも48時間、保温してみて。

 

3日目の朝、こたつをのぞいて。

うわぁ~糀だっ^^

板状にくっついて、白いふわふわが、くっついて広がって。

ちょっと、お米は色褪せてたり、発砲の水滴をかぶってしまったり、

うまくいっていないところもあるけれど、これでいいかぁ^^

できた☆ことにして。

 

50点かな、この糀の仕込み。

お米も糀もよくはたらいてくれて、

お陽さまも、ソーラーパネルも、バッテリーもインバータも、

ペレットストーブも床暖も、みんなとってもがんばってくれて、

ありがたいことです。。

 

あとは、毎年続けて、コツを見つけることかな。ひと冬にいちど。

30年くらい続けられたら、うまくなるかな^^

 

さっそく、塩糀と、味噌糀を仕込みました。

楽しみ☆です。

 

冬眠中の手しごとは、ここまで^^

ひと冬活躍してくれた、床暖さん、ありがとう~

仲良くなったところで、ここからが床暖の本番☆苗立ての準備始めます^^

0 コメント