2019年

10月

14日

基本のセルフケア講座。

基本のホームキット☆セルフケア上手になろう7回講座の6回目をいたしました。ご参加の方々、お疲れさまでした。

 

今回は、身近に起りうる症状に同種のレメディ―を取り上げました。主に咳について。呼吸器症状は、とくに夜間に悪化することが多くて、すぐにホメオパスと連絡が取れず、試行錯誤でレメディ―を使われる体験談をおおくお聞きします。そんな時に使っていただきやすいレメディ―を、どうして咳が出るの?ということを含めてお話させていただきました。

 

Ant-t. Dors. Ip. Phos. そして、膀胱炎のときに同種のレメディー、疲労が激しいときのレメディ―もあわせてご紹介しました。

 

実際に症状があって、ホメオパシ―でケアしたいなというときに、今はこのレメディ―だなって、見当をつけて使ってみることができるようになっていただけたらな☆と思います。でも、うまくいかないときもあって、皆さん、メールやお電話でお問い合わせていらっしゃいます。お気軽にご利用くださいね。

 

次回は7回講座の最終回。

ご参加の方のご希望で、日時を10月28日(月)15:00~2時間の予定で、ご用意しております。単発のご参加もお受けしています。今からでもお気軽にお申込みくださいませ☆

7回目のテーマ「自分の気持ちを大切に」

 ~心と身体の両面にはたらきかけるレメディ―

 *Arg-n. Ign. Lach. Lyc. Staph.  を予定しています。

お申込み、お問い合わせはこちらにどうぞ☆

 

*日毎に寒さ増すこの頃、どうぞご自愛くださいませ*

0 コメント

2019年

10月

14日

風織畑ありがとうのひととき

台風19号の影響で、被害に遭われた方々、今も生活に支障を抱えておられる方々に、深くお見舞い申し上げます。

 

当別は、秋が深まり、畑のシーズンも終わりに近づいているこの季節、ひと月にいちどの 畑のかおりたいむを、今月もいたしました。

 

台風が接近して、地域によっては避難している方々もおられる中、当別は低い雲に覆われながらも雨風はなく、どんよりした天候のなか、少々どんよりした気持ちを抱えた皆さまと、畑しごとを、そしてお昼ごはん作り、いろんなお話をしながらのひととき、過ごしました。

 

天候や野生の生き物や、諸々の出来事をそのまま受け止めつつ、今できることを地に足つけて考え、実行する…この積み重ねのなかから見えてくる暮らしをじっくり味わう。。そんな 畑のかおりたいむ、6シーズン目の終盤、今回のテーマは「ありがとうのひととき」。

 

みどりが枯れていく畑から、いま食糧にできるものを大事に使い、そして保存食に加工し、来シーズンの種も採り、そんなこの季節🌿

 

今回は、ハーブの摘み取り、豆の収穫、ヤーコン掘りや南蛮の収穫などいたしました。

 

お昼ごはんには、トマトのビン詰めと乾燥とうきび、前回収穫して乾燥させたハーブを使ったピザ。かぼちゃのスープや、掘りだしたヤーコンのサラダ、などなど。。様子はこちらから、ご覧いただけます。

 

*写真:今回の野草茶 どくだみ よもぎ 熊笹

0 コメント

2019年

10月

08日

畑のかおりたいむ*秋の収穫

9月21日、今シーズン6回目の「畑のかおりたいむ」をいたしました。

 

ご参加の皆さま、ありがとうございました。

 

短い秋は、時雨と秋晴れを繰り返しながら、確実に日毎に深まっています。

 

気付くともう10月、ご報告が遅くなってしまいましたが、たのしいひととき、こちらにご紹介しています🌿 ぜひご覧ください。

 

シーズン通して、季節とともに変化する畑に入り、野菜やハーブに触れることを繰り返すと、ひとつひとつの収穫がとっても嬉しかったり、親しみを感じたり。。自分で収穫した野菜とハーブで作ったごはんが、とくべつおいしく感じたり。。そんな地に足着いた小さな暮らしを皆さんとご一緒しています。

 

★次回は10月12日(土)10:30~14:00

 「風織畑ありがとうのひととき」

 秋の終わりの収穫と、いつもよりちょっと特別なごはん作りをしたいと思い

 ます。まだ少し、お席に余裕があります。お気軽にお申込みください。

 お申込みはこちらからどうぞ。

 またはホメオパシーセンター風織TEL:0133-27-5039までお願いします🌿

0 コメント

2019年

9月

15日

乾燥ねぎ。

先日の手しごとCafeのカフェメニューだった「乾燥ねぎ」、仕上がりました。

 

冬場、畑にネギがない時季、買うのもちょっと高価で…というときの、おたすけ保存食☆ 味噌汁や鍋、炒め物にひとふり入れて煮戻すだけ^^

 

これでもかっというほど、切って切って切って…したので、大ざる5つに入れて干したのですが、乾燥するとこんなにコンパクトになるのです。ご参加のかたの人数に袋詰めすると、14グラム入りが5袋。。こんな少しです。

 

保存食って、ほんとに貴重品なんです。これは、手しごとしてくださった方のもとにお届けいたします(^^♪

 

山盛りの切りたてネギの様子はこちらからご覧ください☆

0 コメント

2019年

9月

14日

畑のあるホメオパシーセンターこのごろ。

この季節は、畑のハーブを摘みとっては、

葉を乾燥させてドライハーブを作っています。

 

レモンバジル、シナモンバジル、ジェノベーゼバジル、

カレンデュラ、セージ、オレガノ、タイム、

アップルミント、スペアミント、

ミュルフォリューム、アルファルファ、ホーリーバジル、

タイバジル、エキネシア、チャイブ、などなど。。

お茶や料理に使うことが出来る、メディカルハーブたちです。

 

畑のワークショップも、この季節から終盤に入ります。

夏の終わりと、秋の始まりに実る野菜たちは、

身体に溜まった夏の疲れをとりながら、

これからやってくる寒さに備えるために必要な栄養を

あわせもった野菜たちです。

しっかり食べつつ。。保存しつつ。。

秋のワークショップと、セルフケアの講座、

実りの秋の風織に、お気軽に足をお運びください🌿

 

季節とともに少しずつ積み重ねた、

風織畑の野菜とハーブのレシピ、

土と繋がった手しごと、

こころと身体のホメオパシーケア。。

いちど一冊にまとめてみようかなと思います。

この冬は、そんな時間がながれそうです。。

 

風織のワークショップ、各講座のおさそいは、

こちらからご覧くださいね。

 

* * * * *

 

先日の手しごとCafeでお話しました、

ズッキーニのレシピのおすそ分けです🌿

 

ズッキーニの揚げびたし丼

ズッキーニを洗って水気をふき取り、厚さ7㎜ほどに切ります。フライパンになたね油を多めに敷いて、揚げ焼きします。ボールにたれを作ります。海水塩ひとつまみ、しょうゆ大さじ3、みりん大さじ2、酢大さじ1/2、生姜すりおろし大さじ1、チャイブを刻んで大さじ2杯分ほどを入れて、混ぜあわせておきます。揚げ焼きしたズッキーニをたれにひたして味をなじませます。炊きたてごはんを器に盛り、ひと口大に切った焼きのりを3枚ほど乗せ、ズッキーニを盛りつけます。白すり胡麻をまぶしてできあがり。

 

* * * * *

ドライハーブのハーブティー、お分けしています。

レシピ付きでひと袋100円です。

センター風織にて手に取ってお選びいただけます。

お越しになれない方には郵便にて発送いたします。

(送料82円のご負担をお願いします)

↓今ある在庫↓

リラックスしたいとき🌿 アップルミント シナモンバジル スペアミント

体をととのえたいとき🌿 どくだみ アルファルファ ミュルフォリューム

この夏のハーブたちのブレンドです。

 

秋ブレンドはただいま製作中です🌻

0 コメント

2019年

9月

11日

しっかり骨サポート!

 

ミネラルのセルフケア講座も6回目を終え、終盤を迎えています。

 

ご希望のかたには、ご都合良い日時で補講をお受けしております。

 

 

今回は、2回目「しっかり骨サポート!」の補講をいたしました。

ご参加の方々、ありがとうございました^^

 

骨のサポートとなると、ホメオパシ―を使っている方もそうではない方も、気になるテーマですね、骨粗鬆症のことは、どなたでも不安要素があったり、予防を意識している方も多いと思います。

 

風織のミネラルのホームキット☆セルフケア7回講座では、医食農同源に軸を置いてお話をすすめてきました。

 

そもそもミネラルってなあに? 身体の中でどう働いているの? ミネラルが足りないとどんな症状があらわれるの? というお話から始まって…

 

土壌のミネラルと、食物に含まれるミネラル、そして身体の中での消化と吸収についてのお話。そしてシュスラーのティッシュソルトのこと、金属元素と非金属元素の特徴、またそのレメディ―をとると、身体の中でどんな反応が起こるのか。。などなど、紙しばいを使って沢山お話しました^^

 

今回取り上げたミネラルレメディ―は、Calc-p.  Calc-f.  Bor.  Strot-c.  です。骨を丈夫にし、骨の表面の弾力を作り、他のミネラルとともに機能できるように働き、骨が病気になったときに修復するはたらきをもつミネラルのレメディ―の、それぞれのマテリアメディカをお話いたしました。

 

片山自身、骨と歯のサポ―トレメディ―をこれまでに随分使ってきているので、実感するところの多いレメディ―が色々あり、セルフケアに役立つレメディ―をご紹介いたしました。

 

カルシウムとビタミンDやリン、マグネシウムとの関わりなど、身体の中では、自分が意識しなくても働いてくれている仕組みが沢山あります。そして自然界の元素のもつ性質も併せもった、ミネラルのレメディ―☆ 宇宙の中で授かった私たちの身体の仕組みは、つねに私たちが健康である方向に働き続けています。その「自然」をきちんと機能させていくときに必要なのが、このミネラルレメディ―です(すごいな…☆彡)

 

次回のミネラルのホームキット7回講座は、7回目最終回となります。

☆10月5日(土)14:00~16:00 「寒さを迎える準備」

  冬の風邪、インフルエンザ等に対応するミネラルレメディ―のご紹介

  お申込み10月2日まで 参加費1500円*お子さま連れてご参加OK

☆これまでの各回の補講もお受けしています。

 お気軽にお問い合わせください。

0 コメント

2019年

9月

11日

初秋の手しごとCafeの日。

月いちCafeの「手しごとCafe」 9月は、先日8日(日)でした。

お越しくださった皆さま、ありがとうございました。

 

畑は、実のなる野菜たちが沢山。同時に、夏の盛りの緑は少しずつ色あせて、葉を落とし始めます。この時季に、畑の野菜とハーブを使って冬用の保存食を作るのも大事な手しごとです。今回は、ピーマン味噌のビン詰めと、乾燥ねぎを作りました。

 

お昼ごはんは。。

ハーブピラフ、きびきびスープ、蒸かしかぼちゃと新玉ねぎとバジルのマリネ、からし菜のピーマン味噌和え、野草茶でした。

 

たのしくにぎやかに、心と身体に栄養補給のひととき。

北海道は胆振東部地震から丸一年、停電で冷蔵庫が機能しなかった記憶も新しいところ…被害にあわれた方々のことを思い起こす大事なときでもあります。 常温で保存の効く保存食を作ることの大切さも、あらためて思うところです。そんな暮らしに根付いた手しごとを、楽しみながらご一緒する「手しごとCafe」。こちらからゆっくりご覧ください☆

 

🌿次回のおさそい ~今シーズン最終回です~

 手しごとCafe 10月20日(日)10:30~14:00

  「オフグリッドな暮らし」

   ☆お申込み10月16日まで 参加費:2500円

   お早めにお申込みください。お席の残り少なくなっております。

 

🌿抱き合わせのワークショップ

 畑のかおりたいむ 9月21日(土)10:30~14:00

   「秋の収穫」

   豆の収穫とハーブの摘み取りを予定しています。

   ☆お申込み9月18日まで 参加費2500円

 

今シーズン、気になっていたけどまだ参加されていない方にもご参加いただけるチャンスです。お気軽にお申込ください。お問い合わせはこちらから☆

0 コメント

2019年

8月

31日

すこしずつステップアップ

この頃は、気持ちよく晴れていても、とつぜん雨が降ってきたり、だんだん秋の空になってきましたね。 8月30日に、セルフケア上級編10回講座の2回目をいたしました。ご参加の方々、ありがとうございました。

 

どうしよう、ついていけるかな…」って、前回の1回目に、緊張しながらご参加くださって、でも何も問題なく、今回も予定の学びを続けました。

 

同種の法則とバイタルフォースのことを、『ホメオパシーin Japan』を読みながら、ご一緒にみていきました☆ レメディ―を口に入れたときに、何がどう作用して、症状が改善するのか、〝症状に同種のレメディ―がバイタルフォースにスイッチを入れる” ということ、分かったような分からないような^^?

レメディ―は、弱った身体の見方をしてくれるのではなくて、身体を弱らせている原因と一緒になって、「いま身体に異変がおきてるよっ」て気付かせる役目をしているって、今まで気がつかないでレメディ―使ってたぁ~って。ちょっと発想の転換になったかな☆

 

それから、実際にレメディ―を使うときに知っておきたいこと…2粒とるとどうなる? 同時に2種類とっていい? など、また、好転反応についても確認しました。

 

基本のホームキットのレメディ―の中から、Bell.  Bry.  Gels.  Hyper.  Rhus-t.  について、マテリアメディカを勉強しました^^

風邪をひいたときに役立つ、植物のレメディ―たちです。植物の姿や、含まれている成分の特徴が、そのままレメディ―の特徴になっているの、おもしろいですよね^^!それは、なるほど~なのですが、、

 

むずかしいのは、症状をみて、その症状に同種のレメディーを見つけること^^¡ 身体の特徴だけでなく、精神の特徴や基調も当てはめて、レメディ―をみつけるのは、なかなか大変ですね… 時間かけてすこしづつ慣れていけるので、大丈夫です*^^*

 

インナーチャイルドこころのたび。。皆さん、ご自分と深ーく向き合っておられて、素適です。自分の今世の人生を受け入れるのは、やはり自分なんだ…ということ、そのためには、自分を否定しないこと。。そして、自分をゆるすこと。。この意識の中で少しずつ、日々が楽になっていくことを、シェアするひとときでした。

 

インナーチャイルドと仲良くなれた分、偏見なくレメディ―をえらぶ、自分自身のホメオパスになれるような気がします。

 

熱心に学んでくださる方々から、たくさんの学びをいただいている片山です。

感謝しつつ。。

 

お昼ごはんも作って食べました。

摘みたてハーブのパスタ、かぼちゃととうきびのスープ、きゅうりとトマトのサラダ、新玉ねぎのドレッシング、ハーブティーでした。

この日のハーブティーは、セージ、エキネシア、ホーリーバジルでした🌿

たのしい話題たくさんで、時間が足りないですね。でも、限られた時間、続きは次回に☆

 

次回も、アンケートにお答えしながら、じっくりゆっくりと、お茶の間勉強会、楽しんでいきたいと思います♬

 

*上級編の講座は、10回通して同じ顔触れでひらいています。セルフケアの勉強会をご希望の方は「基本のホームキット7回講座」または「ミネラルのホームキット7回講座」にご参加ください☆「勉強会のおさそい」のページから詳細ご覧いただけます☆ お申込みはこちらです。

0 コメント

2019年

8月

31日

ホームキットのとうげ。。

8月25日、めずらしく日曜午後に、基本のホームキットの講座をいたしました。ご参加の方々、ありがとうございました。

 

今回は、7回講座の4回目^^

 

これまで3回にわたって、炎症の初期段階のセルフケアレメディ―、炎症の中盤に役立つレメディ―、そして炎症末期の排泄をうながすレメディ―について、取り上げてきました。

 

ホームキットを使うことにすこし慣れてきたところで、今回は、ホメオパシ―の理論にも触れながら、さらに使い込んでいくときのレメディ―のご紹介でした☆

 

急性症状にレメディ―をとって、そのときの症状が緩和する。。たとえば、咳が出るときに、同種のレメディ―を使うことで、そのときの咳が緩和したとしても、咳が出やすい体質まで改善するには至らないもの… そこに一歩踏み込んで、鉱物のレメディ―を併せて使うと、より深いところをケアできる場合があります。

 

そんなときに、役立つ鉱物のレメディ―、Calc. Carb-v. Sulph. Ferr-p. Mag-p.  についてお話しました。

 

5つのマヤズムの特徴をみました。ZENメソッドのレメディ―の使い方も、このマヤズムのことが見えていると、すこし分かりやすくなります。ZENメッソドでは、身体の土壌にある、病気にかかりやすい傾向をお掃除することも同時に見ていくのです。マザーチンクチャ―で臓器をサポートしたり、不足しやすいミネラルのレメディ―を一緒に使ったりもします。 

 

ホームキットで急性の症状にレメディ―を使うときにも、ZENメソッド的にホームキットのレメディ―を組み合わせて使うことで、しっかり症状に向き合えるようになります^^

 

便秘のときに同種のレメディ― Nux-v.  Bry.  Sep.  などを使うときに Calc. もあわせて使ってみたり、風邪の初期に Acon. といっしょに Ferr-p. を使ったり。。 痛みがあるときに Arn. といっしょに Mag-p. を使ったり。。

植物や動物のレメディ―と鉱物のレメディ―を組み合わせて使うことで、思いのほか、早く症状が改善することがあります。

 

こどもの急性症状には、とくに役立つ場合が多いです^^ 9歳女児の手首の痒みにSep. とあわせてCalc. を使って改善したケースや、10ヶ月の女児の中耳炎にLyc. とあわせてSulph. を使って改善したケース、30代女性の膀胱炎に腎臓サポートのチンクチャーといっしょにCarb-v. を使って改善したケース、40代女性で胃がよわくて太れないケースにArn. といっしょにFerr-p. を使って胃の痛みが改善したケースなど、ご紹介しました☆

 

ご参加の方、Mag-p. がいちばん印象に残ったご様子、次回は、アンケートにリクエストいただいた「症状により同種のレメディ―の選び方」について、ゆっくりお話したいなと思います^0^/

 

☆次回 基本のホームキット7回講座 の予定☆

 9月21日(土)14:30~16:30

(9月11日・水の予定を上記に変更いたしました)

 「疲れちゃったな…そんなときに」 

 子どもがキィキィ…母もイライラ…体も疲れて…そんなときにもレメディ―

 を使ってみませんか? *Cham. Sep. Chin. Ruta. のご紹介です。

 *お申込み 9月20日(金)まで 

  こちらからメールで。

  または、0133-27-5039 にお電話でお申込みください☆

 (10:00~16:00/木曜定休)お気軽にどうぞ^^

0 コメント

2019年

8月

28日

畑のかおりたいむ*8月

8月の🌿畑のかおりたいむ🌿をいたしました。

 

直前まで雨降り… 今シーズンの畑のかおりたいむは、どういう訳か、雨模様が多く、今回5回目を迎えるのに、いちどしか畑に入れたことがありません… ご参加の方々からも「畑に行きたーい!」とご要望が多く、なんとか晴れてくださーいっ!と願っていたら、晴れたんです やったっ、ありがとうお陽さま さっそく畑に行って、ゆっくり手しごとをして過ごしました。

 

お盆を過ぎて、まだ夏の陽ざしがまぶしいものの、さわやかに吹く風は秋の始まりです。えんどう豆の収穫や、越冬用の大根の種蒔き、そして、お昼ごはんの食材にする野菜とハーブを収穫しました。

 

えんどう豆。。昨シーズンの終わりに種豆の選別をご一緒にした参加者の方もおられて、次の世代につながったえんどう豆に出会えました^^

 

畑でお腹が空いたあとは、風織に戻って、お昼ごはんをにぎやかに作りました。出来上がったのは、写真のとおり(^^♪ 摘みたて野菜の、なす丼、つるむらさきの冷やし汁、そうめんと新玉ねぎの胡麻だれサラダ、にらの芽炒め、ゴーヤのおひたし、フレッシュハーブティー でした。

 

地に足つけて、しっかり働き、自分と同じ空気を吸って育った摘みたて野菜を、自分たちで料理して、ゆっくり味わうひととき。。いろんなことをお話しました。心と身体に、明日からのエネルギーを充電してお持ち帰りいただけたなら、とても嬉しいです^^ いちばんエコなエネルギーは、人間エネルギーですから。 バイタルフォースが元気なこと、大事ですね☆

 

ご参加くださった方々、ありがとうございました。そして、ご参加いただけなくても興味を持ってくださった方々、ありがとうございます。今回の様子は、「かおりたいむ2019」からご覧ください。 たのしいひとときこちらからご一緒に。

 

🌿お知らせ

☆次回の 畑のかおりたいむ

 9月21日(土)10:30~14:00 「秋の収穫」

 翌シーズンのための種採りや、ドライハーブ用のハーブ摘みを予定していま

 す。ひと手間かけて、畑の恵をいただきます(天候によって内容を変更する

 ことがありますので、ご了承ください)

 *お申込み 9月18日まで 参加費:2500円

 

☆抱き合わせのワークショップ 手しごとCafe

 9月8日(日)10:30~14:00 「夏野菜を保存食に」

 夏の収穫物を加工して保存するのも、この時季の大事な手しごとです。野菜

 の乾燥やビン詰めを作ります。

 *お申込み 9月4日まで(おあとひと席となっています)参加費:2500円

 

ホメオパシ―や畑はじめての方も、どなたでもご参加いただけます。お気軽にご参加ください。お申込みはこちらから。または、お電話 0133-27-5039まで、ご連絡ください。☆10:00~16:00(木曜定休)

0 コメント

2019年

8月

20日

11回目。

写真:風織のハーブたち*シナモンバジル アップルミント カレンデュラ

 

セルフケア上級編10回講座の11回目をいたしました^^ 

 

11回目? そうなんです。7月に10回講座を修了された方々のご要望で、延長14回まで続けることにいたしました^^ 雪が降ってくるまでの11月まで、もうひと頑張り、ご一緒にセルフケアを腕を磨きたいと思います☆彡

 

さて、11回目は、消化器系をサポートするマザーチンクチャーをご紹介しました。これまでに、肝臓のサポート、神経のサポートを取り上げてきました。臓器をサポートするチンクチャーを学ぶときには、その臓器がどこにあって、どんな働きをしているのか、健康な身体の中の仕組みが、すこし頭に入っていないと、マザーチンクチャ―の説明が分かりにくかったりします。

 

今回は、人体の仕掛け絵本のおなかの中をひらいて。。胃、十二指腸、小腸、脾臓、大腸の部位と働きを確認しながら、マザーチンクチャ― MT)Alf.  MT)Dios.  MT)Quer.  MT)Zing. についてお話しました。

 

MT)Alf. はマメ科のウマゴヤシという植物、食べたものの消化と栄養吸収を高めてくれるはたらき。。消化する→吸収する。。これは単に食べ物の栄養を取り入れるだけではなくて、自分の人生を消化吸収することでもあります。将来への不安や責任ある仕事の重荷、生活の不安定など、自分の人生をしっかり吸収できないことで、胃が病んでしまっているときにも、アルファルファのマザーチンクチャ―が役立ちます。

 

ヤマイモから作られたマザーチンクチャ―、ダイオスコリアのお話をしていると、ヤマイモの写真を見て「ヤマイモって胆石に似てますよね?」ってご参加の方に言われました。うむ、MT)Dios. は胆石の疝痛や胆汁のうっ滞など、胆嚢に症状があるときに適応するチンクチャーです。

 

「脾臓って必要なんですか?手術で簡単に取ってしまいますよね?」とご参加の方からお話があり…必要ない臓器ってあるの?って話になりました。食べ物には "気" があると思うのです。その気を、食べ物とともに食べることで、ひとは、カロリーとは別のエネルギーを取り込んで、その人らしく生きている、と考えると、食べ物の ”気” を消化吸収することも必要、その臓器が脾臓。脾臓の衰弱を伴う慢性的な肝臓の症状をサポートするチンクチャーがMT)Quer. です。ヨーロッパナラから作られたチンクチャー。脾臓がしっかりすることで、栄養吸収が高まり、集中力や忍耐力が伴います。今の子どもたちに必要なサポートですね。

 

下痢がひどくて、どんなレメディ―をとっても改善しないときの奥の手、MT)Zing. 。ショウガから作られたチンクチャー。食中毒による激しい下痢や慢性の下痢、緊張からくる下痢などの症状に適応します。

 

こんな身近な植物に、こんなに身体を健康に保つための働きがあるなんて、やっぱり自然のちからはすごいっと言わざるを得ません。。

 

後半は、ミネラルレメディ―のマテリアメディカをしました。炎症の3段階について、急性に対応するホームキットのレメディ―と、そのレメディ―にあわせて使えるミネラルレメディ―について、そして、こちらも消化器系をサポートするミネラルレメディ―、Nat-p.  Cupr-ar.  Nat-bic.  Chr.  のそれぞれの特徴と、こんなときに使う!お話をいたしました。 

 

むむむ… どうやらむずかしかったご様子。10回の講座で、充分セルフケアのちからをつけて来られたご参加の方々、ミネラルの12Xのレメディ―をセルフケアに使えるようになりたくて☆と、当初からリクエストいただいていた内容ではありますが、熱にBell. というような、「このときはこれ!」といかないむずかしさを感じておられるようです。

 

たしかにミネラルレメディ―の特徴は、そもそも元素のもつ特徴であり、栄養素でもあり、身体の仕組みもなんとなくは頭に入っていた方がよくて、いま出ている症状に、同種のミネラルレメディ―をえらぶのは、むずかしいかもしれません。 実際に使ってみて、身体の反応を実感しながら、お気に入りのミネラルレメディ―を見つけていただけたらな、と思います☆ 懲りずに次回は、骨をサポートするミネラルレメディ―、やりまーす^^

 

インナーチャイルドこころのたび もしました。子育ての中で、自分が子どもの頃に育てられたのと同じように、無意識にもまた自分の子どもに接してしまうことに、感情が湧き出して、どうしようもなく疲れてしまう、それがどうして生じてしまうのか。。ゆっくりお話おききしながら、インナーチャイルドの理論を説明しながらの、こころのたびでした。怒りや涙や、色んな感情を吐き出しながら、すこしずつ歩をすすめています。

 

皆さんのご都合をおききしての、時間延長で、湧き出すものと向き合うひとときとなりました。情報交換会かおりたいむにもつれこんでしまいましたが、お昼ごはんを食べながらも、メモを片手に、熱心にご参加くださり、感謝です。

お昼ごはんは、バジルとタイムとオレガノのフレッシュハーブパスタ。朝摘みのレタスやピーマン、きゅうりトマトのサラダ、新じゃがのスープを作りました。チタンの鍋のことや、ヘンプのこと、布良の布をこと、スマホの電磁波のことや、歯の詰め物のことなど、今回も話題沢山な学びのひとときでした。

 

お疲れさまでした🌿 また来月に12回目をいたします^^」

0 コメント

2019年

8月

15日

木工芸@風織

風織の相談室に少しずつ入荷している木工芸品。

 

美術工芸高校の学生が制作しています。

勉強会や健康相談のときに使っている、パレット型のテーブルや、キッチンの保存食棚、トイレットペーパーホルダーなど、大小さまざま、木目の映える実用工芸品、すべてオーダーメイドです。

 

なかでも人気の、トイレットペーパーホルダー☆ただいま4台在庫があります。2年生の男子高校生が制作しています。そもそもオーダーメイドのきっかけは、ボックスティッシュよりも、環境にもお財布にもエコな、トイレットペーパーを、室内でもすっきりと品よく置きたい。。出来れば片手でカットできるもの。。 という注文から出来上がったもの^^ 試作を重ねること4年ほど。。今のかたちになりました。

 

パイン材を使用、無色の塗装で仕上げています。ポールを外してペーパーを入れるタイプです。カッター部分も木製です。ビスを使用していますが、外観には影響を与えない作りとなっています。

外寸 154㎜幅×95㎜奥行×160㎜高さ

幅の内寸120㎜。117㎜幅のペーパーにも対応しています。

 

材料費と次の制作資金として、1台3200円でお分けしています。

(発送の場合には、送料のご負担をお願いしております)

 

ご希望の方はこちらにお問い合わせください。

詳細お伝えいたします。

 

風織にお越しの際には、テーブルなど木工芸の作品もお楽しみいただけます。

眺めていただけましたら幸いです。

0 コメント

2019年

8月

05日

気持ち新たに10回講座始めました

7月19日から、2019年スタートの「セルフケア上級編10回講座」をはじめました。

 

当別が通いやすい、ホメオパスを目指しているわけではないけれど、もっと使えるようになりたい、お茶の間勉強会が好き。。という方が、集まってくださいました。ホームキットの7回講座を以前に受けてくださった方々なので、基本的なセルフケアの腕をお持ちの方々。。昨年に引き続き、片山も心を決めて、向きあっていきたい、大事な講座の始まりです。

 

『ホメオパシーin Japan』を一緒に読みました。症状ってなに? レメディーをとるとき気を付けること、などなど基本の確認をいたしました。

 

ホームキットの中でも、使う頻度のたかい、Acon. Apis. Arn. Ars. Calen. について、原物質の特徴から、同種のレメディ―の特徴をお話しました。 

 

インナーチャイルドこころのたびでは、この頃感情が湧き出してきた出来事についてシェアしました。自分を生きようとすればするほど、インナーチャイルドが心の扉を叩いて、その声を無視できなくなります。。目をそらさずに、自分のインナーチャイルドと向き合うことは勇気がいりますね、ひとりではなかなか解決できないことを、しずかに吐き出してみる時間はとても大切です。

 

ゆっくりしっかり、学び合っていけるお茶の間講座、ともに学び合っていきたいと思います☆

 

0 コメント

2019年

8月

05日

10回講座10回目^^」

昨年7月にスタートした「セルフケア上級編10回講座」が、ようやく10回目を迎えました。

 

内容が濃く、毎回盛りだくさんの学びを積み重ねてきました。

 

ご参加の方々それぞれに、ご自分やご家族に、ホームキットのレメディ―選びを繰り返して、少しずつ、ホメオパシ―を使い込んでこられました。素敵ですね。

 

今回10回目は、ミネラルのことを中心にたっぷり学びました。シュスラーのティッシュソルトについて、金属元素と非金属元素の特徴と、そこから結合した化合物から作られたミネラルのレメディ―12種類について、その特徴を確認しました。

 

夏休みのこの時季、暑さ対策に役立つ、ミネラルのホームキットにある12Xのレメディ―を取り上げました。

 

疲れにくい身体をつくっていくときに必要なミネラルレメディ― Kali-p.  Moly.  Rubi-m.  Sel.  Stann.  Vanad.  のマテリアメディカ、そして代謝をたかめるミネラルレメディ― Nat-m.  Calc-s.  Calc.  Kali-al-s.  Zinc-m.のマテリアメディカのお話をしました。 

 

今出ている急性の症状に、同種のレメディ―を見つけて、そのレメディ―にミネラルのレメディ―をあわせて使ってみる。。そんな練習の時間となりました。

 

以前から「12Xのレメディ―使えるようになりたいです!」とリクエストいただいていたのですが、実際お話すると、「むずかしい…」とのこと。分かりやすくお話するのも、ムズカシイ…^^¡

 

元素そのものの特徴や、そのミネラルを含む食材についてもお伝えしながら、実際の体験談などまじえてのお話となりました。

 

一緒におひるごはんも食べました。ポテトとハーブのピラフ、とうきびスープ、摘みたてのレタスとえんどうのサラダ、トマトの天ぷらでした。食後のハーブティーは何よりのリラックスになったようです🌿

 

なんと、この10回講座、あつーいリクエストをいただいて、延長が決定^^☆

雪が降る時季まで、あと4回続けることにいたします。 ミネラルのホームキットの使い方36種類すべてやります。マザーチンクチャ―のご紹介も。

「偏見をもたずにレメディ―をえらぶことができる」ように、インナーチャイルドこころのたびも続けます。

 

良い学びを積み重ねて、少しずつ自分らしさを身につけていける時間になりますように。。次回もがんばっていきましょう☆

0 コメント

2019年

8月

05日

手足口病に役立つセルフケアレメディ―

札幌近郊でも、手足口病が、流行っているようです。

 

お問い合わせにお応えしている、レメディ―は、Ars. Thuj. Sep. Rhus-t. Bor. などです。

 

幼稚園、保育園でもらってくることが多いようですが、4歳くらいの子どもが、罹りやすいウイルス性の感染症です。3~5日の潜伏期間のあと、口の中に水疱性の発疹がでます。手のひらや指先、足などに小さな水疱ができ、発熱を伴うことがあります。

 

ホームキットの中の、上記のレメディ―で対応してみてください。

そのお子さんがもっている、身体の中の力は、それぞれなので、症状が改善しないときには、他のレメディ―やマザーチンクチャ―が必要な場合もあります。お困りのときには、応急相談をお受けしておりますので、お電話でお問い合わせください。

 

身体のお掃除をして、免疫を高めるチャンスでもありますが、いま時季の暑さの中では、体力が消耗しがちですので、Chin. や、Nat-m. などあわせて使うとよいかと思います。

 

大人も感染することがあります。片山も息子たちがちいさいときに感染して、40℃発熱、そのあと指先の皮がむけて治っていきました。大人が罹る方が症状が重いようです。

 

ホームキットに同種のレメディ―がそろっていますので、フル活用してくださいね。元気に乗り切れますように。

0 コメント

2019年

8月

04日

8月の手しごとCafe

暑中お見舞い、申し上げます。

当別にも短い夏が訪れています。冬は夏の暑さが恋しいのに、ここ数日の猛暑に「あついーっ」とバテ気味。

 

そんな暑さの中、ご参加いただいた方々と、たのしいひととき「手しごとCafe」をいたしました。

 

つよい陽ざしのもとで、エネルギーを蓄えた畑の野菜とハーブたちを、朝摘みして、手しごとの食材にいたしました。

 

まぶしいくらい橙色にひかるカレンデュラの花びらをたっぷり入れた、クッキーを焼きました。 お昼ごはんには、ジェノベーゼバジルのパスタ、キャベツと新じゃがたっぷりのスープ、トマトの脇芽の天ぷら、えんどう豆のおろし和え。 皆さん、食材をだいじにおいしいごはんを作ってくださいました。

 

ホーリーバジルのお話もいたしました。心にとどく深ーい香りを漂わせているホーリーバジル🌿 ヒンドゥー教では神に捧げる植物と言われ、神聖を花言葉にもつ、このハーブ。不安を解消する香り成分をもっていて、ストレス下で分泌されるコルチゾールを抑制する成分を含んでいます。

 

お茶にして飲んで、心にも身体にもとどくホーリーバジルは、やはりメディカルハーブには欠かせないな、とあらためて思います。パラソーサスの『医師の迷宮』の中で「自然は薬局である」という箇所を思い出します。やはりメディカルハーブは奥が深いです。そして何も考えなくても、ほっとさせてくれる、夏のギフトです。

 

手しごとCafeの様子はこちらからご覧ください。

今回も盛りだくさんに、元気なじかんが流れました。 

 

そして次回の参加お申込みも受付けています。

次回☆ 9月8日(日)10:30~14:00「夏野菜を保存食に」です。若干お席に余裕があります。お早目にお申込みくださいませ。

 

*抱き合わせのワークショップ「畑のかおりたいむ」は次回、

 8月24日(土)10:30~14:00 「夏野菜を楽しむ」です。

 季節の良い時季、ご参加お待ちしています。

 お申込み・お問い合わせはこちらからどうぞ☆

0 コメント

2019年

7月

29日

*メディカルハーブを楽しむ*

7月27日に「畑のかおりたいむ」をいたしました。

 

今月の手しごとは、メディカルハーブを楽しむ。

 

風織畑のメディカルハーブの手入れを予定していましたが、最近にはめずらしく、しっかりと雨が降って畑に入れず… 皆さんがっかり、ごめんなさい… 

 

でも風織の室内で、ハーブの摘み取りと、お昼ごはん作りをいたしました🌿 

 

写真はミュルフォリュームとアルファルファ。茎から葉を摘みとって、お茶用に乾燥させる手しごとをしました^^

 

わいわいにぎやかに、たのしくおいしく、ゆったり自分と向き合うひとときでした。かおりたいむの様子はこちらからどうぞ🌿

 

季節を通して畑のある暮らしをシェアすることで、心と身体を自然なリズムにととのえていけますように。そして、ちょっとずつ、自分のこころと向き合うことが楽になっていけますように。。

 

次回の「畑のかおりたいむ」は8月24日(土)「夏野菜を楽しむ」です。元気に夏を楽しむひととき、ぜひいちどお越しくださいませ♪お申込みは8月21日までにお願いします☆

抱き合わせの「手しごとCafe」は8月4日(日)「ハーブクッキング」です。こちらはおあとひと席となりました。お申込み8月1日までです。

くわしくはこちら お申込みはこちらです。

☆ご参加お待ちしております☆

        

 

0 コメント

2019年

7月

15日

3回目のセルフケア講座。

基本のホームキット7回講座、3回目をいたしました。

ご参加いただきありがとうございました。

 

テーマは「排泄上手な子どもたちへ応援レメディ―」。前回取り上げた、風邪などの炎症に同種のレメディ―に引き続き、今回は、炎症が峠を過ぎて、老廃物として膿をつくっているときに、その排泄を促すときに同種のレメディ―のご紹介でした。

 

身体全体は冷えているのに患部は熱をもっているときにHper.を、中耳炎のケースをお話しながら。 鼻炎が改善して口呼吸ができるようになったケースをお話しながらKali-bi. について。 重金属など本来身体の中にないものが溜まって、膿をつくっているときにMerc.  が同種であること。 刺激物を嗜好しながらがんばり過ぎて臓器にしわ寄せがあるときにNux-v. が同種であること。 黄色や黄緑の鼻水や痰、排泄物があるときにPuls. 。 栄養吸収不足の時に代謝を促すSanic. など、原物質の特徴や、ハーネマンのプルービングの特徴などまじえながら、たっぷり2時間の講座でした。 

 

自分に必要なレメディ―を自分で選ぶことができるように、セルフケア上手さんが増えたらいいな。。と続けているこの講座。 ご参加の方は、レメディ―の特徴を知って「あーあのときこのレメディ―使えばよかった~」とか、「このレメディ―自分によくあてはまるぅ」など、日々の体調と照らし合わせて、身近に感じてくださいます。

 

実際、日頃不調があったときに、「今こういう症状なんですが、この前やったこのレメディ―でいいですか?」とか、「この前やったレメディ―試してみたんですけど、ピンと来なくて…これは違うんですか?」など、メールをいただきます。

 

同じレメディ―を繰り返し使ったらよいのか? 別のレメディ―に変えたほうが良いのか? もしくは同じレメディ―でもポーテンシーを代えたらいいのか? 7回講座の回を重ねて、少しずつその感覚をつかんでいっていただけたらな^^と思います。

 

ときには、その急性の症状が、慢性の背景を抱えていて、ひとつのレメディ―だけでは同種でないときもあり、ちがうケアをお伝えすることや、健康相談をおすすめすることもあります。 

 

基本のホームキット講座の次回は8月7日、ミネラルのホームキット講座の次回は8月3日を予定しています。また楽しくお話したいと思います。

講座の詳しくはこちら☆ お申込みはこちら☆ お気軽にどうぞ^^

0 コメント

2019年

7月

14日

手しごとCafe*7月

ちょっと暑い日と、ちょっと寒い日と。。たまに雨が降って、畑は少しずつ緑が盛り上がってきました。風織のメディカルハーブも花芽をあげ始めました。ハーブたちがいちばんちからをもつ時季です🌿

 

7月7日に3回目の「手しごとCafe」をひらきました。

 

今回のカフェメニューは、

「メディカルハーブをたのしむ その1*ハーブティー」でした。

ご参加の方々、ありがとうございました。

 

朝摘みのメディカルハーブは、カレンデュラ、エキネシア、レモンバーム、アルファルファ、アップルミント、ミュルフォリューム、スペアミント。

 

ハーブを手に取って、ご自分のこころと身体が気に入ったブレンドのオリジナルハーブティーをつくってみました。おひとりおひとり、みな違ったブレンドになるのが、素適だなぁ🌿と思いました^^

 

ハーブのレクチャー、畑の食材のご紹介、そして、夏の暑さをむかえるこの時季に必要なミネラルや、ホメオパシ―でのケアについても、お話いたしました*^^*

 

お昼ごはんも、みなさんと手作りしましたよ☆

黒千石大豆の豆ごはん、青梗菜のスープ、ブロッコリーのマスタードエッグ、旬の摘みたてサラダと、手作りドレッシング、ラディッシュのさくらんぼ酢漬け。。 旬の畑の幸を満喫したひとときでした。

 

 ♪様子はこちら^^画像付きでおたのしみください♪

 

自分が暮らす空気と同じ空気を吸って育つハーブとやさい。

薬を使わない自然なハーブとやさい。

いま畑にある旬のハーブとやさい。

 

この3つを大切にしています。

それはひとのこころと身体に、本来のちからを取り戻してくれるんだなって、

今回、あらためて思いました。 

 

ハーブの香りと、ゆっくり味わう時間の中で、みなさんの口からこぼれる言葉のひとつひとつは、暮らしの中から湧いてきた自然な思いや、ほかではなかなか話せないこと、素直に心地よいと感じること、素直に危ないと感じること、こころの奥にある不安や、恐怖、ほんとはどうしたいのか、どうなりたいのか、その思いと矛盾する社会への怒りや疑問。。そんな言葉をみなで共有する時間となりました。

 

風織は、みなさんのこころと身体にとって、安全な場所でありたいと思っています。どんな症状を抱えた人にも、どんな思想、考え、感情を抱いた人にも、同じように扉を開けて、その方に同種のレメディ―と、ことばのレメディ―を選んで差しあげることを、ホメオパシーセンターの原点としています。

健康相談、インナーチャイルドセラピー、畑のワークショップと、セルフケアの各講座、お気軽にお訪ねください。

 

次回の「手しごとCafe」は8月4日「メディカルハーブクッキング」です。

2本立ての「畑のかおりたむ」は7月27日「メディカルハーブを楽しむ」です。どちらもあとすこしお席に余裕があります。お申込みお待ちしております☆詳しくはこちら☆ *お申込みはこちら*です

0 コメント

2019年

6月

30日

ごあんない*手しごとCafe

写真はアルファルファ🌿 雨をもらった畑は、少しずつ葉を茂られせています。アルファルファやミュルフォリュームが花をつけ始めました。エキネシアやカレンデュラも花芽が上がってきています^^ 

 

今月の「手しごとCafe」のご案内です🌿

 

 *7月7日(日)10:30~14:00

 *日本ホメオパシーセンター石狩当別 風織にて

 *今月の手しごと

 「メディカルハーブをたのしむ」その1*ハーブティー

  お好きな摘みたてハーブを選んで、ご自分の身体と心にあったブレンド

  ティーを作ります。風織のメディカルハーブのご紹介をいたします

 *ごはん作り

   黒千石大豆の豆ごはん 青梗菜のスープ 旬の摘みたてサラダ 

   手作りマスタードドレッシング ブロッコリーのマスタードエッグ

   ラディッシュのりんご酢漬け の予定です

  (アレルギーをお持ちの方、事前に食材の詳細を確認されたい方は、

   直接お問い合わせください)

 *『夏の暑さ対策*ホメオパシーセルフケア』のお話をいたします

 

 ★参加費:2500円(お子さま500円)

 ★お申込み:7月3日(水)まで こちらからどうぞ^^

       ☆おあと2名さまほどお席があります

 ★申し込みいただいた方には、詳細のご連絡差しあげます

 

おなじ時間をちょっとゆったり過ごしませんか?

お越しをお待ちしています🌿

 

* * * * *

ホメオパシ―センター風織では

医食農同源の暮らしを皆さんとシェアしています

土と繋がった手しごと や、旬のハーブと野菜を使ったごはん作り

季節にあったセルフケアなど

心と身体がよろこぶ暮らしをお伝えします

0 コメント

2019年

6月

22日

このごろのお茶。

今日は雨です。雷も鳴って、畑シーズン始まって以来はじめてのまとまった雨が降っています。今日は「畑のかおりたいむ」3回目の日でしたが、畑しごとにも、食材の収穫にも入れない様子で、お休みにしました。ご参加予定のみなさま、ごめんなさい…

 

今回の「畑のかおりたいむ」で予定していた、バジルの定植は、昨日、雨が降ってくる前に植えました。ジェノベーゼバジル、ホーリーバジル、レモンバジル、タイバジル、シナモンバジルの苗を植えました。ひと月半前に種まきしたバジルたち、今回の雨でしっかり根がつくといいなぁと思います。ご一緒に植えられなくてちょっと、残念でしたが…

 

今回収穫する予定だった、サンチュや水菜、ラディッシュ、アップルミントやスペアミントなど、みんな元気に育っています。

 

さて、風織にお越しの方にお茶をお入れしているのですが、この頃は、どくだみのお茶にすることが多いです。きれいなどくだみが生えているところを見つけました。かごいっぱい摘んで、洗って干して、切り分けて乾煎りして、瓶に保存しています。 

 

ゲンノショウコ、センブリと並んで、日本の三大薬草と言われている、どくだみ。体内の老廃物を排出する解毒作用があります。脂肪の吸収を抑制するはたらきや、血液をきれいにするはたらき、胃の粘膜を整えるはたらき、便をやわらかくする作用、利尿作用、PMSの緩和、鉄分が多く貧血の改善、カルシウムも含まれていて骨粗鬆症の予防、花粉症の予防、など。。根本の体質をサポートしてくれる薬草です。 

 

便をやわらかくする作用があるので、胃腸がよわい方は下痢をおこす可能性があります。腎機能が低下している方にはあまりおすすめしていません。

 

健康相談にお越し方には、排泄がつよくなり過ぎないように浅めにお入れしています。その方にあわせて、すぎなやアルファルファ、よもぎ、ミュルフォリュームなど、風織の畑で摘んだ薬草やハーブとブレンドもしています。

 

ちょっとゆっくりお茶を飲むのもいいですね。この時季に旬の薬草を身体に取り入れることで、夏の暑さに耐えられる身体をつくっていけたらいいですね。

 

これからはハーブのお茶の季節です。

*7月7日(日)「手しごとCafe」ではメディカルハーブのお話とお茶をたのしみたいと思います。

*7月27日(土)「畑のかおりたいむ」では、畑でハーブの収穫を予定していす。季節のよいこの時季、ぜひいちどお越しください^^🌿

0 コメント

2019年

6月

21日

そっこん。

畑で育っている大根、間引きました。野口種苗の大根です。

 

まだ小さいのに、ひげ根がもしゃもしゃ。これです。最近よく、勉強会でお話している「側根」。

 

大根の先の太い根っこは、主根。

ここから窒素やリンなど、大きなミネラルが土の中から吸収されます。

 

そして、側根から、カルシウム、マグネシウム、鉄や亜鉛、銅など、微量のミネラルが吸収されて、ミネラル分を多く含んだ野菜になります。

 

この野菜を食料として消化して、そこに含まれたミネラルが腸から吸収されて、はじめて、血となり骨となり、神経伝達や筋肉の弛緩と収縮など、健康なからだを作ってくれる成分となります。

 

私たちがなにも考えなくても、からだの中を血液が循環したり、からだを動かしたり、呼吸をしたり。。この役目をしてくれているからだって、すごいですね^^ この原動力となるミネラル、「側根」が大きく関わっているんですね☆ すごいなぁぁ~って、小さな大根を抜いて、思いを巡らす… 畑に取りつかれる季節に突入した畑ホメオパスの私です^^¡ 

 

ミネラルの詳しいお話は「ミネラルのホームキット」7回講座にて☆ ミネラルのおいしい食べ方は「畑のかおりたいむ」と「手しごとCafe」にてお伝えしています^0^ お気軽にご参加くださいませ🌿

 

*詳しくはこちら→勉強会のおしらせ

0 コメント

2019年

6月

18日

セルフケアってなんだ?

基本のホームキット7回講座の2回目をいたしました^^

写真は、以前に風織の畑で咲いてくれたハイペリカム。セントジョーンズワートと言ったほうがなじみがあるでしょうか?

 

今回は、ハイペリカムを始め、ベラドーナ、ブライオニア、ジェルセミューム、ラストックスなど、風邪をひいたときにおすすめのレメディ―をお話しました☆ どれも植物のレメディ―です。急性の症状ほど、植物のレメディ―を使うことが多いのです。。

 

それぞれのレメディ―の特徴をお話するときに、原物質の特徴をお伝えしています。これって、だからなに?って思われがちで… 自分もホメオパシ―を学びたての頃は、マテリアメディカの授業で原物質の説明を聞くと、それがレメディ―と何の関係^^?って思ってました…

 

でも原物質の特徴を敢えてよーく見てみると、物質に含まれる成分にどんな特徴があって、それは人体にどう影響するのかが見えてきます。。 そして物質のもつ性質がひとの心の状態にあてはまることが見えてきます。 だから、こんな症状のときに、このレメディ―が同種なんだなぁぁーと、納得できたりします。

 

急性の症状に、たとえば…熱が出て熱に同種のベラドーナのレメディ―を使ったり、かぶれて痒いときに痒みに同種のラストックスのレメディ―を使ったり、そんなふうにホームキットのレメディ―で、身近に起る症状に対応することが、セルフケア☆ 

 

でも、原物質の特徴を知ったうえで、マテリアメディカを読んでみると、もうすこし深ーく、ほんとうに必要なレメディ―が見えてきます。急性の症状に対応するだけではなく、自分の心のなかの感情がじゃまして今この症状が出ていることに気付いたり、生きにくいと感じる根っこに自分に同種の性質をもった

レメディ―が見つかったり。。すこし人生が味わい深くなることがあります。 そんな「セルフケア」をお伝えしている風織のお茶の間勉強会です。

 

学びにお越しくださる方々、ありがとうございます🌼

 

次回は…7月10日(水)10:30~12:30

    風邪の症状が治って来たとき、老廃物の排泄をうながすときにおすす

    めのレメディ―をお話いたします☆彡

0 コメント

2019年

6月

17日

いっぱい学びました^^

セルフケア10回講座の9回目でした☆ゆっくりゆっくり学び続けてきたことが、少しずつセルフケアの実践に繋がってきています。今回もさらに学びを深めました^^

 

『ホメオパシーin Japan』(由井寅子ホメオパス著/ホメオパシー出版)より、根本体質ってなぁに?その特徴と、根本レメディ―のマテリアメディカをお話いたしました。ご参加の方々、「これ私だっ」など、ご自分やご家族に当てはめて、特徴をつかんでおられました^^ それが何より覚えやすいですね☆

この根本体質が、すこし頭に入っていると、セルフケアの幅がぐーんと広がります。

 

こどもの場合、Calc. やPhos. など、その子の根本体質に同種のレメディ―を使うことで、風邪など日常の急性症状のケアに役立ちます。 大人の場合には、もう少し症状が複雑に出たり、子どもでも環境の要因などでバイタルフォースが弱体化している場合には、根本体質を見つけにくかったります… ホメオパスの相談も受けながら、ケアされることをおすすめしています。。

 

今回から、ミネラルレメディ―について取り上げました。

ミネラルってなぁに? 身体に必要なミネラルを摂取するには? 紙しばいを使いながら… 土壌のミネラルのこと、種のことも含めて、消化と吸収のお話をしました。

 

そして今回のテーマは「血液のサポート」。血液のはたらきを確認しながら、Ferr-p.  Mag-p. Mang-s. Cob. の12Xのレメディ―をご紹介しました。鉄、マグネシウム、マンガン、硫黄、コバルト、リンの元素の特徴も一緒に確認いたしました^^」

 

「インナーチャイルドこころのたび」も、ひきつづき。。このひと月、日常で感じ取った、自分のなかの感情を、見つめてみました。こどもの頃の親の姿を思い出して、そのとき、子どもだった自分はどう感じたのか、そのときの感情を抑え込んでしまったことで、今目の前に起きたできごとに必要以上に反応していないか…、今ほんとうはどんな自分でいたいのか…などなど、ご一緒にお話しをすすめていきました。

 

ご質問は、プラクティカルホメオパシーのことや、マザーチンクチャーとレメディ―のちがい、マテリアメディカの見方。。などなど。盛りだくさんに学びのひとときでした。 ご参加いただき、ありがとうございました🌼

 

たくさん勉強したあとは~お昼ごはん^^ぱっと作ってもぐもぐいただきました。今回は。。わらびの炊き込みご飯 青梗菜とたまごのスープ 風織のサラダバー マスタードの手作りドレッシング ゆで大豆 きゅうりの辛子漬け 自然なサクランボ どくだみとアルファルファとよもぎのお茶 でした♪

 

おしゃべりも盛りだくさんで、たのしいひとときでした*感謝*

 

次回は7月に最終回10回目をいたします~お楽しみに☆彡

 

 

★次期7月からの「セルフケア上級編10回講座」のお申込みを受付けております。お問い合わせの方には詳しい内容をお伝えいたします。曜日と時間帯は、ご希望をお聞きしながらすすめていきます。

 *ホームキットをふだんから使っておられる方

 *ホメオパシーを暮らしにとり入れてみたい方

 *10回通してご参加いただける方

 お気軽にお問合せくださいませ。お待ちしております^^*

  

0 コメント

2019年

6月

10日

「小さな生葉をだいじに」

今月の「手しごとCafe」を6月9日にいたしました🌿 

 

今回のテーマは『小さな生葉をだいじに』でした。風織の食材を使って、摘みたてナチュラルサラダバーを楽しみましたよ*^^*

 

詳しくは手しごとCafe2019をご覧くださいませ♪

 

風織のワークショップは、いつもその時どき、いちばんよいエネルギーが流れています。そのエネルギーが、ご参加の方々の明日を生きるエネルギーになりますように☆ 風織の野菜とハーブたちとともに、そのことを願っています。

 

~次回のおさそい~ 

☆畑のかおりたいむ    

 「新芽のきせつ」 

 6月22日(土)10:30~14:00   

 メディカルハーブと小さな葉物たちの収穫、夏野菜の手入れを始めます♪    *お申込み 6月19日(水)までにお願いします

 

☆手しごとCafe

 「メディカルハーブをたのしむ」 その1ハーブティー

 7月7日(日)10:30~14:00      

 ハーブが茂りはじめると楽しみなのが新芽の生茶。 

 心と身体にはたらき かけるメディカルハーブのお話をいたします。

 *お申込み 7月3日(水)までにお願いします

 

どなたでもご参加いただけます。季節の良いこの時季、ぜひ一度お越しくださいませ🌿 お申込みはこちらからどうぞ☆ 

0 コメント

2019年

6月

04日

ごあんない*手しごとCafe

次の「手しごとCafe」が今週末となりました。お申込みただいた方に向けて、詳細のご案内です。まだ若干名さま、お申込みいただけます。参加してみたいなという方は、ご連絡くださいね☆

 

〈6月の手しごとCafe〉

 ☆6月9日(日)10:30~14:00

 ☆ホメオパシーセンター風織にて(直接風織にお越しください)

 ☆今月のカフェメニュー「小さな生葉をだいじに」

  野菜をおいしくたくさん食べたくなる~野菜の栄養を補うドレッシングを手

 作りします^^」

  *チャイブの胡麻ドレッシング

  *りんご酢ドレッシング

  *豆乳マヨネーズ

 風織の食材を使ってナチュラルサラダバーを作りますよ^^

  *サンチュや水菜、ルッコラ。。摘みたての葉ものたち

  *大豆や桜豆、白いんげん。。風織のミックスビーンズ

  *青梗菜のスプラウト

  *旬の野草。。京蕗の水煮

 ☆お昼ごはんの予定

  もちきびごはん チャイブの根と水菜のスープ 

  グルテンミートのトマト煮 野草茶 です。

 

 ☆「神経のサポート」についてもお話します^^

  新年度のがんばりに慣れてきて、疲れが出てきたらセルフケアに使える

  マザーチンクチャ―のご紹介です。

 

 ☆参加費:2500円/お子さま 500円

 ☆持ち物など:室内での手しごとできる服装でお越しください。エプロンを

  必要な方はご持参ください。筆記具など。配布資料ご用意します。

 

 ★当日のキャンセルは仕込みの変更が間に合いません。恐れ入りますが、

  半額のお振込みをお願いしております。

 

 ★お問い合わせ、これからのお申込みは、こちらまでどうぞ。

  

*たのしみにお待ちしております*

この日は14:00~16:00「ミネラルのホームキット7回講座」1回目の補講をいたします。こちらに参加ご希望の方もお気軽にお申込みください☆

0 コメント

2019年

5月

29日

今月もたのしい「畑のかおりたいむ」

5月25日に「畑のかおりたいむ」をいたしました。今シーズンはカッコウの鳴き始めが遅くて、豆の種をいつ蒔こうか迷っていましたが、当別も24日に初鳴きでした(やった☆) 

 

さっそく25日に、紅大豆と緑大豆、みどり豆の種を蒔きました。 

 

畑では、カレンデュラやエキネシア、ミュルフォリューム、カモミラ、アルファルファ、セージ、ルータ、アップルミント、レモンバーム、チャイブなど、宿根のハーブが、葉を広げ始めました^^ 

 

えんどう豆やサンチュ、ルッコラ、ラデッシュが発芽しています^^ ちょっとずつ畑本番! そんな畑で「かおりたいむ」🌿ご参加いただき、ありがとうございました。

 

写真は~お昼ごはん。運動会シーズン、行楽のお弁当の季節ですね。作ってみました*風織のお弁当~

 

車麩のおにぎらず ハスカップのおにぎり グルテンミートのから揚げ 人参えびフライ ふきの煮びたし そばサラダ 春の野草茶 りんごの酢ドリンク

 

でした(^^♪ 畑の情報交換しながら、いっぱい働いて、いっぱいごはん食べました。「畑のかおりたいむ」は毎回、ご参加の方の顔ぶれが変わりますが、そのときそのとき自然なエネルギーが集まって、いちばん良い空間が生まれます。今できることを大切に、今シーズンの「畑のかおりたいむ」続けていきたいと思います。

 

☆今回の様子は、かおりたいむ2019をご覧ください☆

 

🌿次回のおさそい

 6月22日(土)10:30~14:00

 「新芽のきせつ」

メディカルハーブと小さな葉物たちの収穫、そして夏野菜の手入れを始めます

ホメオパシ―も畑もはじめてのかたも、ご参加OKです。お子さまを連れてご参加いただけます。いちど参加してみたいな^^という方、季節のよいこの時季にぜひいちどお越しください♪お待ちしております☆彡

 参加費:2500円(お子さま500円)

 お申込みはこちら 6月19日(水)まで先着順です^^

 

🌿二本立てワークショップのおさそい「手しごとCafe」

 6月9日(日)10:30~14:00

 「小さな生葉をだいじに」

サンチュ、水菜、ルッコラ。。初夏の葉物を摘んで、サラダバー。ドレッシングを手作りします。「神経をサポートするマザーチンクチャー」のお話もいたします。(こちらのワークショップは畑には行きません)

 参加費:2500円(お子さま500円)

 お申込みはこちら 6月5日(水)まで先着順です^^

 

☆詳しくは勉強会のおさそいをご覧ください☆

0 コメント

2019年

5月

20日

基本のホームキット講座始まりましたっ!

昨シーズンに引き続き、

「基本のホームキット☆セルフケア上手になろう7回講座」を、5月15日から始めました。

 

1回目は恒例のテーマ「無人島にもっていきたいレメディ―!」

 

このテーマ、大げさでしょうか…^^¡

 

そんなことはありません☆彡

ホームキットを購入するのは思いきりが必要なので、まずひと瓶、手元に用意するなら何がいいですか?ってご質問が時々あります。そんなときに、おすすめしているレメディ―、Acon. Apis. Arn. Ars. Calen. の5つのレメディ―のご紹介でした^^

 

入門紙しばい『ホメオパシーってなぁに?』の中からマテリアメディカのことや、レメディ―のこと、セルフケアに適する30Cのポーテンシーのこと、好転反応のことなど、基礎知識をお伝えしつつ、レメディ―のマテリアメディカをお話しました☆

 

キンポウゲ科のトリカブトの毒性とレメディ―Acon. の特徴について、またミツバチに性質とレメディ―Apis. の共通点、薬草園で見つけたウサギギクのお話からレメディ―Arn. の特徴について。。 ヒ素が歴史的に使われた背景と、レメディ―Ars. の特徴、βカロチンを含むカレンデュラから作られたレメディ―Calen. の特徴などなど。。写真は、昨シーズンの風織畑のカレンデュラです。この橙色がもつ治癒のちからは偉大です。

 

そんな身近にあると、日頃の心身のケアに役立つレメディ―のご紹介でした。

1回目は、まだまだ分からないことだらけで、面白みに欠けるかもしれませんが、7回通して、ホメオパシ―のレメディ―に親しみを持っていただけたら、と思います。ご質問にお答えしながらの2時間でした^^

 

次回2回目を、6月12日(水)10:30~12:30に予定しています。

「風邪をひいたときにおすすめのレメディ―」をご紹介します☆彡

 

単発のお申込み、7回通してのお申込みともにお受けしています。セルフケアもお仲間、募集中です^^ お気軽にどうぞ♪

0 コメント

2019年

5月

20日

たのしく上級講座。

 

上級編10回講座の8回目でした。前回からのセルフケアの体験談をお聞きしながら、今回はさらにステップアップした内容になりました^^」

 

『ホメオパシーin Japan』の理論を読みすすめています。今回は、マヤズムについて。人々が生きてきた歴史のなかで、病気に対する恐怖や生きることへの執着が、細胞の記憶として、私たちの心と身体の土壌をつくっているとホメオパシーではとらえています。冷たい雨にあたったあと、咳が出たとしたら、その急性症状にホームキットのレメディ―を使うことができるけれど、その出来事がきっかけで、マヤズムという土壌が目を覚ました場合、この土壌のお掃除をすることも大事です。土壌には、いくつかのタイプがあって、皮膚に症状を出しやすい傾向、症状を溜め込んでしまう傾向、怪我をしやすい傾向、呼吸器症状を起こしやすい傾向、すべての症状を抑圧して難しい病理にしてしまう傾向…それぞれの特徴をお話しました。

 

マザーチンクチャーのご紹介は、「神経のサポート」。オートムギ、ボラ―ゴ、イチョウ、オトギリソウ、トケイソウ、セイヨウカノコソウから作られたマザーチンクチャーのそれぞれの特徴をお伝えしました。同じ神経のサポートをするチンクチャーでも、ケースによって使い分けることができます。

 

基本のホームキットのマテリアメディカは、7回目^^今回ですべてのレメディ―をご紹介できました☆(長かったですね…がんばりました^^!)取り上げたのは、Arg-n. Ign. Lach. Lyc. Staph. ☆心と身体の両面に同種のレメディ―が、自分の気持ちに正直に生きることが難しいときのサポートになります。

緊張して失敗してしまうとき、別れに直面して悲しみを乗り越えられないとき、嫉妬や疑いの気持ちが先走ってしまうとき、がんばり過ぎてお腹の調子がわるいとき、怒りの感情を溜め込んでしまったときに、同種のレメディーは、私たちの日々の生活の中で身近に使えるものが多いです。

 

レメディ―の感情の特徴を確認しながら、神経をサポートするマザーチンクチャ―を併せて使うとどうなるか、みんなで考えてみました。黒板は、取り上げたレメディ―とマザーチンクチャー。日々のケアに実践してほしいな、と思います^^☆

 

後半はインナーチャイルドこころのたび。「いやだな」と思うのはどんなとき?それは怒り?悲しみ?恐怖?どんな感情? 子どもの頃にも似た場面がなかった?その子になんと声をかけてあげる?。。一人ずつ自分と向き合ったことをシェアしました。 湧き出してきた自分の感情の背景にいるインナーチャイルドに声をかけてあげるのは、むずかしいですね… でも繰り返しやっていきましょう *次回につづきをいたします*^^

 

お昼ごはんも一緒に食べました。

前川金時の玄米ごはんに、しめじの醤油漬けと大根おろしをのせて。。根菜の重煮お味噌汁。。紅大豆ともちきびのサラダ。。玉ねぎマリネと粉吹きいも。。ふきの煮つけ。。すぎなの野草茶。。学びのお仲間とおしゃべりしながらのごはんは、お腹も心もとっても満足^^☆

 

残りの時間でご質問もお受けしました~ マザーチンクチャーの使い方、チンクチャーとレメディーの組み合わせ方、フラワーエッセンスの使い方、適応レメディ―をとりながら、セルフケアレメディ―を使ってもいい? ミネラルレメディ―と根本レメディ―のちがい、Acon. の使い方などなど。。インナーチャイルドが根っこにあって日々の自分につかれてしまうときどうしたらいい?

などなど。。自分の心と身体に向き合うからこそ、突き当たるご質問… 出来る限りお応えいたしました^^ 

 

おひとりおひとり、ご自分の歩幅で、自分の心と身体に正直に生きることをあきらめないでね。。ゆっくりじっくりいきましょう。10回講座も残すところ、あと2回、学びの時間に感謝しつつ。。 *お疲れさまでした*^^

 

 

★7月から次期の10回講座を始めたいと思います。ご希望の方は、お声がけください。実際にホームキットを使ってセルフケアされている方、ホメオパシ―の理論からじっくり覚えたい方、10回通してお申込みいただける方のご参加をお待ちしています🌿

0 コメント

2019年

5月

18日

5月の「畑のかおりたいむ」のごあんない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルファルファ、ミュルフォリューム、すぎな。。春のハーブや野草が伸びる季節になりました。そろそろ畑に豆の種を蒔きます。

 

5月の「畑のかおりたいむ」のごあんないです^^

 

「畑のかおりたいむ ~季節を通して畑のある暮らし~」

自分と同じ空気を吸って育つ、農薬を使わない、旬の野菜とハーブたち。。

土の上で畑をつくるところから、心と身体に届くごはんを作ってみませんか♪

 

 🌿5月25日(土)10:30~14:00

   JR札幌9:25-石狩当別10:06  石狩当別14:45-札幌15:26

 🌿ホメオパシーセンター石狩当別 風織にて

 🌿紅大豆 緑大豆 みどり豆の種を蒔きます

 🌿お昼ごはんを作ります

  車麩のおにぎらず ハスカップのおにぎり グルテンミートのから揚げ

  人参えびフライ ふきの煮びたし そばサラダ 春の野草茶 

  りんごの酵素ドリンク を予定しています

 🌿参加費 2500円(お子さま500円)

 🌿畑で動きやすい服装でお越しください

 🌿お申込み 5月22日(水)まで先着順にてお受けしています

       こちらからお申込みください☆

       または℡:0133-27-5039にてお受けしています☆

 

 *食事にアレルギーをお持ちの方はお申込みの際にお声がけください

 *駐車スペースについては、ご参加の方に直接ご案内いたします

 *当日のキャンセルは仕込みの変更が間に合いません。恐れ入りますが、

  半額のお振込みをお願いしています

 *当日の天候によって内容を変更することがあります。ご了承ください。

 

ホメオパシ―、畑はじめての方もお気軽にどうぞ^^

毎回、たのしくにぎやかに集っています🌿

 

前回の「畑のかおりたいむ」の様子はこちらからご覧ください^^」

0 コメント

2019年

5月

17日

「手しごとCafe」

今シーズンから、新しいワークショップを始めました♪

「手しごとCafe」

 

こんなことします

🌿

風織の室内でできる畑の手しごと と ごはん作り。。

たとえば、

キッチンガーデン作り、旬の野菜にあうドレッシング作り、

ディカルハーブでクッキング、夏やさいのビン詰め作り、などなど

そして、季節にあった心と身体のセルフケアのお話。。

医食農同源の暮らしを皆さまとご一緒に。 

どうぞよろしくお願いします *^^*

 

今回のテーマは「キッチンガーデンの種まき」

ルッコラとホーリーバジルの種を蒔きました。

無農薬の旬の野菜が食べたい、でも畑がないので…とか、

作り方が分からなくて…という方に、

畑と野菜を身近に楽しんでいただける手しごとをご紹介しました♪

 

お昼ごはんは、風織のハーブカレーを作りました。

じっくりことことスパイスのしっかりなじんだカレーになりました。

春の肝臓サポートのお話もいたしました

 心と身体に栄養補給^^」たのしいひとときでした。

詳しくは手しごとCafe2019をご覧ください🌿

 

ご参加の方々、ありがとございました~*

 

次回の「手しごとCafe」は、

6月9日(日)10:30~「小さな生葉を大事に」です。

おあと若干名さまご参加いただけます。

 

 

0 コメント

2019年

5月

07日

ごあんない「手しごとCafe」

     【写真:室内で育てられる葉物の種を蒔きますよ^^】

風織のワークショップ「手しごとCafe」が今週末となりました🌿

詳細のご案内です ^0^ *** まだお申込みいただけますよ!

 

〇日時:5月12日(日) 10:30~14:00

〇場所:日本ホメオパシ―センター石狩当別 風織*かおり

〇今回の手しごと「キッチンガーデンの種まき」

〇こんなことします

 🌿たまごの空き容器にルッコラとホーリーバジルの自家種を蒔きます!

 🌿「種から腸までのお話」をします!

 🌿お昼ごはんを作ります!

  *風織のハーブカレー 

  *紅大豆ともちきびのサラダ 

  *味瓜酵素シロップの豆乳ドリンク 

  *ホーリーバジルのお茶

 🌿春の肝臓サポート~マザーチンクチャーのお話します!

 

〇参加費:2500円/小学生500円

    (当日キャンセルの場合は、仕込みの変更が間に合いませんので、

     恐れ入りますが半額のお振込みをお願いいたします)

 

〇持ちもの:筆記具 蒔いた種をお持ち帰りいただく小さな袋など

      ごはん作りにエプロンが必要な方はご持参ください。

      

★食事にアレルギーをお持ちの方、事前に食材の内容を確認されたい方は、事前にお問い合わせください。(メディカルハーブはその方の体調に合わせて使います、ご不安な点があります方はお知らせください。風織のタイ唐辛子を使います、辛いもの苦手な方もご一報ください)

 

 

~お気をつけてお越しください ☆お待ちしております~

0 コメント

2019年

4月

28日

*畑のかおりたいむ*

〈写真*ケールと赤ラディッシュのスプラウト〉

今シーズンの「畑のかおりたいむ」が始まりました🌿 ご参加の皆さま、ありがとうございました。

 

☆今回のテーマは「ポットに種まき」

風織の自家採種のたねを、いっしょに蒔きました。

サンチュ 赤水菜 ダッタンソバ カレンデュラの4種類🌿

カレンデュラの種は選るところから^^ …どれが種? 皆さん、真剣に楽しく手しごとしてくださいました。

 

手しごとしながら、話題は盛りだくさん  ^^/

土のこと、種のこと、ミネラルのこと、消化吸収のこと。。

皆さんご自宅で取り込んでおられる、畑作りの情報交換も盛りだくさん^^d

 

お昼ごはんも、手作りしました♪

 黒千石大豆のペペロンチーノ

 ベビーリーフとスプラウトのサラダ

 緑大豆のマヨネーズ

 緑豆もやしとたまごのスープ

 アップルミントのハーブティー

 (おいしかったぁ*^^’’)

 

ちいさな種ですが、お持ち帰りいただいた種が芽を出し、食となり、身体と心の栄養となりますように☆そして種を採って次につないでいただけたら、うれしいです🌿

 

今回の「畑のかおりたいむ」の様子はこちらからご覧くださいませ ^^/

 

* * * * *

 

風織では、ホメオパシ―を通して、医食農同源の心と身体の健康サポ―トをお伝えしています🌿

「畑のかおりたいむ」では、土の上での手しごとと自然なごはん作りを、「手しごとCafe」では、野菜やハーブを使った保存食作りと季節にあった身体と心のケアについて。。お伝えしてまいります。 また自然な暮らしのなかで取り入れたい、セルフケアの7回講座もあわせてご用意しています☆

 

 〈次回のおさそい〉

*ミネラルのホームキット7回講座(2回目)「骨と歯のサポート」

 5月11日(土)14:00~16:00

 

*手しごとCafe 

 5月12日(日)10:30~14:00 (JR札幌9:25-当別10:06)

「キッチンガーデンの種まき」

たまごの空き容器に、ベビーリーフの種を蒔きます。風織のドライハーブを使ったごはん作り。種のお話し、春の肝臓サポートのお話しを予定しています🌿

 

*基本のホームキット7回講座(初回)「無人島にもっていきたいレメディ―」

 5月15日(水)10:30~12:30

 

*畑のかおりたいむ

 5月25日(土)10:30~14:00

「豆の種まき」

大豆の種蒔きを予定しています。春の畑でちいさなみどりを探して、ごはん作り。運動会、行楽シーズンの自然食ランチを作りましょう🌿

 

皆さまのご参加、お待ちしております。お気軽にお申込みくださいませ♪

☆お問い合わせ、お申込みはこちらからどうぞ。

 

*レクチャーの内容が分かりにくいとのご指摘をいただきました。大変申し訳ありません。次回に反映させていただきます。ただ、医食農同源の暮らしについては、実践しつつ回を重ねて少しずつご理解いただける内容でもありますので、ひきつづきご参加いただけましたら、たいへんうれしく思います。どうぞよろしくお願いいたします。。

0 コメント

2019年

4月

17日

深ーく学ぶ。

セルフケア上級編10回講座の7回目をいたしました。今回も盛りだくさん。。真剣に学んでくださる受講者さんと一緒に、学びはさらに深ーく。。

 

今回は、『ホメオパシーin Japan』のホメオパシー実践の哲学のページから、急性病と慢性病について、取り上げました。慢性病がどうやって発症するかを見ていくと、何かの外的なきっかけがあって、もともとその人の根本にある弱い体質が急性症状になって現れる場合があることに気付きます。

 

前回までに、急性症状に『in Japan』のレパトリーからレメディ―を絞り込む練習をしてきたので、ご家族の急な症状にレパトリーを調べるセルフケアに慣れていらっしゃったところですが。。中には、咳と腰痛には共通のレメディ―を見つけられなかった…という体験談もいただきました。。 そう、慢性病が何かのきっかけで急性症状になって現れたときには、ひとつのレメディ―では対応できないことがあるのです。。 そのちがいが見えてくると、セルフケアで対応できる症状と、ホメオパスに相談したほうがよい症状の見分けがついてきますよね。。 

 

季節柄、春といえば、肝臓のデトックスシーズン^^ 肝臓をサポートするマザーチンクチャーについてもお話しました☆ 肝臓のはたらきを とび出し絵本を見ながら確認。。アザミやタンポポ、セイヨウメギのマザーチンクチャ―の使い方をご紹介しました。

 

マテリアメディカは、「身体の疲れが溜まったときに」をテーマに、Ant-t. Canth. Dros. Ip. Nat-m. Phos. について取り上げました。咳についてセルフケアで使いやすいレメディ―もまとめてみました。みなさん、ふだんからお子さまの咳などで、使ったことのあるレメディ―が多く、体験談もお聞きしながら、情報交換いたしましたよ^^

 

今回の「インナーチャイルドこころのたび」は、由井寅子ホメオパスの『インナーチャイルド癒し入門』のDVDをご一緒に視聴しました。あらためて理論として、インナーチャイルドがどうやって形成されるのかを知ることができました。インナーチャイルド癒しのケースには涙がでました。。次は自分自身のインナーチャイルド癒しですね、ワークシートをお渡ししました。次回まで、各自で取り組むことに。。

 

ご質問もたくさん^^… ジェムレメディ―のエッセンスってなに? カレンデュラのマザーチンクチャ―って何に使うの? Sulph. の原物質ってなに? 感情が臓器に溜まるってどういうこと? ミネラルレメディ―を続ける期間の目安はある? などなど。。たくさんのご質問、ありがとうございます*

 

盛だくさんのお勉強のあとは、情報交換会かおりたいむ^^ 風織の保存食を使って手作りランチを楽しみました~*ぺペロンチーノ、白菜サラダ、玉ねぎドレッシング、大根キャベツ車麩素揚げのスープ、アップルミントのハーブティーでした「^^」

 

ちょっとずつ学び、ちょっとずつセルフケアに慣れて、ちょっとずつ身体が元気になって、すこーし自分のこころと一緒にいるのが好きになる。。この積み重ねが自分らしさにつながりますように☆彡

 

10回講座の残り3回、さらに楽しく学んでいきたいと思います。

★7月から次期10回講座をスタートしたいと思っています。参加ご希望の方は自信をもってエントリーしてくださいませ^^お待ちしています。

0 コメント

2019年

4月

16日

ミネラルのホームキット7回講座始まりました!

風織2019年度の講座がスタートしました!

 

「ミネラルのホームキット☆セルフケア上手になろう 7回講座」の1回目を4月13日(土)にいたしました。テーマは「春*身体がうごきだすときに!」。。

 

身体が動き出すときに必要なことは? 。。やはり身体に質の良い血液が巡っていること^^ 体内で機能するミネラルには血液と関わるものがさまざまありますが、そのなかでも欠かすことのできない存在の、Mag-p. Ferr-p. Mang-s. Cob. についてお話しました☆ 

 

身体の中で作りだすことのできないミネラル…野菜を中心に食物から摂取しています。みどりの野菜を食べて、野菜の中にあるマグネシウムが体内に吸収され、鉄に変わり、腸で吸収されてヘモグロビンを作ります。

 

この鉄が足りないと、貧血になります。動悸、息切れ、食欲不振などの症状が現われます。 食物からの鉄の摂取不足も原因ですが、精神的にたたかうことでも体内の鉄は消耗してしまいます… そして、リンの過剰摂取も鉄の吸収を妨げる一因です。

 

マグネシウムは、体内でもっとも様々な働きをしているミネラル。。赤血球に含まれるヘモグロビンを作るにはマグネシウムと鉄が必要だったり、またマグネシウムはカルシウムとともに筋肉の収縮と弛緩を行い、神経の興奮伝達も司っています。痛みがあるときに必要なミネラル。。

 

鉄不足のときにはマンガンが鉄の吸収を促進する働きをします。。貧血のなかでも悪性貧血のときにはコバルトが必要になります。。

 

身体の中では複数のミネラルがたがいに関わり合いながら、バランスを取り合いながら、生命を維持するために無意識にも働き続けてくれています。。

 

そんなミネラルを、質の良い土壌でしっかり育った野菜を食べることから消化吸収し、自分の活力にしていく、一連の循環を、しっかりと見つめていくことが大事です。ミネラルをふんだんに含む良い食物を食べたとしても、吸収できる腸がないと、せっかく食べたものが、自分の栄養なりにくいのも事実です。

 

食物から取り入れたミネラルを、最大限に吸収して、身体がより健康に、心がより自分らしくいるためのミネラルサポートを、この講座の中でじっくり見つめていきたいと思います。

 

お話は、12Xというポーテンシーのことや、つまみ食いの根っこにある原因、F1種の種のこと、硝酸態窒素のこと、ピロリ菌のこと、などなど。。情報交換しながら楽しい学びとなりました^^」ほかにも、血液と関わるレメディ―やマザーチンクチャーのご紹介もいたしました。

 

紙しばいを使って、ミネラルってなぁに?ミネラルの役目、不足するとどうなる?どうして不足する?どうやって補う?金属元素と非金属元素のはたらき、医食農のとらえ方、などなど。。盛りたくさんにお話してみました^^☆

 

医食農同源のホメオパシーミネラルサポート、7回かけて楽しく身になる内容をお届けしたいと思います*^^*

 

★次回はこちら★ お申し込み受付けています

5月11日(土)14:00~16:00 「しっかり骨サポート!」

~カルシウムのはたらきと、骨・歯のサポートについてお話しいたします~

 ご紹介レメディ―*Calc-f.  Calc-p. Bor. Stront-c.

 

ホームキットでセルフケアされている方にも、これからホメオパシーを使ってみたいという方にも、分かりやすくお伝えいたします。でもバイタルキットはちょっと難しいかな…^^¡ という方には「36基本キット☆セルフケア上手になろう7回講座」をおすすめします☆

詳しくは勉強会のおさそいをご覧くださいね♪

 

*講座の前13:00~情報交換の場「かおりたいむ」をご用意しています^^

ランチを食べながらのホメオパシートーク、講座の時間の中ではお話し切れない話題いろいろ。。たのしいひとときです^^♪

 

*講座のみお申込みの方☆5月10日までにお申し込みください。

*かおりたいむとあわせてお申し込みの方☆5月8日(水)までにお申し込みお

 願いいたします。

 

。。ご参加お待ちしています^^1回目に感謝しつつ。。

0 コメント

2019年

4月

13日

「連作障害」

相談室の窓に映った春の雲。お陽さまばっちり14.0V充電。畑の雪も、いきおい良くとけ始めました^0^/

 

「連作障害」のことでご質問をいただきました。

 

ホメオパシ―自然農では連作が基本です。以前、片山の農業研修先の自然農農家も連作を基本としていました。でも、有機農家さんでも、連作障害を避けて、毎年順繰り、栽培作物を転作しているのが通常だと思います。

 

不耕起栽培の場合は、連作しても障害が起こりにくいという実践者の書籍も、風織の貸出し書籍の中にありました。土壌を人為的にかき混ぜないので土壌内の生態系が安定して、特定の病害虫が暴れにくくなるため、とのことです。

(『不耕起栽培のすすめ』涌井義郎著/家の光協会)お越しの折にご覧くださいね☆

 

ホメオパシ―自然農で連作が可能なのは、「同種の法則」が実践されているからではないかと思います。

 

しっかり本来の微生物が生きている土壌では、そこに育つ植物にとっていちばんいい生態系が生れます。だから翌年も同じ作物を同じ場所で栽培します。そうやって年数を重ねて、この土にはこの野菜、というように土の住み分けが成り立つようです。

 

ホメオパシ―の「活性液」には、レメディ―が含まれています。物質を希釈振盪したレメディ―はレメディ―と同じ物質に対してはたらきます。

 

たとえば、摂取すると熱が出るセイヨウハシリドコロという植物から作られたレメディ―Bell.は熱に同種です。なので発熱時にはBell. が同種になります。熱があるときに熱を出させる物質を使う。。これが「同種の法則」です。

 

もうひとつ例えてみると。。

体内の腸という土壌に、カルシウムが吸収されるときに腸内に乳酸菌が存在しないとカルシウムは充分に吸収されません。このときにカルシウムのレメディ―Calc-p. をとると、身体はたくさんのカルシウムが体内に入ってきたと認識して、最大限に腸からカルシウムを吸収しようと働きます。これも同種の法則です。

 

これを畑の土に置きかえてイメージしてみると。。

「ホメオパシー活性液」に含まれている、土のミネラルを増やすレメディ―は土のミネラルを増やすことに同種、根粒菌を増やすレメディ―は根粒菌を増やすことに同種、放射能のレメディ―は放射能を解毒することに同種、人工肥料のレメディ―は人工肥料を除去することに同種。。 同種の法則が成り立つと、転作しなくても、そこに存在する植物に同種の土壌が自然と作られて、育つ環境になっていくということだと思います。

 

雪解け中のこの時季に、活性液を水に希釈して、じょうろで雪の上から散布しておくと、雪解けとともに地面に吸収されていい感じです。 そして播種前のたねも一晩つけてから蒔くといい感じです^^

 

風織の畑は借りている畑なので、そのときによって割り当てがちがって、前のシーズンに使っていた土を使えないこともあるので、充分に実践できていないのですが、でも前のシーズンと重複して借りられる区画には、宿根のハーブやねぎ、にらなどを越冬させています。 

 

できるだけ、野菜が自分のちからで育つことができるように、コンパニオンプランツのハーブを混植することが多いので、セージやオレガノ、タイム、チャイブやレモンバームなど、宿根のハーブとコンパニオンプランツの野菜を組み合わせるとなると、必然的に、前シーズンと同じ場所に同じものを植えることになります。それなりに育ちます。

 

ちいさな面積なので、転作も連作もない感じですが、同じところに植えたものと違うところに植えたものの観察は、毎年気をつけてみるようにしています。でも実際のところ、その比較よりも、そのときの天候に両者もろとも左右される結果になっているような。。雨が降らないとか、気温が上がらないとか、台風が来たとか、、そういう外部からの強力な影響を、両者ともに受けてしまうと、植えた場所の違いを超えた括りの中で、状況を受け止めざるを得ないのが実際のところでしょうか ^^¡

 

プロの農家さんは、作付け面積が広大なうえに、確実に収量を上げるために、毎年、作付けの圃場を的確に考えて、土づくりから病気の予防まで、土と作物に寄り添った目をもって作物の栽培をしています。頭が下がります。。

 

今シーズンの風織はどんな畑になるでしょう?

土のこと、タネのこと、そこで育つ野菜とハーブのこと、そこから食すこと、食した栄養をいかに吸収して、自分の糧とするか。。医食農同源を、よりじっくり、よりたっぷり、皆さんとシェアしていける年にしたいと思います^^ どうぞよろしくお願いします🌿 ご質問いただき、ありがとうございました。お返事になりましたでしょうか?? ぜひぜひ実践の経過をお知らせください* 楽しみにしています^^

 

こうした医食農同源の視点を、ホメオパシ―にたっぷり取り入れて、レメディ―7回講座や、畑のかおりたいむ、手しごとCafeの中に、散りばめていきたいと思います🌿 ただいま今シーズンの風織の講座、ワークショップにご参加の方のお申し込みを受付け中です♪ どなたでも、お気軽にご参加ください。くわしくは勉強会のおさそいからご覧いただけます☆

0 コメント

2019年

4月

07日

できあがりました^^」

 

お待たせいたしました!

木工芸のトイレットペーパーホルダーができあがりました^^」

ご注文下さった方々、ありがとうございます。

 

工芸を修行中の息子が春休みに制作しました。

風織の相談室に置いているものを気に入って下さった方々からリクエストいただき、制作に至りました。

 

予算の都合で上質な材ではないものの、いち台いち台じっくり手作りした、存在感のある仕上がりです。鉋研ぎ、材の購入からすべて自力で作りました。

 

ボックスティッシュよりもエコな使用ができるトイレットペーパーを、お部屋のなかでも落ち着いた雰囲気で使えて、片手でも切れる実用性のあるホルダーを求めてデザインされています。木製のカッターの切れ味も楽しめます。汚れ防止のため表面に仕上げ塗料を塗っています。

 

材料費と次制作費として2700円となっております。初回限定のお値段です。

風織にお越しの際にお受け取りをお願いいたします☆ 遠方の方には郵送させていただきます(恐れ入りますが送料のご負担をお願いいたします)。

 

次の制作は夏休みを予定しております。限定6台までご注文をお受けいたします。使ってみたいな、という方がいらっしゃいましたら、風織のメールまたはお電話にてご注文をお受けいたします☆

(材料により値段が変更になることがあります、ご了承ください。)

 

🌿やっぱり木はいいな。。相談室に並んだ出来たてのホルダーをながめて、

つくづく思います^^ 

0 コメント

2019年

3月

30日

おひさま☼やったぁ

軒下の雪がすっかりとけました^^

 

冬の間、センターの室内で窓際から発電していた、オフグリッドのソーラーパネルを外に移動して、外壁に立て掛けました^^」

 

途端にもりもり発電^^! すごいぞぉ~ さすがお陽さまのパワーです!

2月3月は、室内で発電したところで、充電量12.6Vほど。その電気を照明や携帯充電などに使ってしまうので、平均12.3Vでした。

それが一気に13.8~13.9Vの充電量になりました。 この陽ざしを待っていたんだよぉ^0^

 

4月はこの太陽光とオフグリッド床暖を使って、苗立てをする予定です♪

今シーズンの「畑のかおりたいむ」と「手しごとCafe」は、このオフグリッドソーラーのちからを借りて、いっぱい楽しみますよ^^

 

畑のかおりたいむは4月27日(土)の予定です。あとひと席ほどご参加お待ちしております☆

 

手しごとCafeは5月12日(日)の予定、こちらはただいまお申し込み受付中です☆ 畑のこと、自然な暮らしのこと、心と身体のケアに関心ある方、どなたでもご参加いただけます。農業やホメオパシーのこと、何も知らなくてももちろんOKです。

 

詳細はお天気の様子を見て、決まり次第、ご案内いたします。よろしくお願いいたします。

 

今日のおひさまに、ありがとう*^^*

(大事に続けよう、オフグリッド。。)

 

畑のかおりたいむ🌿手しごとCafe 今シーズンのスケジュールは、

こちらから→勉強会のおさそいをご覧ください

0 コメント

2019年

3月

28日

入門紙しばい『ホメオパシーってなぁに?』

 

 

☆初めての方に向けたホメオパシ―のお話しをいたします☆

写真は入門入紙しばい『ホメオパシーってなぁに?』の いち場面。。

 

なじみにくい印象のあるホメオパシー ^^¡

本を読んでもよく分からない…

ホームキットを持っているけどイマイチ使えない…

という方におすすめの勉強会です♪

 

ホメオパスの健康相談を受けてみたいな。。

まずは勉強してみて、自分や家族に使えるか考えたい。。

という方にも、ゆっくりお話しいたします*^^*

 

主な内容は。。

同種の法則のこと、希釈振盪のこと、レメディ―とポーテンシ―について、

どうやって症状が改善するのか、自己治癒力のはたらき、薬を使うのとどう違うのか、好転反応のこと、マヤズムのこと、Zenメソッドについて、インナーチャイルドのこと。。などです

 

納得して、安心して、ホメオパシ―を使っていただけるように、手作り紙しばいを使って、たのしくお話しいたします☆

 

ご質問にもお応えしながらのお茶の間勉強会です。

 

今シーズンの風織の講座、

36バイタルキット☆セルフケア上手になろう7回講座(4月13日スタート)

36基本キット☆セルフケア上手になろう7回講座(5月15日スタート)

を受けてみたいな、という方のスタートアップにもぜひ🌿

 

ホメオパシーを使い込んでいてお知り合いにすすめたいけれど、いざ説明しようと思ったら、なんて伝えたらいいのか難しい…という方のレッスンにも人気の紙しばいです。おさそい合わせてご参加ください☆

 

☆日時:4月14日(日)10:00~12:00

☆場所:日本ホメオパシ―センター石狩当別 風織*かおり

    詳しくはJR時刻表 周辺地図をご覧ください。

☆参加費:1500円(風織畑ハーブティー 配布資料あります)

     お子さまを連れてご参加いただけます

 

☆今回ご参加の方に「45分お試し健康相談」を無料プレゼントいたします。

 (通常30分2000円の応急相談の内容です レメディ―適応書の発行はいたし

  ません 紙しばい終了後、また後日ご予約、お電話での相談も可能です)

 

お問合わせ*お申し込みは風織へのお問合わせからどうぞ

お電話の方は0133-27-5039(10:00~16:00 木曜定休)

皆さまのお越しをお待ちしております🌿

0 コメント

2019年

3月

18日

上級編6回目「^^」

「セルフケア 上級編10回講座」の6回目をいたしました~☆

前回11月の講座のあと、雪深い当別は冬休み。。ひさびさの再開でした^^

 

冬の間にそれぞれ、ご自分とご家族の急性症状にホメオパシーでケアされた体験談をお話しいただきました。

 

指の腫れ、顔のただれ、手のひび割れ、肩の痛み、食べ過ぎ、唇のただれ、失禁の恐怖、歯科治療以来の便秘、などなど。。日常に起きた身近な症状にレメディ―やマザーチンクチャーを使って対応されたケースの数々、おみごと☆ナイスセルフケア^^」 

 

でも、うまく改善にみちびけないケースもあったようで、ポーテンシーの使い方や、マザーチンクチャーと鉱物レメディ―、植物レメディ―、12Xのミネラルレメディ―を組わせて対応することなど、お伝えしました^^

 

『ホメオパシーin Japan』のレパートリーを見て、症状と照らし合わせるのが難しいときの、選択ポイントを復習してみました。。 黒板は、風邪症状のときの、症状の特徴を3つあげてみて…「頭痛 吐き気 咳」について、ひとつずつレパートリーからレメディ―を書き出してみて、3つの特徴すべてに当てはまるレメディ―をピックアップしてみたところ☆☆ Ars.  Bry.  Puls. に絞りました。。つぎに『in Japan』のマテリアメディカを読み直して、どれが一番、本人に当てはまっているかを確認しました~ Ars. を選択してみました^^

 

急性症状にキットの中から的確にレメディ―を選ぶと、症状を改善にみちびきやすいです。でも、うまく症状の特徴をつかんで、検索するのはちと難しくて… これからも少しずつ体験談をシェアしながら慣れていってほしいなと思います☆彡 そして、うまく症状の特徴をしぼれないとき、その急性症状は実は、慢性の症状の一部の場合があります。そのときには、ホメオパスに相談されるのが良いと思います。。

 

そしてそしてぇ~『ホメオパシーかるた』!

すごいっ。すごいすばらしい出来です!

皆さんいっぱいお勉強したのですね^^

レメディ―の特徴をつかんで、読み札と取札を作ってくださいました。

 

さっそくかるた大会!!

読み札を読み上げて、どのレメディ―か連想して、取札を探して。。

取札の絵にも、さりげないレメディ―の特徴がイラストで描かれています。

「あ」…あごが痛いな 顎関節症かも それともかみ合わせ?

このレメディーなんだ?

Ign. です。

これが50音そろいました。

レメディ―の特徴を確認しながらの「かるた大会」は、なかなか先に進まず、

勉強熱心な皆さんでした。

これは風織の「たからもの」です♪

これからは、時々「かるた大会」をひらきたいと思います^^

~かるたはまたゆっくりご紹介しまーす!~

 

ご質問にもお応えしました~

血液をサポートするレメディ―の使い分け、フラワーエッセンスの使い方、Pyrog. とSanic. の使い方、200C 30C 6C の使い分け、食いしばりのレメディ―、胃腸のレメディ―の使い方、などなど。。いっぱい勉強しました☆

 

かおりたいむもありましたよ^^

とうふパンの車麩バーガー、そばの実と大根のスープ、フライドごぼう、無農薬のみかん、三年番茶 でした~* 満足^^

 

ご参加いただき、ありがとうございました。

次回は4月15日です。元気に春をむかえましょう🌿

 

 

*上級編の講座は、セルフケア7回講座を受講済みの方がご参加くださっています。10回通して同じ顔触れですすめています。次回の上級編10回講座は、今年の7月からスタート予定です。こちらに参加ご希望の方を受付け中です☆ 風織でゆっくりホメオパシーに触れたい、自然な暮らしのあれこれ情報交換したいという方、お気軽にお問い合わせください♪

0 コメント

2019年

3月

16日

雪のなか「はる」です****

 

3月特有の雪が降っています。由井寅子ホメオパスの札幌講演のときには、こんな天候のことが多いです。。

 

今年も、今日、由井寅子ホメオパスの札幌講演が、CHhom札幌校にて、ひらかれました。

 

講演テーマは「信仰心を目覚めさせ幸せに生きる」。。由井先生の沢山の経験から生まれる、厳しくいも温かいことばに、あらためて深くうなずきつつ、参加しました。

 

自分らしく生きることを、どんなことがあってもあきらめない。。

傷つくほど、苦しいほど、

真の自分が、より自分を生きることを求めて、

魂が鼓動を高めて、自分自身を突き動かす。。

 

その声にすなおに従って生きると

いらないものを手放し、

弱い自分と向き合い、

目の前のできごとに心ひらくことができるようになる。。

 

その歩みのなかで、何を信じ、どう感謝するかがみえてくる。。

その道のりは決して平たんではないけれど、とても尊いこと。。

そのことにおそれずに向き合うことの大切さに、気付かされました。

〈由井先生、ありがとう〉

 

* * * * *

春が来たら、

来週から「セルフケア上級編10回講座」が再開します☆

宿題の~『ホメオパシーかるた』!

片山の分担はマ行・ヤ行・ラ行、

こんなかんじ「^^」写真≫

どうかな^^¡

次回6回目は「かるた大会」デス☆

0 コメント

2019年

3月

15日

おくりもの。

春の陽ざしとともに、まだ雪の舞う当別です。

こころのこもった、温かいおくりものを受けとりました。

 

小学生の女の子から手編みのアクリルたわしをプレゼントしてもらいました。

 

中学生の男の子から手作りのクッキーをプレゼンしてもらいました。

 

ほんわか温かくって、やさしいやさしいおくりものです。

 

誰かのために手作りできるって素適だなと思います。

 

だいじにだいじに頂戴しました。 ありがとう~*

ちいさな手作りが積み重なってできあがっている風織です^^

0 コメント

2019年

3月

12日

3.11。

 

あれから8年、

今年の3月11日。

 

今も津波や放射能のことは、恐怖と悲しみの念が褪せることはありません。

 

何かできるだろうと、毎年3月11日は電気と水道とガス、ストーブを使わない日にしているけれど。

 

それは、大震災のことを忘れないようにしたかったからだけど。

今年はすこし気持ちがちがいました。

 

昨年9月に北海道でも大きな地震があったから。被災したとき、どうするか、どういう意識で、どう行動するか、そのために日頃からどう暮らすか。。をそれを機にまた考えています。

 

身体は生きるために、物質的な備えが必要で、でもそれほどは必要ではなくて、最小限に必要なものを上手く用意して、いざというとき上手く使いこなせるように備えが必要だと、つくづく思います。そのことに意識をもつ人たちも、ここ風織には少しずつ集まってくださっていて、いろんな思いに触れることができます。

 

ちいさく構えて、どっしり暮らす。。それがほんとにいざというときに姿に出るんだなぁと実感しています。

 

地面が平穏であることをあらためて願いつつ。。

0 コメント

2019年

2月

20日

ひさびさホメトーク。

「セルフケア上級編10回講座」の補講をいたしました。3ヶ月ぶりの上級編の講座で、冬眠から目が覚めた片山です(おはようございます^^¡)3時間たっぷりホメオパシートークのたのしいひとときでした。

 

『ホメオパシーin Japan』に載っている36種類のレメディ―をうまく使いこなせると、かなり広く深くセルフケアすることができます。

 

今回は、『ホメオパシーin Japan』のレパートリーの使い方をお話しました。実際にケースを想定して、レパートリーを使って、症状からレメディ―を検索して、マテリアメディカで確認する練習をしました☆

 

これまでの「なんとなくこれかな?」と選んでいたレメディ―選択ではなく、今出ている症状の具体的な特徴を、レパートリーから見つけて、レメディ―を絞り込み、候補のレメディ―をマテリアメディカで確認し、ひとつのレメディ―を選択する。。というセルフケアの練習です^^v

 

たとえば…高熱が出ている、手足が冷たい、顔が赤い。。この3つの特徴から、「高熱」に適応するレメディ―を書き出してみて、「手足が冷たい」レメディ―を書き出してみて、「顔が赤い」レメディ―を書き出してみて、3項目とも当てはまるレメディ―を探すとBell. が選択されます。そして、Bell. のマテリアメディカを読んでみて、今出ている症状に類似していたら、このレメディ―を使う。。というかんじです^^☆

 

急性症状だけではなく、たとえば、今PMSでイライラしている、もともと月経不順があり、実は花粉症の季節はとくにつらい…というケースにも、同じようにレメディ―を探すことができます。慢性の症状が背景にあるときにも、応急的にホームキットのレメディ―で症状を緩和することが可能です。ただ、その症状の根っこをお掃除するときには、ホメオパスの健康相談をおすすめしています。

 

こんなかんじで、ご家族の抱えている最近気になる症状を、一緒にレパートリーで検索してみました。思いつかなかったレメディ―が見つかったり、その背景にインナーチャイルドがあることが見えてきたり、発見でした^^☆

 

後半の時間は「インナーチャイルドこころのたび」の3回目をいたしました。

怒りの感情のこと、ベイリーフラワーエッセンスを使ったケアについて、コンポジット1と2をご紹介しました。

 

大腸のサポートと、便秘のサポートの使い分けや、甘いものをやめられないのはどうしてだろう…?など、ご質問にもお応えしながら、盛りだくさんな講座となりました^^☆

 

お疲れさまでした~* 3月に次回6回目の上級編講座をいたしまーす^0^

 

☆上級編講座は、10回通年でご参加の方対象で昨夏から続けております。次期の講座は7月からの予定です。もっともっとホメオパシーを暮らしに取り入れて健康サポートしたいなという方、お気軽にお問い合わせくださいませ☆彡ホメオパシ― +自然な暮らしのあれこれ、盛りだくさんのお茶の間勉強会です^^

0 コメント

2019年

2月

17日

ハーブのかおり*潮のかおり

すこーし厳しい寒さが和らぎましたが、まだまだインフルエンザの流行る季節です。みなさまお元気にお過ごしですか?

 

冬の疲れが溜まるこの時季を元気に乗り切る「冬のかおりたいむ*ハーブソルト作り」をいたしました。

 

昨シーズン、風織の畑で収穫したハーブを乾燥させて、海水塩と一緒にハーブソルトにします。今回は、「塩」の選び方やミネラルのはたらきなど、レクチャーをはさみながらの手しごとをたのしみました^^

 

乾燥ハーブを刻んだり、もみほぐしたり、すり鉢で細かくしたり。。ハーブの香りが広がります🌿 同時にストーブの上で焼いた塩をすり鉢ですると、潮の香りが広がります**** 土のちからと、海のちからが一緒になって、香りよいハーブソルトが出来上がりました☆

 

お昼ごはんも作りました。たのしいひととき かおりたいむ2018 をご覧ください*^^* ご参加のみなさま、ありがとうございました。

 

次の「畑のかおりたいむ」は新年度1回目となります。

4月27日(土)を予定しています。先着順にお申し込みお受けしております。

春からのシーズンもどうぞ、よろしくお願いいたします☆

0 コメント

2019年

2月

12日

わらび。

真冬日が続いている当別です。

 

春が近づいているようで冬が終わらないこの時期、食材は越冬保存食が大活躍してくれます。

 

昨春いただいた、わらびの塩漬け を塩出しして使っています。野菜といっしょに煮漬けたり、きんぴらにしたり、混ぜご飯にしたり。。

 

昨シーズンの「畑のかおりたいむ」で作った 塩漬けわらびの混ぜご飯 のレシピをおすそ分けです^^

 

☆塩漬けわらびのまぜご飯(4合分)  

塩抜きしたわらび120gを長さ2㎝ほどに切ります。

 

人参50gほどをささがき、ごぼう50gほどをささがきに、干ししいたけを水戻しして細切りにします。

 

厚手の鍋に、わらび、しいたけ、人参、ごぼうの順に重ねて入れます。塩ひとつまみ、みりん(味の母)大さじ2、しょうゆ大さじ3、しいたけの戻し汁50ccを加えて火にかけます。*調味料の分量はお好みで加減してください。

 

全体に火が通ったところで、ひと混ぜして、水気がなくなるまで、落し蓋をして弱火で加熱します。水分がとんだところに、胡麻油をひとふり、白ごまを大さじ1加えて、自然に冷まして味をなじませます。

 

白米4合を炊いて、蒸らしたところに混ぜ込んで、できあがりです「^^」

 

塩漬けわらびの美味しい食べ方を知っている方、ぜひお知らせください☆

0 コメント

2019年

2月

12日

「とらこ先生札幌ライブ講演会」のおしらせ

連日、雪が積もっていますね。Rhus-t.をとりながら雪かきしているかたも多いのでは^^

 

でも、少しずつ春に近付いています。恒例、由井寅子ホメオパスの札幌ライブ講演が、この春も開催されます。

 

「とらこ先生 2019 春 札幌ライブ講演」

 ~信仰心を目覚めさせ幸せに生きる!~

 

 ☆日時 3月16日(土)10:00~12:30 (受付開始 9:30)

 ☆参加費 一般3000円

      豊受モールスペシャル会員2000円

      CHhom学生/JPHMA会員1500円

 

 ☆講演会のあと、映画「真の免役」無料上映会があります

  3月16日(土)12:45~14:40頃

 

 ☆会場 CHhom 札幌校

     札幌市中央区北5条西27丁目2-6 翔栄ビル2階

     Tel 011-633-0577

             ↑こちらに直接お申し込みください☆

 

初めてご参加の方は、片山の紹介で、はじめての方無料ご招待、ご参加2回目以降の方は500円引きとなります。お気軽にお声がけくださいね。

 

いつもの頭と心を、すこし柔軟にして耳を傾けると、響いてくる言葉に出会えると思います^^ 

 

もう10年以上前ですが、片山も、由井先生 春の札幌講演をきっかけにホメオパシーの学校に入学しました。。講演が終わって帰りがけに、由井先生に呼び止められて「あなた学校に入学しなさい!」って。その4月からRAH(CHhom以前の学校)の学生になりました。。由井先生のひと言は、ぜいたくなひと言でした^^ 

 

学校に興味のある方は、右横の「ホメオパシー統合医療専門学校のご案内」から詳しい動画をご覧いただけます ⇒ 7分ほどの動画です♪どうぞっ

0 コメント

2019年

2月

09日

きゅっきゅ****

この冬いちばんの厳しい冷え込みです。札幌は晴れている日も、当別は大荒れ、学校の臨時休校も3度目となりました。冷え込みの影響で列車のブレーキや切換えポイントに故障がでてJRも定刻には動かない日があります。

 

マイナス10℃以下になると、歩く雪が「きゅっきゅっ」と音を立てます。雪って生きてるんだなぁと思います。子どもの頃から耳の奥にしみついたこの音、春になればいやでも消えてしまうから、今は、この厳しさと一緒に暮らさないと。

 

視界の利かない地吹雪、ホワイトアウトになると、自分がどこに立っているのか分からなくなって、真っ白な闇に連れて行かれます…一歩を踏み出すことがとても恐怖です。踏み出した先の地面がどこにあるのか分からないから。その真っ白な渦のなかに取り囲まれてしまいます…これが車の運転となると、心臓に冷や汗をかくほど恐怖です。

 

身に危険が迫ったときに湧いてくるのが、恐怖の感情。すべての感情のいちばん根っこにある感情です。ホワイトアウトみたいに、外側から身に降りかかる恐怖もあれば、実は、自分の内側にある恐怖もあります…

 

過去に怖い思いをしたときに、怖い感情をきちんと味わうことなく封を閉じてしまうと、自分の内側の恐怖として内在してしまう。。

 

この内側の恐怖をひもといて怖かった感情を受け入れてあげられたら、目の前にある恐怖を和らげることができるようになる。。

 

雪にとざされた季節は、自分のなかの忘れた記憶に感情を抱き合わせて、もういちど味わう作業をする季節でもあるなぁ。。とこの時季いつも思います。

 

節分を堺に、あたらしい自分になれますように。。

           

             * * * * *

 

お庭の木から採った、金柑をたくさんいただきました。安心してまるごと食べられる自然な実です。食べると元気になります。金柑の葉は、榊の葉に似ていて、神さまにちかい実なんだなぁと思います*感謝

0 コメント

2019年

1月

27日

雪のエネルギー。

 

大寒の冷え込みに前後して、当別は吹雪模様の時間帯が多くなりました。

 

吹雪きのあとの陽ざしがとてもありがたく感じるこの頃です****

 

まっしろな雪のあとの陽ざしは、照り返しがつよく、オフグリッド太陽光パネルの発電がすすみます。

 

チャージコントローラーの左下の矢印が、白から黒に変わっているときには、太陽光パネルからバッテリーに電気が送られています^^ 

 

冬場の屋根雪対策で、昨秋に太陽光パネルを室内に移動してから、平均1ボルトほど、蓄えが減りました。窓越しではやはり発電量が落ちるのですね…

 

夏場はパネルの角度を約70度に設定していましたが、冬の日射角度が低くなることを想定して、室内設置のときに約90度に立て掛けました。これは、地面の積雪からも雪の反射で発電できるように、という想定で。この想定&設置は息子によるものですが、大寒をはさんで、発電量が上がってきたところをみると、この設定は、当別1月末から2月の日射角度を読んでいたことになるなぁ。。と。

 

やるな^^」 ありがたく、照明や充電などに太陽のエネルギーを電気として使わせてもらっています☆ 息子作のオフグリッド床暖房も順調に稼働しています。照明ひとつにつき5W、ケータイやカメラの充電1W、床暖モーター5Wほど使います。冬は緩やかに電気を使うことにして、夏のように洗濯機を動かしたりはしていません…

 

オフグリッドソーラーが我が家に来て3冬目。。私に出来ることは、床暖房を壊さないことと^^¡ 太陽光パネルをまめに拭いてあげること****くらいですがいっしょに元気に冬を越したいと思います。

0 コメント

2019年

1月

20日

大寒お見舞い申し上げます****

2年前に北海道医療大学の薬草園にて出会った、アルニカの写真を久々にながめました。

 

今日は、「36セルフケア上手になろう☆7回講座」の補講の日でした。リクエストいただき、ありがとうございました^^

 

『無人島にもって行きたいレメディ―』のテーマで、Acon. Apis. Arn. Ars. Calen. のマテリアメディカのご紹介でした。

 

『ホメオパシーin Japan』のなかにも、「基本キットの中でひとつだけもつとすればなんですか?それはなんといってもArn. です…」という一節があるとおりで、やはりArn. (アーニカ)だなぁと思います。。

 

アルニカは、ウサギギクのこと。キク科の植物です。毒性がないので、マザーチンクチャ―としても有効です。ウサギギクの成分には主に、アルニシン

フラボン タンニン トリテルペノイド サポニン カロチノイド を含み、消炎効果や鎮静効果、血行促進効果があることから、傷の万能薬として、古くヨーロッパでも民間薬として馴染み深い植物でした。

 

アルニカエキスとしてシャンプーやシェービングクリームなど化粧品類に含まれているようです。以外にも身近ですね^^

 

ホメオパシーのレメディ―Arn. (アーニカ)も、事故、怪我、出血のときのファーストチョイスレメディ―です。 胆振東部地震のときにJPHMAから無料配布された「トリプルA」のAのひとつはArn. です。

 

身体の傷に、それが過去の傷だとしても、細胞が傷を記憶している限り、その傷を治癒に導くはたらきに、レメディ―のArn.が同種です。

 

そして、心の傷にもとどきます。「疲れたな…」というとき、ひと粒使ってみてください。

 

いつもそばにいてくれるArn. です。

 

などなどお話しさせていただいた2時間でした🌿

今日のハーブティーは、ヨモギ ホーリーバジル カレンデュラ でした^^*

 

次回の補講は、

 

「基本のホームキットセルフケア上手になろう7回講座」2回目

『風邪をひいたときにおすすめのレメディ―』

 いつもなら病院に行く風邪症状…こんなときに使えるレメディ― Bell. Bry.  Gels. Hyper. Rhus-t. のご紹介です。

 *1月27日(日)10:30~12:30

 *参加費:1500円(風織畑のハーブティーを飲みながら)

 

 *どなたでも、単発でもご参加いただけます。お気軽にご参加ください*

  お申し込みはお問い合わせフォームからどうぞ

 

お寒い季節、みなさまどうぞご自愛くださいませ。。

0 コメント

2019年

1月

18日

つづける。

ボックスティッシュを使わず、代わりにトイレットペーパーを部屋に置いています。品よく使いやすくなるように「へやにおいて、すっきり見えて、かた手でも切れるトイレットペーパーホルダーを作って!」と息子にたのんだら、作ってくれたのが、写真の奥に写っているトイレットペーパーホルダーです。

 

これは1号機^^ 小学生の高学年のときに作品。とても使いやすくて気にいったので、すぐに2号機を作ってもらいました。その後、食器棚、勉強机、本棚、小屋。。と自分のからだより大きなものを作りだして。。

 

あれから5年経った今、「いま同じものを作ったらどんなトイレットペーパーホルダーになる?」と聞いたら、つくり出したのが、写真の手前^^ 

 

このための試作があるので、実質4号機。 ここまでなると、誰にでもは作れません「^^」 材の使い方や道具の使い方、デザインと実用性のバランス、などこれまでの経験から身につけたことを総動員してできたもの。。

 

好きなことをつづける。

失敗しても、またつづける。

好きだからつづける。

 

続けるから、また次がうまれる。

自分のなかにあるものから形がうまれる。

「いま」の積み重ねから、好きなものがうまれる。

 

すてきなことだな、と思います。

 

 

風織の相談室に実物がありますよ^^

0 コメント

2019年

1月

13日

そうかっ。

この頃、続けて好きな書籍に出会っています。

 

稲葉敏郎著『ころころするからだ』、とてもうなずづきながら読みました。

 

わたしたちの身体のなかにはバイタルフォースが存在しているのだな。。とあらためて思いました。

(注:この書籍の中にはバイタルフォースという単語は出てきません)

 

感覚系 神経系 運動系の動物性臓器に対して、消化‐呼吸系 血液‐脈管系 泌尿‐生殖系の植物性臓器は、頭の意思で動かすことはできず、すべて無意識のはたらきであり、生命活動の重要な部分を担っている。。という内容がありました。

 

頭で考えて、そのときのテンションに任せて無理をして働いたり、食べすぎたり、夜更かししたりするとき、その間にも、休みなくじっと黙って働いて、わたしたちのいのちを支続けてくれているのが植物性臓器の存在です。

 

でも、頭で立てた予定に身体を連れ回したり… 仕事をこなしたくて夜更かし… ついつい電磁波の多いパソコンワークを長時間… 舌の上で美味しいけど身体に負担な食べ物… それが当たり前の日常になってしまった生き方の癖が、気付いたら植物性臓器をいじめてしまっているなぁ、と気付きました。

 

身体が拒否して、不快に感じるものは身体が求めていないんですね、頭で考えたことを実行して結果を出せたら、仕事できる人 家事できる主婦 子育てできる母 って(社会から)認めてもらえると、そう思い込んで頑張っている人が沢山いるな、と。。でも自分を生かしていくれている植物性臓器は、そんな当人を認めていないんですね、もうこれ以上動けませんってなってしまう。

 

便秘や下痢、消化の問題、咳など呼吸器の症状、貧血、頻尿、月経痛、腎臓の不調… 風織にいらっしゃる方に、こうした症状の方が正直多いなぁと思います。これって植物性臓器の不調ですね… 良かれと思って一生懸命頑張って、(その背景には誰かに認めてもらいたくて…)その結果不調になってしまう植物性臓器。

 

この植物性臓器の声に耳を澄まして生きられたら、きっと、こころも身体も喜ぶんだろうなぁ。。そしてより自分らしく生きられるのだろうな。。 そんなことを思いました。とても大事なことだと思います。

2019年

1月

11日

やっとできた。

畑のかおりたいむにご参加の方から、「おいしい大学芋」の作り方をおしえていただきました。

 

シンプルな作り方が気に入って、さつまいもが手に入ると何度か作っているのですが、なかなかうまく作れない私…

 

味はおいしいのですが、仕上げに糖分をからめるときに水分が多かったり、焦げ色がつきすぎたり… 本来使う調味料を、バターからココナッツオイルに替えたり、甜菜糖を使ったり、かってにアレンジしてしまったからですね…うまくいかないのは、、 

 

油をひまわり油にして、コクがある分ココナッツオイルを使わずに作ってみたら、うまくいきました^^ ふっくらかりっといきました。 

 

なにをやってもうまく出来ない私ですが、あきらめずに繰り返しやってみると、すこしは学習するのですね、、(よかった^^¡)

 

黒胡麻を使わず、お友だちにいただいた金胡麻を使いました。風織の台所は、親しい方からいただいた食糧やレシピ、食器など、心のこもったものが沢山あって、感謝です。

2019年

1月

06日

「ホメオパシー学術大会」

ここ、日本ホメオパシーセンター石狩当別 風織は、JPHMA 日本ホメオパシ―医学協会の認定を受けたホメオパシーセンターのひとつです。

 

全国各地に認定ホメオパシーセンターがあります。そしてセンターの数だけ認定ホメオパスがいます。

 

毎年、JPHMAコングレス ホメオパシ―学術大会が開催されます。今年は、ちょうど、1月5日と6日開催となりました。

 

この学術大会に、片山の症例も採択され、会場に掲示されました。概要のみご紹介したいと思います。

 

「クレチン症が改善したケース」

出生後の血液検査で、甲状腺刺激ホルモン値(TSH値)が基準値よりも高く、クレチン症と診断されて以来、服薬治療を受けてきた3歳男児のケースです。

 

予防接種を受けてきた背景と、服薬を続けてきた経緯に、ワクチンから作られたレメディ―と、服薬している薬をはじめ、ご出産以前にお母さまが服用された薬から作られたレメディ―を選択しました。

 

Spong. やNat-m. などの甲状腺に適応するレメディーを一貫して取入れるとともに、甲状腺がカルシウムの代謝と関わることからCalc-p. をはじめとするカルシウムをサポートするミネラルレメディ―を取り入れました。

 

また、Hypoth.(視床下部)や、Pitu-gl.(脳下垂体)、Thyr-gl.(甲状腺)、Parathyr-gl.(上皮小体)等の内分泌のレメディ―を続けました。

 

38℃以上の発熱、鼻血などの好転反応を繰り返しながら、付随する諸症状が改善を始めたことから、カルシウムの代謝不足が根底にあることが示唆されました。

 

その時々の状態に適応するマヤズムレメディ―を選択しながら、ミネラルのサポートと内分泌のサポートを続けることで、甲状腺機能を自らの力で維持することに治癒力が働いたのではと思います。

 

徐々にTSH値が下がり、服薬量も減り、健康相談3年半後、服薬を止めても甲状腺機能を維持できるまでに改善しました。

 

先の見えない長期治療と向き合うお母さまの心労と、その背景にあるインナーチャイルドが並行して、お子さまの症状に向き合うことの奥深さに躊躇われる時期もありました。ホメオパシ―で対応したいというお母さまの決心と、また熱心にセルフケアを学ばれたことも大きな一助となりました。治癒の道のりをともに歩ませていただいたケースとなりました。

 

* * * * *

慢性症状の場合はとくに、病院での治療と服薬を続けながら、ホメオパシ―の健康相談にかかられるケースが多くみられます。薬を使わずに日頃の健康を維持したいというご本人やご家族のご希望をお聞きして、その方に適応するレメディ―をお選びしています。慢性症状の場合は、今訴えておられる痛みや悩みに対応しながら、その背景にある薬歴や食習慣などもお聞きして、必要に応じて老廃物の排泄を促します。 その方に不足しがちなミネラルのサポート、またしわ寄せを受けている臓器のサポート、内分泌のサポートを同時進行で、レメディ―をお選びしています。 風織ではこのZENメソッドを主軸に健康相談をお受けしています。 治癒のプロセスで急性の反応が現われたり、心に治癒のスイッチが入って、インナーチャイルドが顔を出したり、ご本人の気づきを伴って、症状の改善に向かっていきます。 その治癒の歩みは、その方その方それぞれです。その方の治癒の歩みをご一緒させていただくことに感謝しつつ、健康相談、またインナーチャイルドセラピーをお受けしています。

 

*症例を快く提供して下さったクライアントさんご家族に感謝申し上げます*

0 コメント

2019年

1月

05日

今日からです。

あたらしい歳になり、今日から風織も受付けをしております。

 

皆さまから、温かいお年賀をいただき、うれしく拝見しました。ありがとうございます。

 

北海道神宮の小川は今年もしずかにせせらいでおりました。

 

地面が平穏で、暮らしが平穏でありますように。

 

ゆっくりとしっかりと風織を続けていきたいと思います。

*今年もどうぞよろしくおねがい申し上げます*

1 コメント

2019年

1月

01日

2019年どうぞよろしくお願いいたします

2019年となりました。謹んで新春のお慶びを申し上げます。

 

当別は寒空からゆっくりぼたん雪が舞い、あたらしい空気が漂っています。

たっぷり雪が積もり、ほんとうの春が来るまで、こころつよく、身体つよくもってむかう季節です。

 

昨年も沢山の支えをいただいて、風織を充実できましたこと、ありがとうございました。これを糧に本年も、皆さんとともにあゆむホメオパシーセンターでありたいと思います。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

大地おだやかに、こころ温かく、身体すこやかに在りますように。。

0 コメント

2018年

12月

27日

2018年もありがとうございました。

2018年の風織畑さいごのミュルフォリュームの花。

 

ほんとはもっと小さな花弁が寄り添い合ってひとつの花房になっているのだけど。。とっても寒いこの時季、桜色を大きく載せてみました。

 

この一年、身体に痛みを抱えたかた、こころに傷を抱えたかたが、様々な人生のいちページをもって、ここ風織を訪ねてくださいました。

 

そのいちページいちページは、とても貴重で、いのちそのもの。生きようとするほど痛みが増し、こころの傷は深くなり、それでもご自分を生きようとする方々が、ここ風織を訪ねてくださいます。

 

今ある症状に同種のレメディ―を選択することが、ホメオパスとしてのしごとです。そのために沢山のお話しをお聞きします。ゆっくりゆっくり発することばが、ほんものであるほど、ことばとともに涙があふれます。

 

自分を生きるということが、こんなにも大変だということを突き付けられながらも、ご自分の症状と向き合おうとするとき。。自分らしさが壊れて、だれも助けがないとき。。応えを探して見つからないとき。。一縷にホメオパシーと出会って、レメディ―やチンクチャーに助けを求めておられるとき、こちらとしても、真剣に同種のレメディ―を探します。

 

レメディ―やチンクチャー、ときにはフラワーエッセンスが、その方のバイタルフォースにスイッチをいれ、自己治癒力がふたたび発揮されることを願って。

 

自己治癒力がはたらいて、これまでに身につけてきたいらないものを排泄しようとするとき、痛みや迷いが伴うことがあります。ときにそれは、自分で大事に思い込んで心身の一部にしている場合もあります。それを手放すときには何を信じていいのか分からなくなるときがあります。そんな時、繰り返しご連絡があります。そうしてちょっとずつ、ちょっとずつ本来の自分の身体とこころを取りもどしていかれます。

 

その歩みをご一緒させていただくことを、ホメオパスとして見つめ直す、大事な一年となりました。これからも、沢山の方とともに歩ませていただけるよう、最近のホメオパシ―病理を学びつつ、畑のあるホメオパシーセンターとして、安心してお越しいただける風織でありたいと思います。

 

ミュルフォリューム。。深い傷を癒すハーブ、そしてこころの傷を癒すハーブです。

 

今年一年、ありがとうございました。また新しい年も、どうぞよろしくお願いいたします。皆さま、よい歳を迎えられますように。

 

年内は31日まで通常に受付けしております。

新年は5日(土)10:00~通常にお受けいたします。

 

*2018年風織の様子はトップページの末尾に載せております*

ご覧くださいませ。。

0 コメント

2018年

12月

02日

おまけのれしぴ。

ちいさな*かおりたいむ*豆選り会で作ったハーブクッキーのレシピのおすそ分けです。

 

粉や油の種類を変えたり、ハーブをべつなものを変えたり、紅茶を豆乳にしたり、応用がききます。

 

お家で作ってみたーい!とご好評いただきました。

 

すぐ作れる普段着のレシピです🌿

*ひとつ前のブログものぞいてみてくださいね*

0 コメント

2018年

12月

02日

ちいさな*かおりたいむ*豆選り会

ちいさな「かおりたいむ」豆選り会をいたしました^^

 

豆好きな方が集まってくださいました*白いんげん*えんどう豆*前川金時*大豆*青だいず*紅だいず。。みんなの手にかかって、次々とかわいい姿があらわれました「^^」

 

せっかくなので、カレンデュラの花びらを入れたクッキーも焼きました🌿紅茶とココナッツオイルを入れると、ハーブクッキーにぴったりのやさしい味わいに仕上がります。 切り方もちょっと楽しんでみました^^

 

それぞれお好みで、風織畑のドライハーブをブレンドして、オリジナルハーブティも作りましたよ*^^* カレンデュラ アップルミント ホーリーバジル セージ スペアミントなど、自由に選ぶとみんな違ったブレンドになって、すてきですね🌿 ハーブ書をひらいて効能なども調べてみました。

 

クッキー生地をオーブンに入れたら、豆選り開始!^^!

ちいさな参加者さんは、とっても早くて「おかわりっ!」って豆の追加をしてくれます。 きれいな豆、ちょっと不揃いで自家用の豆、殻(ときどき虫…)に分けていきます。

 

おしゃべりしながら手しごと。。お腹が空いてお昼ごはんは~

*前川金時の玄米ごはん

*大根といもだんご、たまごきんちゃくのあったか鍋

*いもと豆のサラダ 玉ねぎマリネ 大豆マヨネーズ

*よもぎ番茶

 

玄米ごはんと前川金時の相性の良さや、大根鍋に入れるいもだんごを米粉で作るとおいしいこと、風織定番の大豆マヨネーズ、ポット栽培のサンチュを彩りに使ったり、白い人参出現?のなぞ、よもぎの効能をお話しして乾燥よもぎをお持ち帰りいただいたり。。 雪のない時季の産物をゆっくり味わいました。

 

皆さんからの一品持ち寄りは。。

*ヤーコンのきんぴら

*大学いも

*きゅうりと大根のぬか漬け

とっってもおいしくて、温かな味でした~ありがとう🌿~ レシピ交換も楽しくて、食べたりメモったり、ちょっと忙しく充実なお昼ごはん。

 

お腹を満たして、続きの豆選り。。わいわいせっせとすすみました^^」

選ったお豆はお持ちかえり。乾燥大根の葉やクッキー、ダッタン蕎麦の種などもお持ち帰りいただきました。

 

ゆっくりハーブティーを飲みながら、焼きたてハーブクッキーを味わって、本日の豆選り会終了~ ご参加の皆さま、ほんとにありがとうございました!

 

感想☆豆選りたのしかった~ごはんおいしかった~話しながら手しごとが楽しい~ 集中してシーンとなるのもまた良し 居心地よかった~ 豆を触っていると元気になれる! 豆から芽が出てまた増えるって不思議。 豆の種類が沢山あって驚いた~ 今シーズンの天候不順で捨て豆が多くて残念・・・クッキー、食事おいしかった~ おしゃべりたのしかった~  などなど。。

 

たのしかったね、おいしかったね、それがまた明日からのげんきのもとになりますように☆ 天候に振り回されてうまくいかない今シーズンの畑でしたが、こうして、皆さんと手しごとできる恵をもらっていることに感謝🌿

 

ついつい、また次回やりたいな。。と野心がつづく片山であります、次はどんな手しごとができるかな。またぜひお越しください☆ 暮らしのひとこまを一緒につくっていくちいさなひとときを大切にしたいと思います。。合掌

0 コメント

2018年

11月

23日

*雪の当別*

今日はひと月ぶりの勉強会。セルフケア上級編10回講座の5回目の日でした。

 

当別は雪。昨日、今シーズン初めてのきれいなぼたん雪が舞ったあと、今日はあれよあれよと、すっかり積雪*長い冬の到来です*

 

セルフケア上級編10回講座では、毎回盛りだくさんのホメオパシートークで、じっくりと心と身体のケアを学びあい、疑問を投げかけあい、笑ったり涙ぐんだり、本音を語り合ったり、学びを通して、生きたひとときを送っています。

 

今回は、アロパシーとホメオパシーの特徴を把握しながら、自分の中にある不自然さへの気付き。。自己治癒力とは。。ホメオパシ―でとらえる免疫とは。。について、『ホメオパシ―in Japan』を読みながら確認しました。

 

病気の原因は本来、わたしたちの内部にあり、レメディ―をとることで、自己治癒力が触発されて、わたしたちの内部にある不自然さに気づき、手放すプロセスを通ります。同種のレメディ―が鏡のように自己の内部の不自然さを映し出して、気付きを与えてくれます。 

 

そして、目のまえの現実もまた、自分自身の鏡。。目のまえの現実は自分のこころの反映、そうとらえることで、日々のできごとを、だれかの責任にしないで、受け入れることができるようになります。ちょっとその作業は大変で、嫌になってしまうのだけれど… より自分らしく、日々を出来るだけおだやかに、たたかわずに生きる歩みの一歩です。

 

今回はレパートリーの見方と、レメディ―検索の練習もしました☆ 『ホメオパシーin Japan』のレパートリーをみて、今出ている急性症状の特徴をさがして、レメディ―を絞り込み、マテリアメディカでレメディ―の全体像を確認して、急性症状に対応するレメディ―をZENメソッドで組み合わせる練習をしてみました。 日頃からセルフケアをされている参加者さんの体験談もお聞きしつつ、月経の問題や、消化の問題など、また便秘と皮膚湿疹の症状を同時に抱えているときに、どこまでセルフケアで対応できるか、などなど、じっくり練習しました。(黒板の写真)

 

ポイントとして、

*ホームキットのなかのレメディ―では適応しない場合もあること

*慢性症状に対処するには限界もあること

*激しい急性症状の場合には医療機関を受診すること

その間に、手持ちのレメディ―で対応するセルフケアを、より的確にするためのレパートリーの使い方の練習でした。

 

前回に引き続き、インナーチャイルドこころのたび。。「怒り」の感情と向き合うときの、ベイリーフラワーエッセンスのご紹介をしました。自分にあうエッセンスを探っていくと、これかな、これもあてはまる、やっぱりこっちかなって、こころのたびが深まります。インナーチャイルドに気付いたら、そこにレメディーを使ってケアすることも大事。そして感情がたくさん湧き出して来たら、そこにベイリーフラワーエッセンスや、ファーイーストフラワーエッセンスを併せてつかってみるのもおすすめです。 思わぬ自分に出会えることがあります。 Emer.  Rose-q.  Turq.  などのジェムレメディ―の特徴もお伝えしました🌿

 

今流行っている胃腸炎に対応するレメディ―の体験談などもお聞きして、なるほど~っな時間となりました^^

 

上級編の講座はひとまず冬休みに入ります。春まで冬眠でーす!とはいきません・。・ たっぷり宿題出しましたぁ たのしい宿題です「^^」 ご参加の方々よいホメ冬を~* 今日もご参加ありがとうございました*感謝

0 コメント